企業ネットワーク最前線

IoT通信モジュールのTelitが事業戦略「全製品にeSIM搭載へ」

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2018.06.20

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

IoT通信モジュールで高いシェアを持つ英Telit Wireless Solutionsが日本での事業展開に力を入れている。2019年度には、アジア・太平洋地区において、日本が売上トップになる見込みだ。また、「今後12カ月で出荷するすべての製品にeSIMを搭載する」という。

 
「日本での売上高は、アジア・パシフィック地区でナンバー2の位置にまで来ている。新たなプロジェクトが加わることで、来年はトップになるだろう」

IoTソリューションベンダーの英Telit Wireless Solutionsは2018年6月19日、都内でプレスブリーフィングを開催した。その冒頭で挨拶したAPACプレジデントのデリック・ツァン氏は、このように日本でのビジネスの好調ぶりをアピールした。

Telitが日本に進出したのは6年前で、2015年に日本法人を設立している。ツァン氏は「日本のお客様と国内外で様々なプロジェクトが進行しており、4~5年程度で数百万デバイス規模の展開が見込めるのではないか」とした上で、「売上に対する貢献度が非常に高いだけでなく、Telitの戦略的な方向性を支えてくれる重要なマーケットだ」と日本市場を評した。
Telit Wireless Solutions
(左から)Telit Wireless Solutions CEOのヨシ・ファイット氏、APACプレジデントのデリック・ツァン氏、Telit Wireless Solutions Japan カントリーディレクターの佐藤修氏



続いてプレゼンテーションを行った英国本社CEOのヨシ・ファイット氏は、Telitのソリューションを(1)4G/3G/2G、GPS & GNSS(位置情報)、LPWA、Wi-Fi & Bluetooth、テレメトリングなどのIoTデバイス、(2)同社が世界展開するIoT向けのMVNOサービス、(3)IoTプラットフォームの3つに分けて説明。「最先端のIoT技術を駆使して、企業にデジタルトランスフォーメーションの歩みを進めてもらえるようにすることがTelitの理念だ」と述べた。

Telitの2018年の売上は4億ドルに達する見込みで、顧客数は7000社にのぼる。「我々がビジネスを展開しているマーケットはようやく立ち上がり始めたところ。これから大きく成長していく」とファイット氏は強調した。

また、同氏はeSIM対応について、「今後12カ月で出荷するすべての製品にeSIMを搭載する」と明かした。「デバイスを耐久寿命全体にわたってフレキシブルに使ってもらうためには、eSIMは必須で基本的なソリューションだ」からだという。


バンド39対応の「LN940A9」はsXGPにも対応日本法人でカントリーディレクターを務める佐藤修氏は、主力となるセルラーIoTモジュールのラインナップについて説明した。NB-IoT、Cat.M1といったローカテゴリ製品から、1Gbps超の高速通信が可能なハイカテゴリ製品(Cat.18)まで幅広いラインナップを揃えている点が特徴の1つだという。

さらに、同社の製品はモジュール上でユーザーのアプリケーションを実行できる機能(AppZone)をサポートしており、「マイコンを別途用意しなくてもセンサーの制御などが行える点も大きな特徴になっている」と述べた。

日本では、Cat.1対応の「LE910-JN1」がNTTドコモの認定を受けている。また、Cat.M1、NB-IoTに対応する「ME910C1-J1」は、藤沢市のスマートシティプロジェクト「Fujisawa サステイナブル・スマートタウン」でのドコモの宅配ボックス向けサービスアプリケーションの検証に用いられている。

ハイカテゴリ製品では、600Mbps対応の「LN940A9」が昨年から今年にかけてドコモ、ソフトバンク、KDDIの認証を受けた。佐藤氏は「LN940A9はバンド39をサポートしており、sXGPのアプリケーションにも活用できる」と説明した。

Telitは、SIerや機器ベンダー、サービス提供事業者などを主な顧客としており、「通信事業者とはIoTビジネスを共同で進めるパートナー的な関係になる」(佐藤氏)という。国内では「VAIOのノートPCの内蔵モジュールにも採用されている」とのことだ。

TelitのセルラーIoTモジュールのラインナップ
TelitのセルラーIoTモジュールのラインナップ

スペシャルトピックスPR

NTTコムウェア1906
ciena1906
intel1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5Gのホントの実力
[Part1]5G新アプリも米国発に? [Part2]韓国「5G+戦略」の実像 [Part3]実証実験で見えてきた5Gの実力 [Part4]産業イーサを代替できる? さらに進化する5G

●[インタビュー] 慶應義塾大学教授 砂原秀樹氏「IoTセキュリティと情報銀行がインターネット前提社会の基盤」 ●今から始めるGDPR対策 ●メッシュWi-Fiで“超手軽”な無線LAN ●100万円から作れる!Amazon Go型店舗 ●Ansibleでソフトバンクが働き方改革 ●電気もガスもWi-SUNの時代へ ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

アクセスランキング

tc1904
kaden
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます