KDDI、「ビジネス通話定額」の料金を改定

KDDI、沖縄セルラーは2010年4月22日、法人向け音声定額サービス「ビジネス通話定額」の料金等を5月1日から改定すると発表した。

ビジネス通話定額は、同一法人名義であらかじめグループ登録されたau携帯電話間、KDDI電話間、さらにau携帯電話とKDDI電話相互間の音声通話が定額となるサービス。KDDI電話とは、「KDDI 光ダイレクト」、「KDDI 光ダイレクト over Powered Ethernet」、「KDDI メタルプラス (事業所用)」、「KDDI-IPフォン」の各サービスを指す。

改定の内容は次の通りだ。まず、au携帯電話からKDDI電話、KDDI電話からau携帯電話への定額通話に必要だった月額定額料945円(税込)が以下の通り無料になる(KDDI光ダイレクト等とau携帯電話間は、これまで通り945円が必要)。

また、これまでプランSS、プランS、プランSSシンプル、プランSシンプルの料金プランのau携帯電話は、ビジネス通話定額の対象外だったが、加入できるようになった(シンプルプランS、シンプルプランL、サポートプラン、および一部のCDMA 1x用料金プランについては今後も対象外)。

さらに、KDDI電話発信au携帯電話着信で利用する場合、最低3台のau携帯電話を契約する必要があったが、最低契約台数が1台に改定される。

KDDIでは今回の改訂により、よりお得でわかりやすい料金でビジネス通話定額が利用できるようになるとしている。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。