最大370Gbps、A10 Thunderシリーズの最上位モデル

A10ネットワークスは2022年第1四半期より、アプリケーションサービスゲートウェイであるA10 Thunder ADC / CFW / CGNの各シリーズにおいて、最上位のハイエンドモデルのアプライアンス「A10 Thunder 7655S」を日本でも提供開始すると発表した。価格はオープンで、パートナー経由の販売となる。
A10 Thunder 7655S画像
A10 Thunder 7655S画像
A10 Thunder 7655Sは、最高で370Gbpsのスループット性能を備え、100GbEインターフェイスを16ポート搭載と高密度なポート収容を実現した。TLS 1.3対応の最新のTLS/SSL処理専用ハードウェアおよび、7600シリーズとして初めてセキュリティおよびポリシー適用の高速化を実現する専用ハードウェア「SPE(Security and Policy Engine)モジュール」も搭載し、セキュリティを強化する。
A10 Thunder 7655シリーズはすでにDDoS対策専用アプライアンスの領域で先行して提供しているほか、今回の次世代アプリケーション・デリバリー・コントローラー「A10 Thunder ADC」、統合型ADC+ファイアウォール製品「A10 Thunder CFW」、IPv4枯渇対策/IPv6移行ソリューション「A10 Thunder CGN」の全シリーズにおいても提供される。
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。