企業ネットワーク最前線

デジタル変革の中核はDX専任の「第2のIT部門」

文◎太田智晴(編集部) 2018.06.26

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

IDC Japan
ITサービス リサーチマネージャー
國土順一氏

国内企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)は、どの組織がリードしているのか――。IDC Japanが実施した調査で、DXの専任組織である「第2のIT部門」が、DXの中核を担うケースが最多であると分かった。IDC Japanの國土順一氏によれば、国内企業のDXへの取り組みは「後半戦に突入」しており、いまだデジタル化に取り組めていない企業は「退場を余儀なくされることが危惧される」という。

 
国内企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)の中核を担っている組織は、「第2のIT部門」であることがIDC Japanの調査で分かった。

「第2のIT部門」とは、DXの専任組織のこと。具体的には「社長直轄等の専任部門または専任子会社」を「第2のIT部門」と想定している。

DXにすでに取り組んでいる国内企業に、DXに中核となって取り組んでいる組織を聞いたところ、「第2のIT部門」が27.9%で最多だった。

DXの実行組織の状況
DXの実行組織の状況。「第2のIT部門」にあたる上2つの選択肢を
DXの「中核組織」に選んだ回答者の割合は27.9%と最多だった



次いで多かったのは、「組織横断プロジェクトチーム」(17.7%)と「事業部門」(17.4%)。既存の「情報システム部門や子会社」がリーダー組織となっているケースは13.1%で、「思ったより少ない」とIDC Japanの國土順一氏は語った。

また、國土氏は、「組織横断プロジェクトチーム」が中核を担っているケースについて、「損益責任が明確ではないため、将来的には『第2のIT部門』に移行していくのではないか」と指摘した。

破壊的・横断的な新事業創出が「第2のIT部門」への期待既存の組織ではなく、「第2のIT部門」がDXをリードしている企業が多いのはなぜか。

その理由は、デジタル化の目標に関する回答結果に表れている。

「既存事業の生産性・効率向上(運用プロセスなど)」「既存事業のビジネスモデルの改革」などが上位に挙がるなか、「第2のIT部門」がリードする企業で多かったのが、「破壊的な新事業の創出(データ活用など)」と「事業部門横断的な新事業の創出」の2つである。

既存の組織では実現困難な目標を達成するため、「第2のIT部門」を組織した企業が多いことが分かる。

「第2のIT部門」の目標



また、「第2のIT部門」がリードする企業では、DXを担う組織の業務範囲として、「企業買収/ベンチャー投資」や「社外ステークホルダとの連携(エコシステム構築等)」が多く挙がったのも特徴の1つ。「外に向かった業務範囲が多くなっている」(國土氏)。

「第2のIT部門」を設置している企業の59.6%は、5段階あるDXの成熟度でステージ3以上となっており、國土氏は「トップのリーダーシップ」「CDOの設置」とともに、「第2のIT部門」の設置を「DXをうまく加速させるための3点セットの1つ」と説明した。

DXを加速させる3つの取り組み



このようにDXの重要なカギとなる「第2のIT部門」だが、実は「第2のIT部門」設置のピークは2~3年前に過ぎている。「2015年をピークに、新しい組織化は減っており、現在はだんだん実行の局面」に入っており、「国内企業のDXの取り組みは、後半戦へと突入した」というのが國土氏の見方だ。つまり、これからDXへの取り組みを本格化させる企業は、大きく出遅れている。

今回の調査では、DXを実行していない企業が約4割いることも分かっている。いまだDXに具体的に取り組んでいない企業はどうなるのか――。「このまま行くと、早々に“退場”を余儀なくされるのではないかと、非常に危惧している」と國土氏は述べた。

スペシャルトピックスPR

1810yamaha
1810watchguard
1810macnica

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティング最新案内
<Part1>モバイルキャリアが描くエッジ活用 <Part2>NTT東日本のエッジ拠点に潜入 <Part3>MEC標準化の最新動向 <Part4>AWSとAzureのエッジコンピューティング戦略 <Part5>製造業IoTを加速するEdgecross <Part6>エッジコンピューティングを支えるネットワーク

[インタビュー] ●ネットワンシステムズ 荒井透社長COO 
[ビジネス最前線]●SD-WAN×セキュリティで攻勢/●Ubiquitiが仕掛ける価格破壊 [技術&トレンド]●気づかぬ間に給電 [商品特集]●ネットワーク監視/●次世代FW

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

アクセスランキング

tc1809
iot24

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます