企業ネットワーク最前線

IoT通信モジュールのTelitが事業戦略「全製品にeSIM搭載へ」

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2018.06.20

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

IoT通信モジュールで高いシェアを持つ英Telit Wireless Solutionsが日本での事業展開に力を入れている。2019年度には、アジア・太平洋地区において、日本が売上トップになる見込みだ。また、「今後12カ月で出荷するすべての製品にeSIMを搭載する」という。

 
「日本での売上高は、アジア・パシフィック地区でナンバー2の位置にまで来ている。新たなプロジェクトが加わることで、来年はトップになるだろう」

IoTソリューションベンダーの英Telit Wireless Solutionsは2018年6月19日、都内でプレスブリーフィングを開催した。その冒頭で挨拶したAPACプレジデントのデリック・ツァン氏は、このように日本でのビジネスの好調ぶりをアピールした。

Telitが日本に進出したのは6年前で、2015年に日本法人を設立している。ツァン氏は「日本のお客様と国内外で様々なプロジェクトが進行しており、4~5年程度で数百万デバイス規模の展開が見込めるのではないか」とした上で、「売上に対する貢献度が非常に高いだけでなく、Telitの戦略的な方向性を支えてくれる重要なマーケットだ」と日本市場を評した。
Telit Wireless Solutions
(左から)Telit Wireless Solutions CEOのヨシ・ファイット氏、APACプレジデントのデリック・ツァン氏、Telit Wireless Solutions Japan カントリーディレクターの佐藤修氏



続いてプレゼンテーションを行った英国本社CEOのヨシ・ファイット氏は、Telitのソリューションを(1)4G/3G/2G、GPS & GNSS(位置情報)、LPWA、Wi-Fi & Bluetooth、テレメトリングなどのIoTデバイス、(2)同社が世界展開するIoT向けのMVNOサービス、(3)IoTプラットフォームの3つに分けて説明。「最先端のIoT技術を駆使して、企業にデジタルトランスフォーメーションの歩みを進めてもらえるようにすることがTelitの理念だ」と述べた。

Telitの2018年の売上は4億ドルに達する見込みで、顧客数は7000社にのぼる。「我々がビジネスを展開しているマーケットはようやく立ち上がり始めたところ。これから大きく成長していく」とファイット氏は強調した。

また、同氏はeSIM対応について、「今後12カ月で出荷するすべての製品にeSIMを搭載する」と明かした。「デバイスを耐久寿命全体にわたってフレキシブルに使ってもらうためには、eSIMは必須で基本的なソリューションだ」からだという。


バンド39対応の「LN940A9」はsXGPにも対応日本法人でカントリーディレクターを務める佐藤修氏は、主力となるセルラーIoTモジュールのラインナップについて説明した。NB-IoT、Cat.M1といったローカテゴリ製品から、1Gbps超の高速通信が可能なハイカテゴリ製品(Cat.18)まで幅広いラインナップを揃えている点が特徴の1つだという。

さらに、同社の製品はモジュール上でユーザーのアプリケーションを実行できる機能(AppZone)をサポートしており、「マイコンを別途用意しなくてもセンサーの制御などが行える点も大きな特徴になっている」と述べた。

日本では、Cat.1対応の「LE910-JN1」がNTTドコモの認定を受けている。また、Cat.M1、NB-IoTに対応する「ME910C1-J1」は、藤沢市のスマートシティプロジェクト「Fujisawa サステイナブル・スマートタウン」でのドコモの宅配ボックス向けサービスアプリケーションの検証に用いられている。

ハイカテゴリ製品では、600Mbps対応の「LN940A9」が昨年から今年にかけてドコモ、ソフトバンク、KDDIの認証を受けた。佐藤氏は「LN940A9はバンド39をサポートしており、sXGPのアプリケーションにも活用できる」と説明した。

Telitは、SIerや機器ベンダー、サービス提供事業者などを主な顧客としており、「通信事業者とはIoTビジネスを共同で進めるパートナー的な関係になる」(佐藤氏)という。国内では「VAIOのノートPCの内蔵モジュールにも採用されている」とのことだ。

TelitのセルラーIoTモジュールのラインナップ
TelitのセルラーIoTモジュールのラインナップ

スペシャルトピックスPR

jupiter1812
nokia1812
zoho1811

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ネットワーク未来予想図2019

◆5Gは日本でこう始まる ◆5Gが自営網で利用可能に ◆Wi-Fiは10年振り大進化 ◆LPWAは爆発的に伸びる? ◆sXGPは秋に立ち上がる ◆400ギガイーサがやってきた ◆IoT-PLCの普及元年に ◆企業ネットはクラウド制御へ

●[インタビュー]NTTドコモ 執行役員 IoTビジネス部長 谷直樹氏/●ソフトバンクが狙うLPガス市場/
●働き方改革で重要性増すコラボツール/●「位置」の活用で生産アップ ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ヤマハヤマハ独自の音声処理技術で
高音質な遠隔会議を実現!

しかも、規模に合わせて最適なマイクスピーカーが選べる。

TCloud for BizChat「月額180円」という低価格で
本格的な企業向けチャット!

都築電気の「TCloud for BizChat」の最大の特徴が安価な料金だ。

NTTテクノクロス長時間聞き取りやすい!
電話機とつなぐだけで会議を開始

NTTテクノクロスのマイクスピーカーならクリアな音声で遠隔会議。

日立ソリューションズ作業実績を簡単に収集&見える化
「IoTサイコロ」で製造現場改革!

製造現場の働き方改革の「切り札」がIoTサイコロだ。

漏洩同軸ケーブル(LCX)Wi-Fi電波を出すケーブルとは?

無線LANの不感知エリアの撲滅に効果的な「漏洩同軸ケーブル(LCX)」を使いこなせ!

ジュピターテクノロジー標的型攻撃対策としてのログ管理
7万エントリー/秒の高速処理!

ジュピターテクノロジーなら超高速処理と大規模環境に対応できる。

ノキアG.fastで簡単マイグレーション
VDSL回線を1Gbpsに高速化

ノキアのG.fastを使えば、既存のVDSL回線を気軽に高速化できる。

ヤマハどうする?データ/音声に使用中のISDN移行問題

モバイル回線へのマイグレーションで、BCP対策との一石二鳥を実現!

MI「止まらない」M2M/IoTルーターで低コストに3G/LTEへの移行を可能に

現行の設備はそのまま、ISDN/PHSを安価にIPへ移行できる!

ハイテクインター数十km先を高速でつなぐ屋外無線
PoEも900mまで延長できる!

ネットワークの“難所”で高速・安定通信を実現するハイテクインター

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

NECマグナスの音声対応LTEルータ「uM320V」なら既存設備はそのままでLTEへ移行できる。

日本ソルテックライセンス管理も楽なクラウド管理型Wi-Fiで、全国拠点を簡単運用

柔軟なライセンス体系と優れたコストで好評なZyxel社のNebula

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

アクセスランキング

tcb
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます