企業ネットワーク最前線

SPECIAL TOPIC

“ビジネスになるLPWA”に101社が結集 後発の利活かし市場創出に挑むZETA

提供◎ZETAアライアンス 2020.04.22

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

新興のLPWA規格、ZETAの商用展開に弾みが付いてきた。普及促進団体ZETAアライアンスの会員数は今年3月、100社を突破、メンバーの協業による新デバイス・サービスの開発も加速している。日本でのZETAの商用展開をリードするアライアンスの理事メンバーに、ZETAビジネスの可能性を聞いた。


英国ケンブリッジに本社を置くZiFiSense社(CEO:李卓群氏)が開発した新しいLPWA規格「ZETA」。その普及を目指し、2018年6月に5社でスタートしたZETAアライアンスの会員数が今年3月、101社となった。ITベンダーやデバイスメーカー、素材メーカーなど多彩な企業・団体が参加するアライアンスには昨年、大手通信キャリアのNTTドコモ、ソフトバンクも参加している。

日本に先駆けてZETAの展開が始まった中国でも2019年4月に普及促進団体ZETAアライアンス・チャイナが設立され、3月時点で約110社の会員を擁している。日中両国で、200を超える企業・団体を呼び込むZETAの魅力はどこにあるのか──。

凸版印刷は昨年4月、初の国産ZETA通信モジュールの提供を開始した。同社 DXデザイン事業部 課長の諸井眞太郎氏は、他のLPWAにはないZETAの魅力を「マルチホップネットワークにある」と説明する。「電池で稼働する中継機(Mote)を使って簡単にエリアを広げられ、ネットワークを非常に低コストで構築できる」のである。双方向通信への対応や、2kHz幅の超狭帯域通信で限られた電波資源を有効活用できることも、ZETAの利点だという(図表1)。

 

 

図表1 ZETAのネットワーク構成と特徴

図表1 ZETAのネットワーク構成と特徴

 

 

こうした優位性に着目し、ZETAの商用導入に踏み切るケースも出てきた。

ドコモは、昨年11月に提供を開始した営農支援プラットフォームサービス「畑アシスト」で圃場などに設置する気象、土壌、水用センサーのデータ収集にZETAを活用している。

スマートライフ推進部 食文化事業 フードテックビジネス担当課長の大関優氏は、その理由について「中山間地のお客様の圃場にどうやって電波を届けるかが、サービスを提供する上で大きな問題だった。ZETAはこうした用途に使いやすいと感じている」と説明する。大関氏は、ZETAの強みを「後発の利を活かし、既存のLPWAの課題解決を考慮して仕様が作られている」点にあると評する。

凸版印刷の諸井氏によると、収入が少なくIoTにコストをかけられない農業分野では、安価にネットワークを構築できるZETAにチャンスがあるという。

アライアンスではZETAの商用展開を加速させるため、メンバー間での様々な形の協業を実現する取り組みに注力している。すでに実績が上がってきたのが、「日本発」のZETAデバイスの開発だ。

 

 

(左から)NTTドコモの大関優氏、凸版印刷の諸井眞太郎氏、マクセルの宮本真氏、テクサーの朱強氏、アイティアクセスの澤村宗仁氏

【ZETAアライアンス理事】(左から)NTTドコモの大関優氏、凸版印刷の諸井眞太郎氏、マクセルの宮本真氏、テクサーの朱強氏、アイティアクセスの澤村宗仁氏。この他にQTNet 経営企画部副部長の岩渕宏信氏が理事を務めている

 

 

例えば、組み込みソフトベンダーのアクセスは、同社のソフトウェアプラットフォームを凸版印刷のハードウェアと組み合わせて、国産GPSトラッカーの早期製品化を実現した。

同じく凸版印刷のZETA通信モジュールを用いて開発され、注目を集めている国産デバイスに、Neusoft社の「OCR検針器」がある(現在は開発陣が設立したDeep Vision社が展開)。アナログ水道メーターの表示をカメラで撮影し、その画像をOCR(光学的文字認識)ソフトで読み取り、検針データに変換してZETAでサーバーに送るというものだ。既存の水道メーターに後付けで導入することもできる。

デバイス以外にも、完全な閉域接続環境の提供により高いセキュリティを求める病院や工場での導入を可能にするNECネッツエスアイの「Symphonict ZETA閉域プラットフォームサービス」など、ビジネスで利用するための道具立ても揃ってきた。
  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】WIRELESS SMART CITY

<Part1> ネットワークとともに進化する都市
<Part2> スマートシティネットワークの作り方
<Part3> 柏の葉に“Meta発”ミリ波無線の実験場
<Part4> スーパーシティ大阪 L5G広域利用の先行事例に
<Part5> ドローン「レベル4解禁」で変わる都市の物流
<Part6> ワイヤレス給電は都市をどう変えるか?

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

レッドハットインフラの自動化で34%の工数削減 レッドハットのネットワーク自動化2.0
人と人のコミュニケーションも効率化し、圧倒的な自動化を実現する。
i-PROセキュリティカメラの映像を遠隔監視 AI機能でマーケティングなどにも活用
幅広い用途に簡単、スピーディー、リーズナブルに対応するi-PRO Remo.
ジュニパーネットワークスWi-Fi 6E×AIで超効率ネットワーク 無線からWANまでクラウドシフト
ジュニパーはWi-Fi 6E時代に向けて、NW運用をAIとクラウドで効率化!
UniFiWi-Fi 6のライセンス費用がゼロに UniFiならコスパ抜群・簡単管理
圧倒的なコスパと手軽さで、オフィス、学校、工場、病院らが採用
日本マイクロソフト走り出した「5G網をAzureへ」計画
クラウド移行でキャリアは何を得るか

AT&Tの5GコアのAzure移行の狙いと進捗状況をマイクロソフトに聞いた。
ローデ・シュワルツ強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに
ローデ・シュワルツが得意のミリ波技術で6Gへの取組を強めている。

モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」<連載>NTTグループのプロフェッショナルたち
モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」<サイバーセキュリティ戦記>
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏

「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」
セイコーソリューションズISDNからインターネットへ スムーズな移行を可能にするには

ハードウェアを設置するだけ!ISDNからIP網への移行をフルサポート。

AirREAL-VOICE2簡単操作でマイグレーション実現
データ通信だけでなく通話・FAXも

アダプターの入替だけで移行が完了するMIの音声対応LTEルーター

NTTデータINSネットの後継ならお任せ!
移行で伝送時間短縮や負荷軽減

INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

Wi-SUN AllianceWi-SUN認証デバイスが1億台突破
日本発の世界標準規格の普及加速

2.4Mbpsへの高速化など新たな進化も始まっている。

エヌビディアNTTとLINEが牽引する日本の自然言語処理、この2社がリーダーである理由

3月21日から開催の「NVIDIA GTC 2022 Spring」で知ろう!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。