国内ネットワーク機器市場は前年比2割減の2814億円(IDC Japan調査)

IDC Japanは2010年5月19日、国内ネットワーク機器市場予測を発表した。2009年の同市場規模は2814億円と、前年から20.3%の大幅マイナスとなった。

その主たる原因は、通信事業者のルーターやイーサネットスイッチへの投資が大きく減少したこと。また、不況による投資抑制傾向の影響から、企業向けもルーター、イーサネットスイッチ、無線LAN機器のいずれにおいても売上が減少した。

2010年の国内ネットワーク機器市場については前年比3.5%増の2912億円と、IDC Japanでは2009年を上回ると予測している。企業向け市場の本格回復は2011年以降になるものの、保留していたネットワーク機器のリプレースなどが進むためだという。

また、IDC Japanでは、2009~2014年の年間平均成長率は0.2%となり、2014年の同市場規模は2837億円になるとしている。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。