シスコ、北海道エアポートと新千歳空港でOpenRoamingの実証実験を開始

シスコシステムズは2024年2月21日、NTT東日本 北海道事業部、北海道エアポートとの協業を通じ、北海道の新千歳空港国内線旅客ターミナルビルにおいてOpenRoamingの実証実験を開始したと発表した。

今回の実証実験でシスコとNTT東日本は、新千歳空港にネットワークのプラットフォームであるCisco MerakiのアクセスポイントおよびOpenRoamingを提供するCisco Spacesを無償で提供し、実験に全面的に協力する。Cisco Spacesを活用することで、訪問人数や滞在時間などのデータを簡単に収集でき、そのデータを元に正確な検証を行えるという。

現在、北海道では特にスキーシーズンに豪州からの観光客が急増しており、ニセコのスキー場の観光客の98%は海外からの観光客が占める。海外では豪州や米国・EUなど一部の国々でOpenRoamingが一般的に普及しているが、日本を含むアジア地域ではその普及率はまだ十分ではない。そこで北海道エアポートは、日頃からOpenRoamingを活用している豪州からの観光客ニーズに応えるため、シスコとNTT東日本をパートナーとして選定し、安全・安心なOpenRoamingの導入を検討したという。

実証実験は、豪州からの観光客が羽田(成田)経由で新千歳空港に到着するという動線を考慮し、まず新千歳空港国内線旅客ターミナルビルで実施する。2月初旬に着工し、中旬より約2カ月間にわたって行われる。

無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。