キーパーソンが語る

NTTドコモ辻村副社長「土管化リスク避けビジネスモデル変革」

聞き手◎土谷宜弘(月刊テレコミュニケーション編集長) 2010.07.30

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NTTドコモ
代表取締役副社長
辻村清行氏

「スマートフォン化が進むと、通信事業者の土管化リスクが高まる可能性がある」。NTTドコモの辻村副社長はこう率直に語る。では、ドコモはどのように“土管化”を回避するのか。ドコモの新ビジネスモデル創造への取り組みを聞いた。

――iPhoneをきっかけに日本でもようやくスマートフォンが普及し始めたように見えます。

辻村 ドコモの2010年度の総販売台数は1800万超と予想しています。そのうちスマートフォンは約100万台と全体の6~7%程度で、逆に言えば、93~94%はフィーチャーフォンと呼ばれる既存端末が占めると見ています。

ただ、米国ではすでにスマートフォンの割合が20%を超えています。国内でもXperiaの販売台数は5月末時点で20万台以上と好調で、スマートフォンのニーズは確実に高まっています。今後ラインナップも充実してくることで、スマートフォンの割合はもっと増えるはずです。その意味で、「スマートフォン新時代」と呼べる時代が始まりつつあると思います。

――AndroidなどオープンOSを搭載したスマートフォンの普及が進むと、通信事業者による垂直統合型ビジネスモデルが変化せざるをえないのではありませんか。

辻村 携帯電話やスマートフォンでは、電源を入れたときに最初に立ち上がるファースト画面に非常に価値があり、それを誰が押さえるかが重要です。ドコモの携帯電話のファースト画面は我々が決めていますが、Xperiaはソニー・エリクソンが決めています。すなわち、スマートフォン化が進むと、通信事業者の土管化リスクが高まる可能性があります。

――土管化を回避するために、ドコモとしてどのような取り組みをしていくのですか。

辻村 ユーザーの使い勝手を考え、ニーズの高いサービスを提供していきます。

具体的には、キャリアメールを取り入れていきます。ドコモでは今年9月からスマートフォン向けISP「spモード」の提供を開始する予定で、iモードのメールアドレスをスマートフォンでも利用できるようになります。

キャリアメールと並びお客様からの要望が多いのが、「おサイフケータイ」機能への対応です。ただ、iモードメールは既存の端末にソフトウェアをダウンロードすれば対応できるのですが、おサイフケータイはFeliCaチップを本体に埋め込まなくてはならず、既存の端末では対応できません。おサイフケータイ機能を搭載したスマートフォンは今年度中に発売する予定です。

その後は、iチャネルやiコンシェルなど、iモードで培ったさまざまなサービスをスマートフォンに入れて行く予定です。

端末はフィーチャーフォンやスマートフォンに加えて、iPadのようなタブレット型、PC、テレビとマルチスクリーン化します。ユーザーは5つぐらいの選択肢の中から、自分の生活パターンに合わせて2~3種類のスクリーンを選ぶようになると思います。そうなったときに我々がプラットフォーマーとして提供したいのが、「マルチデバイスの同期」です。

例えば、携帯電話のアドレス帳を更新するとスマートフォンやタブレット端末のアドレス帳も更新されるというような機能や、一部ではすでに実現されていますが、電車の中で携帯電話やスマートフォンで電子書籍を読み、自宅に帰ってから続きを電子書籍端末やPCで読むといった機能です。

こうしたデバイスを超えてクロスボーダーの心地よさを提供しようとしたとき、通信事業者の出番があるはずです。

また、携帯電話用に小さく短く作り込んだニュースをタブレット端末で見てもあまり面白くありません。同じコンテンツでも画面の大きさに合わせて変換して提供する必要があります。コンテンツ変換はコンテンツプロバイダーの作業ですが、その際、通信事業者も貢献できることがあると考えています。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

microfocus2009
hitec2009
empirix2009

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】CPS/デジタルツインと
        エッジコンピューティング

●融合する現実世界と仮想空間 ●IOWNでヒトもデジタル化 ●CPSが製造業の切り札に ●エッジAIの実装入門 ●ドコモとNTT東に聞く“キャリアのエッジ”

[インタビュー]情報セキュリティ大学院大学 後藤厚宏学長「サイバー大災害はあり得る セキュリティの自給構造を」 [ソリューション特集]IDaaSのメリットと使い方 【IoT×SDGs】IoTを活用した環境移送技術で、サンゴを絶滅から守る 【技術&トレンド】AIがRANを進化させる日 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

NVIDIA EGXエッジAIの最適解はGPUにあった!

NVIDIA EGXでエッジコンピューティングの課題を解決し、「スマートエブリシング革命」の実現を!

IDaaSクラウド時代の新常識! 今こそIDaaSを導入すべき3つの理由

クラウドを活用するなら、ID/アクセス管理もクラウドに!

ローデ・シュワルツローカル5Gの測定ニーズの
全てに応えるローデ・シュワルツ

設備構築時の干渉調査・エリア確認、運用開始後の管理までカバー!

MOVEit「パスワード付き圧縮ファイル」
にはもう頼らない!

多様なニーズに対応したファイル転送の姿とは?

Gigamonコロナ禍による通信量の増大に対応

モニタリング、セキュリティ装置の負荷軽減や運用効率化を実現するGigamon社の先進的なL1スイッチ!

ネットスカウトシステムズNWを堅牢にしながらDDoS対策も
ニューノーマルのセキュリティ対策

テレワークのセキュリティと可用性を同時に高める方法があった!

マイクロフォーカス通信キャリアの運用監視をDX

HPEのソフトウェア部門を統合したマイクロフォーカスに、通信キャリアの課題と解決策を聞いた。

tcs-8500遠隔診療がWeb会議でいいはずない!
ノイズなし4K映像伝送を低価格で

医療現場で求められる高画質・低遅延を1台で実現する「TCS-8500」

エンピレックス通信事業者にワンランク上の可視性を

5G時代、キャリアは運用の一層の効率化を迫られるが、クラウドネイティブならトータルコストも削減できる!

KDDIどうする? テレワーク移行時の意外な盲点「固定電話」の取り次ぎ

「固定電話の番のためだけに出社」から脱却するには、何が必要だろうか。

Tocaro仕事を終わらせるビジネスチャット

CTCのビジネスチャット「Tocaro」は、豊富な機能により、プロセス管理や生産性向上も実現できる。

Cisco Meraki Z3全社員が在宅勤務可能な環境をCisco Meraki Z3でシンプルに即実現

<導入事例>検証から実導入までを驚くほどのスピードで!

キーサイト・テクノロジー光集積デバイスに必要なスピーディ
かつ高確度の測定を実現

1Tbpsの次世代光の確立へ、光集積デバイスに最適な光測定製品!

マイクロフォーカス岐路に立つ通信事業者の運用管理
属人・サイロ化から脱却するには?

通信事業者の運用管理に、マイクロフォーカスが"特効薬"を提供する!

シスコシステムズいま知るべき5Gのセキュリティ脅威
大変革時代を「シスコはこう守る」

5G網は様々なサイバーリスクを内包する。シスコはどう対抗するのか。

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます