企業ネットワーク最前線

コンテナで進化するNFV 5G網は“クラウドネイティブ”に作る

文◎坪田弘樹(編集部) 2019.11.29

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

コンテナやマイクロサービス等の“クラウドネイティブ”技術の導入により、ネットワーク機能の仮想化が新たな段階に突入する。まずターゲットとなっているのは、今まさに構築が始まった5Gネットワークだ。

ネットワーク機能を仮想化し、汎用サーバーの仮想基盤上にソフトウェアとして実装するNFV(Network Functions Virtualization)が登場してから7年ほどの月日が流れた。

この間、NFVは着実に浸透し、ネットワークの作り方は大きく変化した。ハードウェアとソフトウェアの分離が進み、ネットワーク構成の自由度と柔軟性が向上。マルチベンダー化とオープン化も進展した。

だが、進化はこれで終わりではない。NFVがもたらした柔軟性や拡張性といった効能をさらに高めようとする新たな潮流が生まれてきている。クラウドネイティブだ。

仮想マシンからコンテナへ「クラウドネイティブ」は、アプリケーションの開発手法として昨今注目されている考え方だ。様々な定義がなされているが、一般的には、クラウド環境に最適化されたシステムやサービス、およびそれを実現するための手法を指す。核となる技術要素は、コンテナやマイクロサービスだ。

GoogleやAWSに代表される大手プラットフォーマーでは、これらの技術を用いて開発されたクラウドネイティブ・アプリケーションが主流となっている。コンテナ技術による小型サービスの集合体としてアプリケーションを実現することで、小型サービス毎に開発・機能追加を行い、アプリケーションの開発・展開のサイクルを迅速化できる。

また、コンテナは、OSまで含めてカプセル化する仮想マシン(VM)と異なり軽量なため、起動時間が短く、リソース消費の効率がよいなどの様々なメリットがある。

このクラウドネイティブな技術をネットワークの世界に持ち込む動きが始まった。

起点となったのが、2018年9月にLinux Foundationが行った発表だ。400社超が参加するオープンソース推進団体CNCF(Cloud Native Computing Foundation)とLFNetworkingが、NFVによる仮想ネットワーク機能であるVNF(Virtual Network Function)から、CNF(Cloud native Network Function)への移行を促進する方針を打ち出した。世界各国の通信事業者等が参画してNFVを推進するLF Networking内のプロジェクト「ONAP」と、CNCF傘下のKubernetesプロジェクトが、VNFからCNFへの進化に向けて協業。CNFは、5Gネットワークにおける中核技術の1つになると期待されている。

VNFの進化形「CNF」で5GコアもRANもコンテナ化CNFは、オープンソースのコンテナオーケストレーションシステム「Kubernetes」上で動作するネットワーク機能だ。VNFをコンテナ化した“Container Network Function”とも言い換えられよう。従来のVNFがVMをベースとしたのに対し、CNFはコンテナをベースとする。

このクラウドネイティブ技術を活用して、5Gのコアネットワークや仮想RAN(Virtual Radio AccessNetwork:vRAN)、MEC(Multi Access Edge Computing)向けソリューションの開発を進めているのが、シスコシステムズやレッドハットだ。

シスコの業務執行役員で情報通信産業事業統括 システムズエンジニアリング本部長を務める吉田宏樹氏は「キャリアネットワークにおいてNFVは着実に進んできた。次の段階として今、5G Core(5GC)をコンテナベースで開発している」と語る。
(中央)シスコシステムズ 業務執行役員 情報通信産業事業統括 システムズエンジニアリング本部・本部長の吉田宏樹氏、(左)情報通信産業事業統括本部 ビジネス開発事業本部 ビジネスデベロップメントマネージャーの桂田祥吾氏、(右)米シスコシステムズのモバイルコアBU-CTO Principal 5G Architectのアネアス・ドッドノーブル氏
(中央)シスコシステムズ 業務執行役員 情報通信産業事業統括 システムズエンジニアリング本部・本部長の吉田宏樹氏、(左)情報通信産業事業統括本部 ビジネス開発事業本部 ビジネスデベロップメントマネージャーの桂田祥吾氏、(右)米シスコシステムズのモバイルコアBU-CTO Principal 5G Architectのアネアス・ドッドノーブル氏


5GCでは、コントロールプレーンとユーザープレーンを分離するモデル「CUPS」(Control and User Plane Separation)が採用される。LTE時代には一体化していたコントロールプレーンとユーザープレーンを分離することで、それぞれ別個に開発や機能進化が可能になり、さらにネットワークの構成と機能配備も柔軟に行えるようになるためだ。例えば、コントロールプレーンはコア側に集中させて、ユーザープレーン機能(UPF)をエンドユーザーに近いエッジに配置したり、制御処理の要求が急増した場合にコントロールプレーンだけをスケールさせたりといった具合だ。

このうち、「コントロールプレーンは基本的にコンテナ化する」と吉田氏は明かす。一方、UPFには高い転送能力が求められるため、当面は従来のVNFを用いるという。VNFでは、カーネルをバイパスして直接ハードウェアを制御するDPDKや、FPGAやスマートNIC(Network InterfaceCard)といった専用ハードウェアへのフォワーディング処理のオフロードと、パケット転送処理の高速化手法がすでに確立している。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

1912_has
1912_thales
mi201910

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ローカル5G最前線!
[Part1]ローカル5G免許を取得する [Part2]ローカル5G制度の今後 4.5GHz帯は屋内限定が有力 [Part3]ローカル5GはWi-Fi 6とどう違う? [Part4]ローカル5GのコアNWの導入形態 [Part5]ローカル5Gの無線アクセスの選び方

[インタビュー] 大阪大学教授 三瓶政一氏「ローカル5Gの本質とは? 4Gとは違い、日本に勝つ能力」 [ソリューション特集]Web会議は「3強」時代へ/シングルサインオン&特権ID管理 [IoT/M2M]オートバックスのIoT戦略 [イベントレポート]MWC Los Angeles ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

シスコシステムズ世界で選ばれているオンライン会議
簡単にワンクリックで会議に参加!

Cisco Webexは社内外、誰とでも高品質なオンライン会議が行える。

エイチ・シー・ネットワークス株式会社ネットワークに迫る人手不足の危機
遠隔監視と予防保全で乗り越えろ!

光ファイバの保守現場の深刻な技術者不足。日立金属はどう対応した?

ハイ・アベイラビリティ・システムズ「全て」を一括認証できるSSO
簡単導入でパスワード管理から解放

AccessMatrix USOなら導入や運用も容易にシングルサインオンを実現!

ジェムアルト株式会社マルチクラウド時代の情シスを救う
認証プラットフォーム!

認証・特権ID管理をきめ細やかに! 自社サービスとしても展開可能。

ZscalerDX加速させるクラウドセキュリティ
「100ms以下」の遅延で快適利用

Zscalerの革新的アーキテクチャで働き方改革を強力推進!

パロアルトネットワークスパブリッククラウド基盤の
セキュリティ対策はどうする?

開発のライフサイクル全体でリソースを保護する「Prisma Cloud」

ヤマトロジスティクスキャッシュレス化に乗り遅れるな!
決済端末の導入・運用を一括代行

キャッシュレス決済の導入をヤマトロジスティクスがトータル支援!

MIPHS/ISDNからの移行を
「安価」かつ「手軽」に

PHSモデムの入れ替えだけで「LTE化」が完了する!

ヤマトロジスティクスキッティングから配送まで一括提供
PC移行の工程はすべてお任せ!

Windows 7の延長保守サポート終了! ヤマトなら安心して任せられる

サンテレホン何か「御用」ありませんか? 国内最大級ICT機材のECサイトが誕生

10万点の情報通信機材を取り扱うECサイト「GOYOU(ゴヨー)」

エス・アンド・アイMS Teams×電話に新たな選択肢
キャリア回線使用で通話品質も安定

SBC機能のクラウド提供も開始 “設備レス”でDirect Routing導入

ブラステルクラウドPBX市場のパイオニア
信頼性と音声品質で5万台の実績

IP電話に関する調査では3項目で1位を獲得! ブラステルの「Basix」

三通テレコムサービス“明朗会計”で人気のクラウドPBX

ユーザーが増えても基本料は最大4900円! 三通テレコムサービスの「clocall PBX」

アクセスランキング

dwpreport
kaden

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます