企業ネットワーク最前線

携帯4社のインフラ大作戦[第2回]

【NTTドコモ】LTE加入者は4年後に1500万へ

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2011.01.12

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

国内初となるLTE商用サービス
「Xi」を発表するドコモの山田社長

今春までに携帯各社の40Mbpsクラスのサービスが出揃うことで、モバイルデータ通信市場の様相は一変する。連載「携帯4社のインフラ大作戦」の第2回は、日本初のLTEサービスを開始したNTTドコモのインフラ戦略を見る。

12月24日、NTTドコモがLTE(Long Term Evolution)の商用サービス「Xi」(クロッシィ)をスタートさせた。

LTEは、現行の3Gの後継としてITU-Rで標準化が進められている4G(IMT-Advanced)を想定してドコモなどが開発を進めてきたシステムを、3G用の周波数帯に導入できる技術として実用化したものだ。2009年春に3GPPで標準化された。(1)光アクセスに匹敵する100Mbpsを超える高速データ通信にも対応可能、(2)周波数利用効率がHSPAの3~4倍と高い、(3)伝送遅延が極めて小さいことなどがLTEの大きな特徴だ。

今回ドコモが導入するLTEシステムは20MHz幅(上り下りの片方向分、以下同じ)の周波数帯域を使った場合、下り最大150Mbpsのデータ通信を実現する能力を持っている。ただし、当初LTEに振り向けられる帯域はW-CDMA/HSPAの搬送波1波分の5MHz幅となるため、開業時の通信速度はフルスペックの4分の1、下り最大37.5Mbpsとなる。

今後ドコモは周波数利用効率の高いLTEに3Gユーザーを巻き取ることで順次LTE用の帯域を確保し、高速化を図っていく計画で、2013年から2014年にかけて75Mbps、さらに100Mbpsへの増速を図ると見られる。空港ビルなど、帯域の制約が少ない屋内施設では最初からLTEに10MHz幅を振り向け、下り最大75Mbpsのサービスが提供されている。

当初のサービスエリアは東京23区、大阪市、名古屋市の一部と首都圏・愛知県・関西地区の主要5空港の周辺。2012年3月には県庁所在地級都市で使えるようになり、2012年度に全国主要都市にエリアを拡大する。なお、端末は3Gとのデュアルになるため、LTEエリア外でもドコモのW-CDMA/HSPA網で通信できる。

 

図表 NTTドコモのLTE展開プラン
NTTドコモのLTE展開プラン


サービス開始時点で提供される端末はデータ通信用のみだ。USB型の「L-02C」(LGエレクトロニクス)、ExpressCard型の「F-06C」(富士通)の2機種がラインナップされる。2011年度上半期にはモバイルWi-Fiルーターが投入され、この年の冬モデルからハンドセット(音声端末)の展開が始まる。

 

L-02C F-06C
ドコモのLTE対応データ通信端末「L-02C」(LGエレクトロニクス製)と「F-06C」(富士通製)

最も効果的な容量拡大策

ドコモがLTEを展開する狙いの1つは、LTEの高速・大容量・低遅延という特性を生かして、新たなサービスを展開することだ。ドコモでLTEの技術開発を所管する研究開発推進部長の尾上誠蔵氏は「LTE対応ハンドセット向けに、ネットワークと端末の機能を連携させた新しいサービスを開発していきたい」と意気込む。

 

NTTドコモ 執行役員 研究開発推進部長 尾上誠蔵氏
NTTドコモ 執行役員 研究開発推進部長 尾上誠蔵氏


もう1つ、ドコモにとって重要性が増してきたのが、スマートフォンの普及などで加速するデータトラフィック対策としての側面だ。11月8日の記者発表会でドコモの山田隆持社長は、Xiの特徴として特に「大容量性」を強調した。「HSPAより3倍周波数利用効率が高い。周波数の有効利用の観点から今後の基地局増設は原則LTEで行っていく」という。

ドコモはLTEを導入していく2GHz帯の基地局を都市部ですでに密に打っており、LTE導入による容量拡大効果は非常に大きい。同社にとってLTEの展開は、最も効果的なトラフィック対策といえるのだ。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

1912_has
1912_thales
necpf2001

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ネットワーク未来予想図2020
[Part1]3段階で進化する5G [Part2]ローカル5G急発進の可能性 [Part3]Wi-Fi 6の普及はハイペース [Part4]「飛び過ぎない」Li-Fiで通信 [Part5]LPWAは大規模導入期に [Part6]ドローンの携帯電波利用が解禁 [Part7]高まる有線IoTの存在感 [Part8]量子時代は暗号通信も進化

[インタビュー] NTT 取締役 研究企画部門長 川添雄彦氏「インターネットを超えるIOWN」 [ソリューション特集]学校ネットワーク/クラウド閉域接続 [ビジネス最前線]NTTコム、ローカル5G参入の狙い ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

住友商事マシネックスついにオラクルがSD-WANに参入!
 クラウド接続に最適な高品質NW

Oracle Failsafe SD-WANは、ネットワーク品質を劇的に変化させる。

APRESIA Systemsローカル5G参入を強力サポート

APRESIA Systemsの「ローカル5Gシステム」はローカル5Gに必要な機能に絞り込み、導入を強力サポート

NECプラットフォームズ教育用ネットワークをトータル提案
IPv6活用でコスト削減・高速化

快適な校内無線LANには、VPNなど校外NWの整備も必要だ!

アット東京AWSやGCPなどメガクラウドに
直結する新時代のデータセンター

アット東京のデータセンターは“つなぐ”価値に磨きをかける!

ヤマハ仮想NWを始めるならヤマハで!

ヤマハの仮想ルーター「vRX」なら、これまでのノウハウをクラウドでも活かせる。

日本ソルテック学校ネットワークを簡単・安価に

日本ソルテックのクラウド管理型無線LANは、専門学校、介護施設を中心に豊富な導入実績!

シスコシステムズ世界で選ばれているオンライン会議
簡単にワンクリックで会議に参加!

Cisco Webexは社内外、誰とでも高品質なオンライン会議が行える。

エイチ・シー・ネットワークス株式会社ネットワークに迫る人手不足の危機
遠隔監視と予防保全で乗り越えろ!

光ファイバの保守現場の深刻な技術者不足。日立金属はどう対応した?

ハイ・アベイラビリティ・システムズ「全て」を一括認証できるSSO
簡単導入でパスワード管理から解放

AccessMatrix USOなら導入や運用も容易にシングルサインオンを実現!

ジェムアルト株式会社マルチクラウド時代の情シスを救う
認証プラットフォーム!

認証・特権ID管理をきめ細やかに! 自社サービスとしても展開可能。

ZscalerDX加速させるクラウドセキュリティ
「100ms以下」の遅延で快適利用

Zscalerの革新的アーキテクチャで働き方改革を強力推進!

パロアルトネットワークスパブリッククラウド基盤の
セキュリティ対策はどうする?

開発のライフサイクル全体でリソースを保護する「Prisma Cloud」

ヤマトロジスティクスキャッシュレス化に乗り遅れるな!
決済端末の導入・運用を一括代行

キャッシュレス決済の導入をヤマトロジスティクスがトータル支援!

アクセスランキング

dwpreport
kaden

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2019 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます