ハードウェアでISDNからスムーズに移行 中小事業者も簡単かつ低コストに!

2024年1月以降、NTT東日本/西日本が提供するISDNがIP網に移行する。ISDNのデータ通信サービスであるINSネット「ディジタル通信モード」は、銀行の振込・決済システム、受発注や出荷、請求・支払など企業間の電子データ交換(EDI)に広く使われているが、今後は新たな伝送方式に移行する必要がある。

全国銀行協会は、企業・銀行相互間のオンラインデータ交換や企業間通信で使用する標準通信プロトコルとして、従来の全銀ベーシック手順およびTCP/IP手順に代わって新たに全銀プロトコル(TCP/IP手順・広域IP網)を制定し、「SSL/TLS」「IP-Sec」「IP-VPN」などの伝送方式を推奨している。

なかでもSSL/TLSは、石油化学や鉄鋼、製薬などいくつかの業界ですでに運用が始まっており、他の業界にも広く採用される可能性が高い。

IP網への移行に際しては、例えば決済業務であれば銀行(センター)と企業(クライアント)というように、データをやり取りする双方が対応する必要がある。ところが、いざ移行を検討する段階になると、双方とも様々な課題に直面しがちだ。セイコーソリューションズはそうした企業に対し、移行を支援するサービスを提供している。

無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。