企業ネットワーク最前線

IoT通信モジュールのTelitが事業戦略「全製品にeSIM搭載へ」

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2018.06.20

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

IoT通信モジュールで高いシェアを持つ英Telit Wireless Solutionsが日本での事業展開に力を入れている。2019年度には、アジア・太平洋地区において、日本が売上トップになる見込みだ。また、「今後12カ月で出荷するすべての製品にeSIMを搭載する」という。

 
「日本での売上高は、アジア・パシフィック地区でナンバー2の位置にまで来ている。新たなプロジェクトが加わることで、来年はトップになるだろう」

IoTソリューションベンダーの英Telit Wireless Solutionsは2018年6月19日、都内でプレスブリーフィングを開催した。その冒頭で挨拶したAPACプレジデントのデリック・ツァン氏は、このように日本でのビジネスの好調ぶりをアピールした。

Telitが日本に進出したのは6年前で、2015年に日本法人を設立している。ツァン氏は「日本のお客様と国内外で様々なプロジェクトが進行しており、4~5年程度で数百万デバイス規模の展開が見込めるのではないか」とした上で、「売上に対する貢献度が非常に高いだけでなく、Telitの戦略的な方向性を支えてくれる重要なマーケットだ」と日本市場を評した。
Telit Wireless Solutions
(左から)Telit Wireless Solutions CEOのヨシ・ファイット氏、APACプレジデントのデリック・ツァン氏、Telit Wireless Solutions Japan カントリーディレクターの佐藤修氏



続いてプレゼンテーションを行った英国本社CEOのヨシ・ファイット氏は、Telitのソリューションを(1)4G/3G/2G、GPS & GNSS(位置情報)、LPWA、Wi-Fi & Bluetooth、テレメトリングなどのIoTデバイス、(2)同社が世界展開するIoT向けのMVNOサービス、(3)IoTプラットフォームの3つに分けて説明。「最先端のIoT技術を駆使して、企業にデジタルトランスフォーメーションの歩みを進めてもらえるようにすることがTelitの理念だ」と述べた。

Telitの2018年の売上は4億ドルに達する見込みで、顧客数は7000社にのぼる。「我々がビジネスを展開しているマーケットはようやく立ち上がり始めたところ。これから大きく成長していく」とファイット氏は強調した。

また、同氏はeSIM対応について、「今後12カ月で出荷するすべての製品にeSIMを搭載する」と明かした。「デバイスを耐久寿命全体にわたってフレキシブルに使ってもらうためには、eSIMは必須で基本的なソリューションだ」からだという。


バンド39対応の「LN940A9」はsXGPにも対応日本法人でカントリーディレクターを務める佐藤修氏は、主力となるセルラーIoTモジュールのラインナップについて説明した。NB-IoT、Cat.M1といったローカテゴリ製品から、1Gbps超の高速通信が可能なハイカテゴリ製品(Cat.18)まで幅広いラインナップを揃えている点が特徴の1つだという。

さらに、同社の製品はモジュール上でユーザーのアプリケーションを実行できる機能(AppZone)をサポートしており、「マイコンを別途用意しなくてもセンサーの制御などが行える点も大きな特徴になっている」と述べた。

日本では、Cat.1対応の「LE910-JN1」がNTTドコモの認定を受けている。また、Cat.M1、NB-IoTに対応する「ME910C1-J1」は、藤沢市のスマートシティプロジェクト「Fujisawa サステイナブル・スマートタウン」でのドコモの宅配ボックス向けサービスアプリケーションの検証に用いられている。

ハイカテゴリ製品では、600Mbps対応の「LN940A9」が昨年から今年にかけてドコモ、ソフトバンク、KDDIの認証を受けた。佐藤氏は「LN940A9はバンド39をサポートしており、sXGPのアプリケーションにも活用できる」と説明した。

Telitは、SIerや機器ベンダー、サービス提供事業者などを主な顧客としており、「通信事業者とはIoTビジネスを共同で進めるパートナー的な関係になる」(佐藤氏)という。国内では「VAIOのノートPCの内蔵モジュールにも採用されている」とのことだ。

TelitのセルラーIoTモジュールのラインナップ
TelitのセルラーIoTモジュールのラインナップ

スペシャルトピックスPR

palo1804
casb1804
kccs1805

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】NETWORK SHIFT
         DX時代の新しいネットワーク戦略とは?
●ネットワーク仮想化最前線/●AI時代のネットワーク運用/●AWSに学ぶネットワーク構築/●SD-WANの現在地/●キャリア・OTTで進むネットワークのオープン化/●ISDN&PHSの移行戦略

◆[インタビュー] OKI 坪井正志常務「社会インフラ×IoTに確信」 ◆大量接続と低遅延を両立の「次期5G NR」 ◆NTT、B2B2Xの世界展開へ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

アクセスランキング

tc1807_b
ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます