企業ネットワーク最前線

AndroidのVPN接続阻む2つの壁――アライドテレシスが“普通のルーター”で解決策を提供

文◎太田智晴(編集部) 2011.06.02

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

AndroidでVPN接続するうえでは、実は乗り越えなければならない壁がある。AndroidのVPN接続における課題と、それをクリアする手段を低コストで提供するアライドテレシスのルーターを紹介する。

意外に知られていないことだが、AndroidのVPN機能には“癖”がある。そして、この癖を生かして商機を掴もうとしているルーターベンダーがいる。アライドテレシスである。AndroidのVPN機能にはどんな癖があるのか。また、その癖がなぜアライドテレシスにとってチャンスとなるのか。順に説明していこう。

spモードでVPN接続できない!

“癖”とは書いたが、AndroidのVPN機能が特殊というわけではない。Androidが標準で実装しているVPNクライアントは(1)PPTP VPNと(2)L2TP+IPsec VPNの2つだが、いずれもスタンダードなVPN技術だ。では、なぜ“癖”と言ったのか。

 

図表1 Androidの標準VPNクライアントでVPN接続を行う場合に直面する課題 [クリックで拡大]
図表1 Androidの標準VPNクライアントでVPN接続を行う場合に直面する課題


その理由の第一は、主として携帯電話事業者のネットワーク構成に起因している。PPTPだとVPN接続できないケースがあるのだ。

この課題は、NTTドコモのスマートフォン向けISPサービス「spモード」を利用している場合に生じる。従来の携帯電話メールアドレスを継続利用するため、spモードを使っているユーザーは企業でも多いが、spモードではPPTPでVPN接続できないのである。「spモードは、キャリアの網内でNATを実施しているが、PPTPではNAT越えができないため」とアライドテレシス・マーケティング本部第1プロダクトマーケティング部の杉山一郎氏は解説する。VPN接続するときだけ、spモードではなく「mopera」を利用するという手もあるが、いちいち切り替えるのは実用的ではないだろう。

また、杉山氏によれば、ドコモ以外のキャリアにおいても、NATによるアドレス変換を行っているケースはあるそうだ。さらに、自宅やホテルなどからWi-Fiルーター経由でVPN接続する場合にも、このNAT越えの問題に突き当たる。

一方、L2TP+IPsec VPNを利用すれば、NAT環境下でも正しくVPN通信を行うことが可能だ。加えて、L2TP+IPsecでは、社内ネットワークのプライベートIPアドレスを端末に割り当てることもできるため、単なるIPsec VPNよりも柔軟なネットワーク構成が可能になるというメリットもある。iPhone/iPadもL2TP+IPsecを標準でサポートしているが、「グーグルやアップルがL2TPを採用しているのは、非常に理にかなったこと」だと杉山氏は語る。なお、L2TP(Layer 2 Tunneling Protocol)とはトンネリングプロトコルの1つで、それ自体では暗号化などは提供しないため、通常はIPsecと組み合わせて用いられる。

ただし、L2TPにも問題がないわけではない。現状では、L2TPをサポートしているVPN装置が少ないのである。最近のルーターはVPN機能の搭載が当たり前になっているが、L2TPまでサポートした製品というと、今のところリモートアクセス装置やセキュリティアプライアンスなどにほぼ限られるのだ。

この背景には、L2TPはWindowsの標準VPNクライアントにも採用されるなど一般的なプロトコルであるものの、企業ネットワークではこれまでIPsecだけでVPNを実現するケースが多く、L2TPを併用するケースは少なかったという事情がある。

iPhone/iPadの場合、単なるIPsec VPNにも対応しているが、Androidは対応していない。そのためNAT越えが必要な場合には、L2TP+IPsec VPNか、標準のVPNクライアントを使わずにSSL VPNを利用するかとなる。さらにインターネット経由ではなく、キャリアが提供する閉域網サービスを利用する手もあるが、いずれにせよそれなりの投資が必要であり、特に中小企業にとっては敷居が高いだろう。これがAndroidのVPN接続には癖があると言ったもう1つの理由である。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

NTTコムウェア1906
ciena1906
intel1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5Gのホントの実力
[Part1]5G新アプリも米国発に? [Part2]韓国「5G+戦略」の実像 [Part3]実証実験で見えてきた5Gの実力 [Part4]産業イーサを代替できる? さらに進化する5G

●[インタビュー] 慶應義塾大学教授 砂原秀樹氏「IoTセキュリティと情報銀行がインターネット前提社会の基盤」 ●今から始めるGDPR対策 ●メッシュWi-Fiで“超手軽”な無線LAN ●100万円から作れる!Amazon Go型店舗 ●Ansibleでソフトバンクが働き方改革 ●電気もガスもWi-SUNの時代へ ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

アクセスランキング

tc1904
kaden
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます