企業ネットワーク最前線

大手PBXベンダー4社のクラウド戦略――積極派はOKIのみ、他3社は慎重姿勢

文◎藤田健(編集部) 2012.03.28

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

クラウド化のトレンドはPBX/ビジネスホン市場にも影響を及ぼしている。国内PBX大手4社のなかで、まずOKIが「クラウドPBX」サービスを開始。他の3社はユーザーのニーズを慎重に見極める姿勢だ。

従来、「クラウド」と聞くと「コストは安くなるかもしれないが、預けるデータの安全性はどうか?」とセキュリティ面を気にするユーザーが多く、なかなか普及に向けて大きく前進することはなかった。

だが、昨年3月11日に発生した東日本大震災を境に、BCP(事業継続計画)の観点から、「データは外に預けたほうがより安全」というように、ユーザーの意識が変わってきた。通信キャリアやITベンダーが提供するクラウドサービスへの問い合わせも急増し、例えばソフトバンクテレコムには、わずか半月で従来の1年分の案件に相当する数の問い合わせがあったという。

こうしたICTの利用形態のクラウド化への急速な流れは、PBX/ビジネスホン市場でも無視できないほどの影響を与え始めている。

ユーザー企業社内に設置していたPBX/ビジネスホンをベンダーのデータセンターに置き、ネットワークを介してPBX機能をサービスとして提供する「クラウドPBX」は、以前から存在し提供事業者も徐々に増えつつあった。だが、PBX/ビジネスホンメーカー以外の新興企業が提供していることもあって、「電話は業務の要になるので、システムダウンが怖い」というユーザーの不安や、通信系ディーラーが既存ビジネスへの影響を恐れて重い腰を上げない状況も手伝って、まだまだ「市場」と言えるほどの大きさには育っていない。

一方、NEC、日立製作所、富士通、OKIのPBX国内大手4社はこれまで、個別対応のプライベート型ではクラウド対応を実施しているメーカーはあるものの、複数のユーザーにサービスを提供するいわゆる共同利用型のサービスを提供してはいなかった。

そうしたなか、OKIが昨年11月から、「EXaaS 音声クラウドサービス」(図表1)としてPBX大手4社の先陣を切って共同利用型とプライベート型の2つをメニュー化し、サービスを始めた。


図表1 OKIの「EXaaS 音声クラウドサービス」(共同利用型)のシステム概要
図表1 OKIの「EXaaS 音声クラウドサービス」(共同利用型)のシステム概要


いち早く事業を始めたOKIの狙いは何か。また、他のPBX大手3社はクラウド化への流れをどう捉え、今後どのような対応に出てくるのだろうか。

OKIの戦略「クラウドPBX市場を形成する」

「他社が様子見をしているうちに先行して取り組むことで、クラウドPBX市場を立ち上げるのが当社の一番の狙い」。OKI・通信システム事業本部企業ネットワークシステム事業部CTstage&サービスビジネスユニット・ビジネスユニット長の大槻重雄氏はEXaaS 音声クラウドサービスの投入目的をこう語る。

これまで、IP-PBX「SS9100」や「DISCOVERY01」をユーザーの自社内に構築するオンプレミス型システムとして販売しているなかで、「OKIはクラウド型サービスをやらないのか?」というユーザーの声が日に日に高まってきていて、「今がそのタイミングだ」と判断したという。

EXaaS 音声クラウドサービスは、共有型PBXをOKIのデータセンターに設置し、1ポート当たり月額1200円でIP-PBXの基本機能とシステムの保守・管理サービスを一体で提供する「共同利用型」と、専有型PBXで個別に対応する「プライベート型」の2メニューをラインナップしている。

共同利用型は500~1000ポートの中規模オフィス、プライベート型は1000ポート以上の大規模オフィスがメインターゲットだ。システムの構築と保守管理は、前者が工事子会社のOKIウィンテック、後者はOKI本体が手掛けている。

リーマン・ショック以降、企業の設備投資意欲は鈍ったままであり、電話システムも例外ではない。だが、PBX/ビジネスホンの老朽化が進み、「いくら何でもリプレースをしなければ」という時期に来ている企業も多いという。

大槻BU長は「“既存PBXをそのまま設備更新するのではなく、まずは1年でも2年でもクラウドでお使いいただいて、ダメなら買い直してはいかがですか?”という提案が、今は一番効果があるのではないか」とみる。

ユーザーターゲットは大きく2つあるという。1つは多拠点を持つ企業だ。PBXは各拠点ごとに導入されており、導入時期は異なる。このため、「PBXの寿命が来た拠点から順次クラウドサービスを提案し、試してもらう」という。

もう1つは「一定期間のみ拠点を利用する業種」。代表的なのは建設業であり、工期の間だけならPBXを購入するよりはクラウドサービスを利用するほうが安価となる。このようにOKIは、現時点では「何が何でもクラウド」というスタンスではなく、あくまでもPBXリプレース時の選択肢の1つとしてサービスを位置づけている。

 

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

attokyo2001
yamaha2001
soltec2001

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ネットワーク未来予想図2020
[Part1]3段階で進化する5G [Part2]ローカル5G急発進の可能性 [Part3]Wi-Fi 6の普及はハイペース [Part4]「飛び過ぎない」Li-Fiで通信 [Part5]LPWAは大規模導入期に [Part6]ドローンの携帯電波利用が解禁 [Part7]高まる有線IoTの存在感 [Part8]量子時代は暗号通信も進化

[インタビュー] NTT 取締役 研究企画部門長 川添雄彦氏「インターネットを超えるIOWN」 [ソリューション特集]学校ネットワーク/クラウド閉域接続 [ビジネス最前線]NTTコム、ローカル5G参入の狙い ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

住友商事マシネックスついにオラクルがSD-WANに参入!
 クラウド接続に最適な高品質NW

Oracle Failsafe SD-WANは、ネットワーク品質を劇的に変化させる。

APRESIA Systemsローカル5G参入を強力サポート

APRESIA Systemsの「ローカル5Gシステム」はローカル5Gに必要な機能に絞り込み、導入を強力サポート

NECプラットフォームズ教育用ネットワークをトータル提案
IPv6活用でコスト削減・高速化

快適な校内無線LANには、VPNなど校外NWの整備も必要だ!

アット東京AWSやGCPなどメガクラウドに
直結する新時代のデータセンター

アット東京のデータセンターは“つなぐ”価値に磨きをかける!

ヤマハ仮想NWを始めるならヤマハで!

ヤマハの仮想ルーター「vRX」なら、これまでのノウハウをクラウドでも活かせる。

日本ソルテック学校ネットワークを簡単・安価に

日本ソルテックのクラウド管理型無線LANは、専門学校、介護施設を中心に豊富な導入実績!

シスコシステムズ世界で選ばれているオンライン会議
簡単にワンクリックで会議に参加!

Cisco Webexは社内外、誰とでも高品質なオンライン会議が行える。

エイチ・シー・ネットワークス株式会社ネットワークに迫る人手不足の危機
遠隔監視と予防保全で乗り越えろ!

光ファイバの保守現場の深刻な技術者不足。日立金属はどう対応した?

ハイ・アベイラビリティ・システムズ「全て」を一括認証できるSSO
簡単導入でパスワード管理から解放

AccessMatrix USOなら導入や運用も容易にシングルサインオンを実現!

ジェムアルト株式会社マルチクラウド時代の情シスを救う
認証プラットフォーム!

認証・特権ID管理をきめ細やかに! 自社サービスとしても展開可能。

ZscalerDX加速させるクラウドセキュリティ
「100ms以下」の遅延で快適利用

Zscalerの革新的アーキテクチャで働き方改革を強力推進!

パロアルトネットワークスパブリッククラウド基盤の
セキュリティ対策はどうする?

開発のライフサイクル全体でリソースを保護する「Prisma Cloud」

ヤマトロジスティクスキャッシュレス化に乗り遅れるな!
決済端末の導入・運用を一括代行

キャッシュレス決済の導入をヤマトロジスティクスがトータル支援!

アクセスランキング

dwpreport
tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2019 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます