企業ネットワーク最前線

「IoTで新たな宿泊体験を」、11種のIoTデバイスが集結した最先端ホステル

文◎小林秀雄(ITジャーナリスト) 2017.03.15

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

8月に福岡でオープンした「アンドホステル」は、様々なIoTデバイスが連動することによって、宿泊客に新たな体験を提供している。その利用データをデバイスメーカーにフィードバックし、IoTの普及も後押しする。

福岡市博多区を流れる博多川にほど近い場所に建つ宿泊施設「アンドホステル」は、ITベンチャーのand factory(本社・東京都渋谷区)がプロデュースして2016年8月にオープンした。

相部屋をメインとするホステル(簡易宿所)は、安価に泊まれるので外国人に人気の宿泊施設だ。

ただし、アンドホステルは料金以外の魅力も備える。最先端のIoT技術の利便性を体験できることだ。4部屋ある個室の“IoTルーム”には、スマートフォンアプリで操作できる鍵や照明のほか、部屋にいながらにして世界の風景が楽しめるデジタル窓、光や香りで快適な眠りに誘導する睡眠機など11種類のIoTデバイスが設置されている(図表1)。


図表1 アンドホステルに導入されているIoTデバイス
図表1 アンドホステルに導入されているIoTデバイス


IoTデバイスの連携で新たな体験インバウンド(訪日外国人)の急増に伴い、宿泊施設は不足状態が続く。そこに商機があるとand factoryは考えた。スマートフォン事業に強みを持つand factoryの飯村洋平執行役員は「単純に宿泊施設を提供するだけでは面白くない。プラスαの価値としてIoTを加えていこうと考えた」と話す。

and factory 執行役員 飯村洋平氏
and factory 執行役員 飯村洋平氏

 


その思いの背景には、IoTに対する一般消費者の認知が不十分だという認識もあったという。産業界ではIoTへの関心が高まっている一方で、消費者がIoTの利便性を体験できる場所が少ないことがその理由だと同社は見ており、そうした状況では、IoTデバイスメーカーが消費者の声を製品の改善にフィードバックすることもままならない。

そこで、様々なIoTデバイスを1カ所で体験できるようにするとともに「生活者とIoTデバイスメーカーをつなぐ場所をつくろう」(飯村氏)と「スマートホステル」をコンセプトに事業を立ち上げたのだ。

宿泊施設にどんなIoTデバイスを採用するか。同社は生活者の視点を軸に検討を進めた。「IoTデバイスメーカーは製品や技術の凄さを前面に打ち出すのに対して、我々は、どういう体験ができるとユーザーが快適と感じるかを起点として宿泊客の行動シーンを設計した」と飯村氏は話す。そのシーンを設計する過程で、複数のIoTデバイスが連携して動くことが大切だと考えたという。

人は1つのシーンでいくつかの動作を連続的に行う。例えば、暗くなっている部屋に帰るというシーンでは、ドアのロックを解錠し、次に壁のスイッチを押して照明をつける。そうしたシーンでいくつものIoTデバイスを一つひとつ操作するのは不便だ。もし、1つの操作で複数のIoTデバイスが利用できるようになれば、消費者に新しい体験を提供できる。

そこで同社は、異なるメーカーが開発した複数のIoTデバイスが連携して動くIoTプラットフォームを構築しようと考えた。そのために、メーカーと交渉するのと併せて、IoTデバイスの利用データをメーカーにフィードバックすることにした。

これはメーカーにとって大きな魅力だ。生のニーズに基づいてデバイスを改善することができるからだ。

この提案に賛同したメーカー各社がデバイスのAPIに関する情報を提供。それを受けて同社は組込みソフトの権威である九州大学大学院の福田晃教授の監修のもと、IoTデバイスの横断的利用を可能にするIoTプラットフォーム「&IoT」を開発した。

様々なIoTデバイスを1つのアプリで操作可能にした「&IoT」アプリの画面
様々なIoTデバイスを1つのアプリで操作可能にした「&IoT」アプリの画面


&IoTは、1つのアプリから複数のIoTデバイスを操作できるようにするとともに、宿泊客の利用シーンに合わせていくつものIoTデバイスを連動して動かす機能を持つ。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

moconavi1807
sun1807
ribbon1809

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTの大冒険! 海、山、体内へ
<海のIoT>ワイヤレスIoTで漁業は成長産業に/光無線で水中高速通信/オールジャパンで船舶IoT <山のIoT>LPWAがキラー技術に <体内のIoT>インプラント型無線センサーで生体IoTに新時代到来

◆[インタビュー] NTT西日本 小林充佳社長「地域に“変化”起こす先駆者へ」 ◆働き方改革とWeb会議 ◆過疎地の固定電話は「無線」で ◆NTTドコモのデータ分析の歴史 ほか 

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
yamaha_swx3100

スペシャルトピックス

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

アクセスランキング

tc1809
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます