シャープ、動画と静止画による「ハイブリッド遠隔コミュニケーションシステム」を開発

シャープは2024年2月27日、鹿島建設と共同で、動画と静止画を組み合わせた「ハイブリッド遠隔コミュニケーションシステム」を開発したと発表した。

システム構成イメージ

システム構成イメージ

山岳トンネル工事では、発注者・受注者双方立ち会いのもと、現地でトンネルの掘削面(切羽)の地質状況を確認・評価し、地質に適した施工方法を決定する必要がある。しかし、現地での立会時間の調整に手間を要することに加え、切羽付近は落石などによる労働災害が懸念される。これまでも遠隔地からの確認・評価方法が検討されてきたが、山岳地では、地質状況を確認できる解像度で動画を送信できる高速通信環境の構築が困難なことから、実現には至っていなかった。

ハイブリッド遠隔コミュニケーションシステムによるトンネル内からの送信の様子

「ハイブリッド遠隔コミュニケーションシステム」によるトンネル内からの送信の様子

こうした状況を受け、ハイブリッド遠隔コミュニケーションシステムでは、タブレット端末から通信状況に応じた画質に調整した現場状況の動画を配信しつつ、切羽の高解像度の静止画を適宜送信することで、高速通信が困難な現場でも、遠隔地からの地質状況の確認・評価を可能にした。通信帯域によらない動画配信と画像処理で視認性を高めた静止画伝送で、詳細な現場状況を共有することができる。これにより、関係者が現地に集合する必要がなくなり、日程調整の手間が軽減されるうえ、現場の撮影者も切羽から離れた安全な位置から撮影することができるため、落石などによる災害遭遇リスクが大幅に低減されるという。

ハイブリッド遠隔コミュニケーションシステムの端末画面表示例

「ハイブリッド遠隔コミュニケーションシステム」の端末画面表示例

このたび、新名神高速道路大津大石トンネル工事において、同システムを用いたトンネル切羽の遠隔臨場を実施。遠隔地のモニターにて切羽の状態を詳細に目視判定できることを確認した。今後、鹿島建設と本システムの改良を進め、山岳トンネル工事における遠隔臨場のさらなる高度化を図るとともに、トンネル坑内のみならず、高速通信環境の構築が困難な山間部や沿岸部などの現場への適用拡大にも取り組むとしている。

無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。