キーパーソンが語る

「IoTの幻滅期をいち早く経験。シスコは他社の1年先を行く」、シスコ鈴木専務インタビュー

聞き手◎太田智晴(編集部) 2018.01.11

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

シスコシステムズ 専務執行役員

シスコシステムズでIoT事業を統括する鈴木和洋専務は、IoTは“幻滅期”に突入したと見る。ただ、これは新しいテクノロジーが必ず通らなければならないプロセスだ。鈴木氏は、IoTがこの壁を乗り越え、“本物”になるためには、2つの課題を突破する必要があると説く。3本柱でIoTに取り組むシスコの鈴木氏にビジネス戦略を聞いた。

 
――国内のIoTの動向について、どのように見ていますか。

鈴木 新しいテクノロジーの成熟度や採用率を示すガートナーの「ハイプ・サイクル」があります。IoTは、昨年ぐらいまで“「過度な期待」のピーク期”にありましたが、ガートナーの方と先日お会いしたとき、「IoTは“幻滅期”に入ったかな」と話していました。私もまさに、そうした状況にあると思っています。

特にここ2~3年、IoTの実証実験が数多く行われ、メディアを賑わせてきました。バラ色の世界を期待して、皆さんIoTに取り組み始めたわけです。しかし実際にやってみた結果、「そんなに簡単ではない。実用化までは、まだまだ距離がある」と、課題が浮き彫りになってきたのが今の状況だと考えています。

――具体的には、どんな課題に直面しているのでしょうか。

鈴木 大きく2つの課題があると思っています。

1つは、データを取ってくる部分における課題です。

いろいろなモノをネットワークにつなぎ、様々なデータを収集。それを分析して、予防保守などを実現するのがIoTです。このうち、分析のためのAIなど、華々しいアプリケーションの部分については、しっかり出来るようになってきています。

ところが、そのアプリケーションまで、データをきれいに持ってくることが、意外と大変なことに皆さん気付き始めました。

IoTでは、データを効率的に、しかもセキュアに取得しなければなりません。また、汚いローデータのままでは処理できませんから、データを正規化する必要もあります。さらに、エッジで処理すべきデータもあれば、クラウドで処理すべきデータもあり、必要な場所に必要なデータを移動させなくてはいけません。

ユーザーから見たとき、あくまで欲しいのは、AIから出てくるビューティフルなアウトプットですが、こうした地味な縁の下の力持ち的な部分に、思った以上の工数とコストが掛かることが分かってきました。

シスコシステムズ 専務執行役員 鈴木和洋氏


――IoTの最も基礎となるコネクティビティの部分が課題となっているのですね。何か良い解決策はありますか。

鈴木 手前味噌になるのですが、シスコは2017年6月、「Cisco Kinetic」というIoTプラットフォームを発表しました。Kineticはまさに、データを効率的に取得し、集めたデータを正規化し、正しい場所に運ぶ大変さを軽減できるソリューションです。国内でも年内に提供開始します。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

鈴木和洋(すずき・かずひろ)氏

シスコシステムズ 専務執行役員 戦略ソリューション・事業開発兼東京2020オリンピック・パラリンピック推進本部担当。1983年、慶應義塾大学経済学部卒業後、日本アイ・ビー・エムに入社。通信事業者向けの営業部長などを経て、日本チボリシステムズに出向し代表取締役社長に就任、その後ダブルクリック 代表取締役社長兼CEOを務める。その後、日本マイクロソフト 執行役を経て、シスコシステムズに入社。趣味はゴルフと音楽鑑賞
  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】WIRELESS SMART CITY

<Part1> ネットワークとともに進化する都市
<Part2> スマートシティネットワークの作り方
<Part3> 柏の葉に“Meta発”ミリ波無線の実験場
<Part4> スーパーシティ大阪 L5G広域利用の先行事例に
<Part5> ドローン「レベル4解禁」で変わる都市の物流
<Part6> ワイヤレス給電は都市をどう変えるか?

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

インテルインテルが進めるネットワーク仮想化 国内キャリアとの最新動向も
SDNとエッジ中心の未来を見据え、通信事業者と進める取り組みとは?
レッドハットインフラの自動化で34%の工数削減 レッドハットのネットワーク自動化2.0
人と人のコミュニケーションも効率化し、圧倒的な自動化を実現する。
i-PROセキュリティカメラの映像を遠隔監視 AI機能でマーケティングなどにも活用
幅広い用途に簡単、スピーディー、リーズナブルに対応するi-PRO Remo.
ジュニパーネットワークスWi-Fi 6E×AIで超効率ネットワーク 無線からWANまでクラウドシフト
ジュニパーはWi-Fi 6E時代に向けて、NW運用をAIとクラウドで効率化!
UniFiWi-Fi 6のライセンス費用がゼロに UniFiならコスパ抜群・簡単管理
圧倒的なコスパと手軽さで、オフィス、学校、工場、病院らが採用
日本マイクロソフト走り出した「5G網をAzureへ」計画
クラウド移行でキャリアは何を得るか

AT&Tの5GコアのAzure移行の狙いと進捗状況をマイクロソフトに聞いた。
ローデ・シュワルツ強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに
ローデ・シュワルツが得意のミリ波技術で6Gへの取組を強めている。

モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」<連載>NTTグループのプロフェッショナルたち
モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」<サイバーセキュリティ戦記>
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏

「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」
セイコーソリューションズISDNからインターネットへ スムーズな移行を可能にするには

ハードウェアを設置するだけ!ISDNからIP網への移行をフルサポート。

AirREAL-VOICE2簡単操作でマイグレーション実現
データ通信だけでなく通話・FAXも

アダプターの入替だけで移行が完了するMIの音声対応LTEルーター

NTTデータINSネットの後継ならお任せ!
移行で伝送時間短縮や負荷軽減

INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

Wi-SUN AllianceWi-SUN認証デバイスが1億台突破
日本発の世界標準規格の普及加速

2.4Mbpsへの高速化など新たな進化も始まっている。

エヌビディアNTTとLINEが牽引する日本の自然言語処理、この2社がリーダーである理由

3月21日から開催の「NVIDIA GTC 2022 Spring」で知ろう!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。