企業ネットワーク最前線

今すぐ使えるIoT向けLTE「カテゴリー1」を徹底解説

文◎唐島明子(編集部) 2017.03.14

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

IoT向けの通信料金プランが出るなど、通信コストは下がってきたが、デバイスコストはまだ高い。そんな課題を解消し、IoTを大きく一歩前進させるLTE「カテゴリー1」が、いよいよ利用できるようになった。

IoT向けLTEの一番手「カテゴリー1」を搭載したIoTデバイスが、ついに登場した。

カテゴリー1対応のLTE版IoTゲートウェイだ。ネットワークインテグレーターのレンジャーシステムズが、2016年12月から評価用の端末レンタルを受付開始し、2017年1月から提供し始めた。

IoTで「カテゴリー1」に脚光カテゴリー1の「カテゴリー」とは、正確には「UE(User Equipment)カテゴリー」のこと。スマートフォンやモバイルWi-Fiルーターなど、LTEデバイスの技術仕様で、移動通信システムの標準化を行う3GPPが策定している。

LTEのカテゴリーには、カテゴリー1の他にもカテゴリー2、3、4、5があり、6以降はLTE-Advanced用だ。

例えば、カテゴリー3(iPhone 5/5sが対応)の通信性能は、2×2MIMOで最大通信速度は下り100Mbps/上り50Mbps、カテゴリー4(iPhone 6/6 Plusが対応)は2×2MIMOで最大通信速度は下り150Mbps/上り50Mbpsだ。

それに対して、カテゴリー1はMIMOはなく、最大通信速度は下り10Mbps/上り5Mbps。他のカテゴリーと比較すると1ケタも低速だ。2008年のRelease 8で定義されていたものの、高速化が追及されてきたこれまでのLTEにおいては、忘れ去られていた存在だった。

それが今、低速なカテゴリー1に大きな注目が集まる時代がやってきている。IoTの盛り上がりとともに、「通信速度はほどほどでいいから、膨大な数のセンサーやデバイスをとにかく安くネットワークにつなぎたい」という、これまでにはなかったニーズが出てきたためだ。

安さは通信速度とのトレードオフで実現される。MIMOがないカテゴリー1は、アンテナが少なく回路もシンプルな分、既存の他のカテゴリーと比較すると通信モジュールのコストを安くできる。カテゴリー1を採用すれば、デバイスコストを安く抑えられるのだ。

一方、通信コストはキャリアやMVNOの値付け次第だが、ほどほどの通信速度でいいデバイスのデータ通信量はたかが知れている。最大通信速度が遅い分、通常より安価に利用できる可能性もある。

通信モジュールの安さをウリの1つとするLTEベースのIoT向けネットワークとしては、LTE版のLPWAである「NB-IoT(カテゴリーNB1)」と「カテゴリーM1」もあるが、いずれも2016年に3GPPのRelease 13で標準化されたばかりだ。商用利用が実現されるのは、標準化されてから2年ほどはかかるのが一般的で、まだ日本ではNB-IoT/カテゴリーM1は商用フェーズにはない。

そうしたなか、今すぐ使えるIoT向けLTEとして、カテゴリー1をめぐる動きが活発化している。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

NTTコムウェア1906
ciena1906
kccs1904

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5Gのホントの実力
[Part1]5G新アプリも米国発に? [Part2]韓国「5G+戦略」の実像 [Part3]実証実験で見えてきた5Gの実力 [Part4]産業イーサを代替できる? さらに進化する5G

●[インタビュー] 慶応義塾大学教授 砂原秀樹氏「IoTセキュリティと情報銀行がインターネット前提社会の基盤」 ●今から始めるGDPR対策 ●メッシュWi-Fiで“超手軽”な無線LAN ●100万円から作れる!Amazon Go型店舗 ●Ansibleでソフトバンクが働き方改革 ●電気もガスもWi-SUNの時代へ ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

アクセスランキング

tc1904
kaden
softbankworld2019

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます