キーパーソンが語る

NTTドコモ辻村副社長「土管化リスク避けビジネスモデル変革」

聞き手◎土谷宜弘(月刊テレコミュニケーション編集長) 2010.07.30

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

NTTドコモ
代表取締役副社長
辻村清行氏

「スマートフォン化が進むと、通信事業者の土管化リスクが高まる可能性がある」。NTTドコモの辻村副社長はこう率直に語る。では、ドコモはどのように“土管化”を回避するのか。ドコモの新ビジネスモデル創造への取り組みを聞いた。

――iPhoneをきっかけに日本でもようやくスマートフォンが普及し始めたように見えます。

辻村 ドコモの2010年度の総販売台数は1800万超と予想しています。そのうちスマートフォンは約100万台と全体の6~7%程度で、逆に言えば、93~94%はフィーチャーフォンと呼ばれる既存端末が占めると見ています。

ただ、米国ではすでにスマートフォンの割合が20%を超えています。国内でもXperiaの販売台数は5月末時点で20万台以上と好調で、スマートフォンのニーズは確実に高まっています。今後ラインナップも充実してくることで、スマートフォンの割合はもっと増えるはずです。その意味で、「スマートフォン新時代」と呼べる時代が始まりつつあると思います。

――AndroidなどオープンOSを搭載したスマートフォンの普及が進むと、通信事業者による垂直統合型ビジネスモデルが変化せざるをえないのではありませんか。

辻村 携帯電話やスマートフォンでは、電源を入れたときに最初に立ち上がるファースト画面に非常に価値があり、それを誰が押さえるかが重要です。ドコモの携帯電話のファースト画面は我々が決めていますが、Xperiaはソニー・エリクソンが決めています。すなわち、スマートフォン化が進むと、通信事業者の土管化リスクが高まる可能性があります。

――土管化を回避するために、ドコモとしてどのような取り組みをしていくのですか。

辻村 ユーザーの使い勝手を考え、ニーズの高いサービスを提供していきます。

具体的には、キャリアメールを取り入れていきます。ドコモでは今年9月からスマートフォン向けISP「spモード」の提供を開始する予定で、iモードのメールアドレスをスマートフォンでも利用できるようになります。

キャリアメールと並びお客様からの要望が多いのが、「おサイフケータイ」機能への対応です。ただ、iモードメールは既存の端末にソフトウェアをダウンロードすれば対応できるのですが、おサイフケータイはFeliCaチップを本体に埋め込まなくてはならず、既存の端末では対応できません。おサイフケータイ機能を搭載したスマートフォンは今年度中に発売する予定です。

その後は、iチャネルやiコンシェルなど、iモードで培ったさまざまなサービスをスマートフォンに入れて行く予定です。

端末はフィーチャーフォンやスマートフォンに加えて、iPadのようなタブレット型、PC、テレビとマルチスクリーン化します。ユーザーは5つぐらいの選択肢の中から、自分の生活パターンに合わせて2~3種類のスクリーンを選ぶようになると思います。そうなったときに我々がプラットフォーマーとして提供したいのが、「マルチデバイスの同期」です。

例えば、携帯電話のアドレス帳を更新するとスマートフォンやタブレット端末のアドレス帳も更新されるというような機能や、一部ではすでに実現されていますが、電車の中で携帯電話やスマートフォンで電子書籍を読み、自宅に帰ってから続きを電子書籍端末やPCで読むといった機能です。

こうしたデバイスを超えてクロスボーダーの心地よさを提供しようとしたとき、通信事業者の出番があるはずです。

また、携帯電話用に小さく短く作り込んだニュースをタブレット端末で見てもあまり面白くありません。同じコンテンツでも画面の大きさに合わせて変換して提供する必要があります。コンテンツ変換はコンテンツプロバイダーの作業ですが、その際、通信事業者も貢献できることがあると考えています。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】WIRELESS SMART CITY

<Part1> ネットワークとともに進化する都市
<Part2> スマートシティネットワークの作り方
<Part3> 柏の葉に“Meta発”ミリ波無線の実験場
<Part4> スーパーシティ大阪 L5G広域利用の先行事例に
<Part5> ドローン「レベル4解禁」で変わる都市の物流
<Part6> ワイヤレス給電は都市をどう変えるか?

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

レッドハットインフラの自動化で34%の工数削減 レッドハットのネットワーク自動化2.0
人と人のコミュニケーションも効率化し、圧倒的な自動化を実現する。
i-PROセキュリティカメラの映像を遠隔監視 AI機能でマーケティングなどにも活用
幅広い用途に簡単、スピーディー、リーズナブルに対応するi-PRO Remo.
ジュニパーネットワークスWi-Fi 6E×AIで超効率ネットワーク 無線からWANまでクラウドシフト
ジュニパーはWi-Fi 6E時代に向けて、NW運用をAIとクラウドで効率化!
UniFiWi-Fi 6のライセンス費用がゼロに UniFiならコスパ抜群・簡単管理
圧倒的なコスパと手軽さで、オフィス、学校、工場、病院らが採用
日本マイクロソフト走り出した「5G網をAzureへ」計画
クラウド移行でキャリアは何を得るか

AT&Tの5GコアのAzure移行の狙いと進捗状況をマイクロソフトに聞いた。
ローデ・シュワルツ強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに
ローデ・シュワルツが得意のミリ波技術で6Gへの取組を強めている。

モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」<連載>NTTグループのプロフェッショナルたち
モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」<サイバーセキュリティ戦記>
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏

「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」
セイコーソリューションズISDNからインターネットへ スムーズな移行を可能にするには

ハードウェアを設置するだけ!ISDNからIP網への移行をフルサポート。

AirREAL-VOICE2簡単操作でマイグレーション実現
データ通信だけでなく通話・FAXも

アダプターの入替だけで移行が完了するMIの音声対応LTEルーター

NTTデータINSネットの後継ならお任せ!
移行で伝送時間短縮や負荷軽減

INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

Wi-SUN AllianceWi-SUN認証デバイスが1億台突破
日本発の世界標準規格の普及加速

2.4Mbpsへの高速化など新たな進化も始まっている。

エヌビディアNTTとLINEが牽引する日本の自然言語処理、この2社がリーダーである理由

3月21日から開催の「NVIDIA GTC 2022 Spring」で知ろう!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。