ICT×未来

総務省がLTE-Advancedの公開ヒアリング開催――「3.4-3.6GHz帯はTDD」で足並み揃う、40MHz幅なら3社枠が可能に

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2014.01.24

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

総務省は1月23日、「第4世代移動通信システムに関する公開ヒアリング」を開催した。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、イー・アクセスの4社が描くシステムやサービス展開イメージはほぼ横並び。ソフトバンクグループ入りしたイー・アクセスへの割当をどう判断するかが、今後大きな課題となりそうだ。


総務省は2014年1月23日、第4世代移動通信システム(4G)での利用が想定されている新周波数帯3.4-3.6GHz帯の割当を希望する事業者への公開ヒアリングを開催した。総務省は2014年中に同帯域の割当を行う方針を打ち出しており、今回のヒアリングはその審査基準(基地局開設指針)の策定に向けたプロセスの1つである。

公開ヒアリングでは、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、イー・アクセスの4社の社長が、それぞれ3.4-3.6GHz帯の4G導入プランの説明と帯域割当方法についての提言を行った。


公開ヒアリングに臨んだ携帯4社のトップ
公開ヒアリングに臨む携帯4社のトップ。左からNTTドコモの加藤薫社長、イー・アクセスのエリック・ガン社長、KDDIの田中孝司社長、ソフトバンクモバイルの孫正義社長

40MHz幅があれば1Gbpsも可能

第4世代移動通信システムであるIMT-Advancedは、方式としては現行LTEの発展規格であるLTE-Advancedが世界的に主流となっており、今回ヒアリングに参加した4社もLTE-Advancedの導入を計画している。

ただ、LTEおよびLTE-Advancedには2つのバリエーションがある。携帯電話で広く使われているFDD(送受信に別の周波数を使う方式)と、WiMAXやAXGPと同じTDD(時分割により同一周波数で送受信を行う方式)の2つで、後者はTD-LTEと呼ばれるものだ。そこで、3.4G-3.6GHz帯にFDDとTDDのどちらのLTE-Advancedを導入するかが大きな焦点となっていたが、ヒアリングでは4社すべてがTDDの利用を希望し、大勢が固まった形となった。

TDD方式には、(1)事業者間でシステムの同期をとることでガードバンドを不要にでき、周波数を有効利用できる、(2)トラフィックの多い下り(端末の受信側)にリソースを多く割り振り、効率的なデータ通信ができる、(3)ペアバンドを必要としないため周波数の割当が容易にできるなどの利点がある。このため海外でも欧州を中心に、3.4G-3.6GHz帯にTDD仕様のLTE-Advancedを導入する動きが広がっている。

ドコモは従来、3.4G-3.6GHz帯にFDDを導入する意向を持っていたが、加藤薫社長は今回、「グローバルで共通した周波数を割当てやすい」という点を理由に、TDDを採用する方針を明確にした。そのうえで、「周波数の有効利用のためには、上下のフレーム構成比率を含めて各事業者が同期をとる必要がある。そのための合意形成プロセスが必須である」という考え方を示した。

また、3.4-3.6GHz帯の展開イメージだが、4社とも、都心などでのトラフィック対策を主目的にした導入を計画している。例えばドコモは、3.4GHz-3.6GHz帯の小セルと既存帯域のマクロセルをキャリアアグリゲーション(複数帯域を束ねて高速化を図る技術)で一体運用して安定した通信を実現する「アドオンセル」のコンセプトを改めて示した。また、KDDIの田中孝司社長は3.4-3.6GHz帯の小セルはデータ転送だけに利用し、制御信号は既存帯域のマクロセルで処理する「C/U分離技術」への取り組みをアピールした。ドコモとKDDIは、このサービスイメージを踏まえて、基地局開設指針の基準について、人口カバー率ではなく、基地局密度などのネットワーク容量(KDDIは「エリアの厚み」と表現)で評価することを強く求めた。

サービス開始時期については、端末の供給やシステムの導入準備に時間がかかることから、「2015年度末に運用開始、2016年度からサービスの提供をスタートする」としたドコモをはじめ、各社とも2016年を想定している。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

Gigamon2009
netscout2009
microfocus2009

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】CPS/デジタルツインと
        エッジコンピューティング

●融合する現実世界と仮想空間 ●IOWNでヒトもデジタル化 ●CPSが製造業の切り札に ●エッジAIの実装入門 ●ドコモとNTT東に聞く“キャリアのエッジ”

[インタビュー]情報セキュリティ大学院大学 後藤厚宏学長「サイバー大災害はあり得る セキュリティの自給構造を」 [ソリューション特集]IDaaSのメリットと使い方 【IoT×SDGs】IoTを活用した環境移送技術で、サンゴを絶滅から守る 【技術&トレンド】AIがRANを進化させる日 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

NVIDIA EGXエッジAIの最適解はGPUにあった!

NVIDIA EGXでエッジコンピューティングの課題を解決し、「スマートエブリシング革命」の実現を!

IDaaSクラウド時代の新常識! 今こそIDaaSを導入すべき3つの理由

クラウドを活用するなら、ID/アクセス管理もクラウドに!

ローデ・シュワルツローカル5Gの測定ニーズの
全てに応えるローデ・シュワルツ

設備構築時の干渉調査・エリア確認、運用開始後の管理までカバー!

MOVEit「パスワード付き圧縮ファイル」
にはもう頼らない!

多様なニーズに対応したファイル転送の姿とは?

Gigamonコロナ禍による通信量の増大に対応

モニタリング、セキュリティ装置の負荷軽減や運用効率化を実現するGigamon社の先進的なL1スイッチ!

ネットスカウトシステムズNWを堅牢にしながらDDoS対策も
ニューノーマルのセキュリティ対策

テレワークのセキュリティと可用性を同時に高める方法があった!

マイクロフォーカス通信キャリアの運用監視をDX

HPEのソフトウェア部門を統合したマイクロフォーカスに、通信キャリアの課題と解決策を聞いた。

tcs-8500遠隔診療がWeb会議でいいはずない!
ノイズなし4K映像伝送を低価格で

医療現場で求められる高画質・低遅延を1台で実現する「TCS-8500」

エンピレックス通信事業者にワンランク上の可視性を

5G時代、キャリアは運用の一層の効率化を迫られるが、クラウドネイティブならトータルコストも削減できる!

KDDIどうする? テレワーク移行時の意外な盲点「固定電話」の取り次ぎ

「固定電話の番のためだけに出社」から脱却するには、何が必要だろうか。

Tocaro仕事を終わらせるビジネスチャット

CTCのビジネスチャット「Tocaro」は、豊富な機能により、プロセス管理や生産性向上も実現できる。

Cisco Meraki Z3全社員が在宅勤務可能な環境をCisco Meraki Z3でシンプルに即実現

<導入事例>検証から実導入までを驚くほどのスピードで!

キーサイト・テクノロジー光集積デバイスに必要なスピーディ
かつ高確度の測定を実現

1Tbpsの次世代光の確立へ、光集積デバイスに最適な光測定製品!

マイクロフォーカス岐路に立つ通信事業者の運用管理
属人・サイロ化から脱却するには?

通信事業者の運用管理に、マイクロフォーカスが"特効薬"を提供する!

シスコシステムズいま知るべき5Gのセキュリティ脅威
大変革時代を「シスコはこう守る」

5G網は様々なサイバーリスクを内包する。シスコはどう対抗するのか。

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます