企業ネットワーク最前線

「電話」がネットとIoTを革新する!?――クラウド電話APIの可能性

文◎坪田弘樹(編集部) 2015.07.13

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

数行のコードを書くだけでWebサイトやスマホアプリに電話機能を組み込める「クラウド電話API」を活用した新ビジネスが次々登場している。WebやIoTとの融合が容易になったことで、意外にも「電話」は、これからのイノベーションの鍵の1つとなるかもしれない。

 

Web系のサービス事業者が、クラウド電話API「Twilio(トゥイリオ)」を活用して、Webサイトやスマートフォンアプリ等に電話/SMS 機能を組み込み、Webと電話を連携させた新たなサービスを次々と立ち上げている。

例えば、会員向けの情報提供サイトや飲食店のサイトにAPIを実装するだけで、ボタンをクリックして通販の注文や予約の電話をかけたり、割引クーポン配信サイトのURLを表示したSMSを発信するといった機能を組み込むことができる。オンラインとオフラインをつなぐO2O施策の強力な武器となるのだ。

しかも、PBXを導入することなく低コストかつ短期間に電話を活用したシステムを構築できるため、リスクをかけずに新サービスを立ち上げられる。そのため、中小企業やスタートアップ企業からも注目が集まっている。

コード数行でWebと電話をつなぐTwilioを2013年から提供しているKDDIウェブコミュニケーションズのSMB事業本部Twilio事業部でゼネラルマネージャーを務める小出範幸氏は、クラウド電話APIのメリットについて、「従来は通信キャリアが決めた仕様と制約の中で使っていた電話を、自分達のアプリでコントロールできるようになる。しかも、APIを組み込むだけで簡単に実現できる」と話す。

KDDIウェブコミュニケーションズ 小出範幸氏
KDDIウェブコミュニケーションズ
SMB事業本部 Twilio事業部
ゼネラルマネージャー 小出範幸氏


単純な機能なら開発は数行のコードを書くだけでよい。また、1対1通話だけでなく、会議通話やIVR、通話録音など、さまざまな機能が利用できる。電話会議やコールセンターシステム、CTIの開発も可能だ。

Twilioは、米Twilio社が開発・運営するプラットフォームで、KDDIウェブコミュニケーションズが国内で電話回線と組み合わせて提供している。

海外では、同じような機能を持つクラウド電話APIが続々と登場している状況だ。国内ではTwilioに続いて、コールセンター向け通話録音システム等を手掛けるアクロスウェイが2013年の末から、米TROPO社のプラットフォームを用いてクラウド電話API「TROPO(トロポ)」を提供している。こちらは、フュージョン・コミュニケーションズの電話回線と組み合わせて販売している。

Twilio、TROPOともに利用する企業には電話番号が提供され、その基本使用料と受発信に応じた料金(従量課金)を支払う仕組みだ。Twilioは050番号と0120番号、080番号を、TROPOは050と0120番号が利用できる。TROPOは2015年夏に03番号も利用可能になる予定だ。

WebサイトやアプリへのAPIの実装は、Twilioの場合はTwiml(トゥイムル)と呼ぶ、XMLベースの独自マークアップ言語で行う。TROPOはスクリプティングAPI(PHP/JavaScript/Ruby/Python/Groovy)とWeb-APIが使用できる。

アクロスウェイ・第三事業部テレコムサービスグループの石川克明マネージャーは、「Web系エンジニアにとってハードルが低い。小規模な店舗がコストをかけずにCRM連携やO2Oを利用できるようになる。また、コールセンターシステムと連携して機能をアドオンすることにも使える」と話す。


アクロスウェイ 第三事業部
テレコムサービス グループマネージャー
石川克明氏

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

ciena1906
netscout1908
synology1907

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます