データセンターネットワークが抱える4つの課題に解決策 ネットワークのライフサイクル全体を自動化

今、データセンターのネットワークアーキテクチャとその運用チームは、4つの課題に直面しています。4つの課題とは「構成」「確実な変更」「延伸性」「拡張性」です。

例えば「構成」についての問題は、様々なベンダーの機能やインフラを使用しているため、一貫性のあるスムーズなシステムを構築するのが難しいことです。「確実な変更」とは、オペレーターがサービスの追加や容量の拡張といった変更を、確実に実行しなければならないことです。ネットワーク障害の65~70%は変更作業中に発生した人為的エラーが原因と言われています。また、次世代のデータセンターネットワークは、イノベーションや複雑化に対応するため「延伸性」と「拡張性」が求められます。

「Juniper Apstra」は、データセンターネットワークの設計から構築、導入、運用のプロセスを自動化する、インテントベースネットワークシステムです。担当者のインテント(意図)をGUIやAPIを使用して設定するだけで、これまで人手で行っていた作業が自動で処理されます。また異常が発生した場合は、ダッシュボードに情報を表示し、根本原因の特定までサポートします。

本ホワイトペーパーでは、データセンターのネットワークアーキテクチャの問題を深掘りしたうえで、その問題を「Juniper Apstra」がどう解決するのか、徹底解説します。

 
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。