導入・選定ガイド

いざ実践!LPWA

3つの代表的LPWAの違いを理解する【SIGFOX、LoRa、NB-IoT】

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2017.01.23

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

LoRaWAN基地局(IoT/M2M展の
エイビットブース)

安くて省電力で広域をカバーできるIoT向け無線のLPWA。では、代表的なLPWA規格であるSIGFOX、LoRaWAN、NB-IoTの違いはどこにあるのか。3つの特徴を見極めるとともに、先行例からLPWAを使いこなすコツを学ぶ。

 

2017年から、待望のIoT向け無線ネットワーク「LPWA(Low Power Wide Area)」が、いよいよ日本でも使えるようになる。

LPWAは低消費電力で広いエリアをカバーできる無線ネットワークだ。センサーなどの小さいデータを扱うIoT用途で、大きな需要が見込まれている。

サービス展開の先陣を切るのは、仏シグフォックスが世界24カ国で展開する「SIGFOX」だ。日本での独占事業権を得た京セラコミュニケーションシステム(KCCS)が2017年2月から東京23区を皮切りにサービスを開始する。

もう1つは、2017年に本格展開の兆しがある「LoRaWAN」。ソフトバンクが2017年度内にLoRaWANを活用したIoTソリューションの提供を開始すると発表しているほか、NTT西日本やソラコム、M2Bコミュニケーションズなども積極的に実証実験を進めている。

これらにやや遅れて商用化されるのが「NB-IoT」だ。LTEベースのIoT向けネットワークで、今年6月に3GPPで標準規格が固まったばかり。日本では2016年10月から総務省・情報通信審議会で導入に向けた議論が始まっており、2018年春の商用化が期待されている。
通信手段の“空き地”にフィット「従来の通信手段でカバーできていなかった“空き地”にフィットするサービスをSIGFOXが展開した」。LPWAが注目を集めるようになった端緒について、海外の通信事情に詳しい情報通信総合研究所(以下情総研)上席主任研究員の岸田重行氏はこう説明する。

低消費電力の無線ネットワークの定番には、BluetoothやZigBeeなどがある。だが、これらの電波は遠くまで飛ばず、1つの基地局でカバーできるエリアは狭い。田畑や農場のように、km単位のエリアを全体的にカバーするには多数の中継器を設置する必要があり、広いエリアでの利用には適していなかった。

他方、広域をカバーできる無線ネットワークとして3G/LTEがあるが、1回線あたり月々数百円の通信料金がかかる。大量のデバイスがネットワークにつながるIoTではコストが大きく膨れ上がってしまう。また、消費電力が大きくいことも課題だ。

そうしたなか、登場したLPWA。通信速度は100bps~数十kbpsであり、3G/LTEと比較すると3桁も4桁も遅いが、圧倒的な低コストで省電力かつ広いエリアをカバーできる(図表1)。この特性から、IoT向けの無線ネットワークとしてLPWAに期待が集まっている。

 


図表1 IoTを実現する無線方式
図表1 IoTを実現する無線方式

 

岸田氏は、「日本は海外と比較すると、やや“空き地”は少ないが、SIGFOXとLoRaWAN、NB-IoTを軸に普及が進んでいく可能性は十分にある」と述べる(図表2)。


図表2 日本で導入済み、導入が見込まれる主なLPWA規格[画像をクリックで拡大]
図表2 日本で導入済み、導入が見込まれる主なLPWA規格

 

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

moconavi1807
sun1807
ribbon1809

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTの大冒険! 海、山、体内へ
<海のIoT>ワイヤレスIoTで漁業は成長産業に/光無線で水中高速通信/オールジャパンで船舶IoT <山のIoT>LPWAがキラー技術に <体内のIoT>インプラント型無線センサーで生体IoTに新時代到来

◆[インタビュー] NTT西日本 小林充佳社長「地域に“変化”起こす先駆者へ」 ◆働き方改革とWeb会議 ◆過疎地の固定電話は「無線」で ◆NTTドコモのデータ分析の歴史 ほか 

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

アクセスランキング

tc1809
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます