企業ネットワーク最前線

デジタル変革の中核はDX専任の「第2のIT部門」

文◎太田智晴(編集部) 2018.06.26

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

IDC Japan
ITサービス リサーチマネージャー
國土順一氏

国内企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)は、どの組織がリードしているのか――。IDC Japanが実施した調査で、DXの専任組織である「第2のIT部門」が、DXの中核を担うケースが最多であると分かった。IDC Japanの國土順一氏によれば、国内企業のDXへの取り組みは「後半戦に突入」しており、いまだデジタル化に取り組めていない企業は「退場を余儀なくされることが危惧される」という。

 
国内企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)の中核を担っている組織は、「第2のIT部門」であることがIDC Japanの調査で分かった。

「第2のIT部門」とは、DXの専任組織のこと。具体的には「社長直轄等の専任部門または専任子会社」を「第2のIT部門」と想定している。

DXにすでに取り組んでいる国内企業に、DXに中核となって取り組んでいる組織を聞いたところ、「第2のIT部門」が27.9%で最多だった。

DXの実行組織の状況
DXの実行組織の状況。「第2のIT部門」にあたる上2つの選択肢を
DXの「中核組織」に選んだ回答者の割合は27.9%と最多だった



次いで多かったのは、「組織横断プロジェクトチーム」(17.7%)と「事業部門」(17.4%)。既存の「情報システム部門や子会社」がリーダー組織となっているケースは13.1%で、「思ったより少ない」とIDC Japanの國土順一氏は語った。

また、國土氏は、「組織横断プロジェクトチーム」が中核を担っているケースについて、「損益責任が明確ではないため、将来的には『第2のIT部門』に移行していくのではないか」と指摘した。

破壊的・横断的な新事業創出が「第2のIT部門」への期待既存の組織ではなく、「第2のIT部門」がDXをリードしている企業が多いのはなぜか。

その理由は、デジタル化の目標に関する回答結果に表れている。

「既存事業の生産性・効率向上(運用プロセスなど)」「既存事業のビジネスモデルの改革」などが上位に挙がるなか、「第2のIT部門」がリードする企業で多かったのが、「破壊的な新事業の創出(データ活用など)」と「事業部門横断的な新事業の創出」の2つである。

既存の組織では実現困難な目標を達成するため、「第2のIT部門」を組織した企業が多いことが分かる。

「第2のIT部門」の目標



また、「第2のIT部門」がリードする企業では、DXを担う組織の業務範囲として、「企業買収/ベンチャー投資」や「社外ステークホルダとの連携(エコシステム構築等)」が多く挙がったのも特徴の1つ。「外に向かった業務範囲が多くなっている」(國土氏)。

「第2のIT部門」を設置している企業の59.6%は、5段階あるDXの成熟度でステージ3以上となっており、國土氏は「トップのリーダーシップ」「CDOの設置」とともに、「第2のIT部門」の設置を「DXをうまく加速させるための3点セットの1つ」と説明した。

DXを加速させる3つの取り組み



このようにDXの重要なカギとなる「第2のIT部門」だが、実は「第2のIT部門」設置のピークは2~3年前に過ぎている。「2015年をピークに、新しい組織化は減っており、現在はだんだん実行の局面」に入っており、「国内企業のDXの取り組みは、後半戦へと突入した」というのが國土氏の見方だ。つまり、これからDXへの取り組みを本格化させる企業は、大きく出遅れている。

今回の調査では、DXを実行していない企業が約4割いることも分かっている。いまだDXに具体的に取り組んでいない企業はどうなるのか――。「このまま行くと、早々に“退場”を余儀なくされるのではないかと、非常に危惧している」と國土氏は述べた。

スペシャルトピックスPR

scsk1805
jpsecure1805
limelight1805

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】NETWORK SHIFT
         DX時代の新しいネットワーク戦略とは?
●ネットワーク仮想化最前線/●AI時代のネットワーク運用/●AWSに学ぶネットワーク構築/●SD-WANの現在地/●キャリア・OTTで進むネットワークのオープン化/●ISDN&PHSの移行戦略

◆[インタビュー] OKI 坪井正志常務「社会インフラ×IoTに確信」 ◆大量接続と低遅延を両立の「次期5G NR」 ◆NTT、B2B2Xの世界展開へ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

アクセスランキング

tc1807_b
wsd_iot_ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます