キーパーソンが語る

NTTコミュニケーションズ有馬社長「クラウドほど大きなチャンスはない!」

聞き手◎土谷宜弘(月刊テレコミュニケーション編集長) 2011.03.11

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NTTコミュニケーションズ
代表取締役社長 有馬彰氏

電話事業の減収が続くなか、「法人ビジネス」「ネットビジネス」「グローバル」の3本柱で増収増益への転換を目指すNTTコミュニケーションズ。2010年6月に就任した有馬彰社長は、キーワードに「クラウド」を挙げた。「他社の先を行きながら、ビジネスを大きく育てたい」と語る有馬社長に具体的戦略を聞いた。

――2010年度上期の連結決算で、営業収益は前年同期比4.4%減の5090億円、営業利益は同21.2%減の416億円と減収減益でした。この間、苦闘してきたNTT東西は、ようやく下げ止まって増収ないし増益が少し見えてきたようですが。

有馬 NTT東西についていえば、「フレッツ光」を中心としたブロードバンドサービスの割合が大きくなり、東日本は音声収入の減少をIP系収入がついにカバーし、西日本もその差が縮小しています。つまり、そういう転換点を迎えたということです。

当社についていえば、加入電話からIP電話に移行すれば、どうしても中継部分の役割はどんどん減っていきますから、大きく影響を受けざるを得ません。また、NTTコムでないと提供できない企業向けネットワークサービスは当然ありますが、一般的にはNGNに需要がシフトするでしょう。

――電話からIPへという大きなトレンドは、御社のサービスに多面的な影響を与えているわけですね。

有馬 NTT東西は「レガシーからIPへ」という戦略で事業は成り立ちますが、当社はそういうわけにはいかないということです。ですから、音声系の減収をカバーするには、IPベースの他の事業を新たに開拓しなければならないのです。これは単体のみならず、グループの課題としても取り組んでいるところです。

 

NTTコミュニケーションズ 代表取締役社長 有馬彰氏

ネットワークを持つ強み活かす

――そうしたなかで、今後はクラウドサービスである「BizCITY」が御社の大きな柱になってくるわけですね。

有馬 そうです。現在の通信業界を見渡してみても、クラウドほど新たなチャンス、かつ大きな流れになりそうなものは他にはありません。クラウドには、さまざまなプレーヤーが入ってきていますので、我々は流れに乗り遅れることなく、スピード感を持って対応し、常に先端を走りたいと思っています。それこそが、NTTグループのなかでの当社のミッションでもあります。

――世の中がクラウド時代へと向かい、通信キャリアや機器ベンダー、SIer/NIerなどさまざまな業界から相次いでクラウド市場に参入するなかで、「誰がユーザーのニーズを勝ち得ていくのか」ということに注目が集まっています。

有馬
 最終的に誰が勝つかはまだ誰にも分からないでしょうが、クラウドはネットワークがあって初めて活きるサービスなので、ネットワークを持っている強みを活かし、品質を担保しつつ、低コストで提供していきたいと思っています。その点、我々は決して不利なポジションとは思っていません。

――いわゆるIaaS、PaaSはキャリアが得意とするところですが、アプリケーションの部分はどのように考えていますか。

有馬 メール等、一部の汎用的なものは自ら手掛けていますが、基本的には「餅は餅屋」ですから、今後ともアプリケーション事業者と連携して進めていきます。そういう意味では、当社が手掛けるクラウドサービスは、信頼性の高いクラウド基盤の提供が最も強い差別化ポイントということになります。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

有馬彰(ありま・あきら)氏

1973年3月一橋大学商学部卒業、4月日本電信電話公社入社。1999年7月日本電信電話(NTT)第一部門担当部長、2002年6月東日本電信電話(NTT東日本)取締役企画部長、03年4月同取締役経営企画部長、05年6月NTT取締役。07年6月NTTコミュニケーションズ代表取締役副社長ネットビジネス事業本部長を経て、2010年6月同代表取締役社長就任。現在に至る。1949年8月生まれ、神奈川県出身

スペシャルトピックスPR

1912_thales
necpf2001
attokyo2001

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ネットワーク未来予想図2020
[Part1]3段階で進化する5G [Part2]ローカル5G急発進の可能性 [Part3]Wi-Fi 6の普及はハイペース [Part4]「飛び過ぎない」Li-Fiで通信 [Part5]LPWAは大規模導入期に [Part6]ドローンの携帯電波利用が解禁 [Part7]高まる有線IoTの存在感 [Part8]量子時代は暗号通信も進化

[インタビュー] NTT 取締役 研究企画部門長 川添雄彦氏「インターネットを超えるIOWN」 [ソリューション特集]学校ネットワーク/クラウド閉域接続 [ビジネス最前線]NTTコム、ローカル5G参入の狙い ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

住友商事マシネックスついにオラクルがSD-WANに参入!
 クラウド接続に最適な高品質NW

Oracle Failsafe SD-WANは、ネットワーク品質を劇的に変化させる。

APRESIA Systemsローカル5G参入を強力サポート

APRESIA Systemsの「ローカル5Gシステム」はローカル5Gに必要な機能に絞り込み、導入を強力サポート

NECプラットフォームズ教育用ネットワークをトータル提案
IPv6活用でコスト削減・高速化

快適な校内無線LANには、VPNなど校外NWの整備も必要だ!

アット東京AWSやGCPなどメガクラウドに
直結する新時代のデータセンター

アット東京のデータセンターは“つなぐ”価値に磨きをかける!

ヤマハ仮想NWを始めるならヤマハで!

ヤマハの仮想ルーター「vRX」なら、これまでのノウハウをクラウドでも活かせる。

日本ソルテック学校ネットワークを簡単・安価に

日本ソルテックのクラウド管理型無線LANは、専門学校、介護施設を中心に豊富な導入実績!

シスコシステムズ世界で選ばれているオンライン会議
簡単にワンクリックで会議に参加!

Cisco Webexは社内外、誰とでも高品質なオンライン会議が行える。

エイチ・シー・ネットワークス株式会社ネットワークに迫る人手不足の危機
遠隔監視と予防保全で乗り越えろ!

光ファイバの保守現場の深刻な技術者不足。日立金属はどう対応した?

ハイ・アベイラビリティ・システムズ「全て」を一括認証できるSSO
簡単導入でパスワード管理から解放

AccessMatrix USOなら導入や運用も容易にシングルサインオンを実現!

ジェムアルト株式会社マルチクラウド時代の情シスを救う
認証プラットフォーム!

認証・特権ID管理をきめ細やかに! 自社サービスとしても展開可能。

ZscalerDX加速させるクラウドセキュリティ
「100ms以下」の遅延で快適利用

Zscalerの革新的アーキテクチャで働き方改革を強力推進!

パロアルトネットワークスパブリッククラウド基盤の
セキュリティ対策はどうする?

開発のライフサイクル全体でリソースを保護する「Prisma Cloud」

ヤマトロジスティクスキャッシュレス化に乗り遅れるな!
決済端末の導入・運用を一括代行

キャッシュレス決済の導入をヤマトロジスティクスがトータル支援!

アクセスランキング

dwpreport
kaden

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2019 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます