古河電工がマルチキャリア5G対応のVPNルーター新製品、10GbEモデルも

古河電気工業は2024年2月26日、同社のルーターブランド「FITELnetシリーズ」における高速データ通信サービスに対応した新製品を発表した。同年3月15日より、マルチキャリア対応5Gモジュールを搭載したVPNアクセスルーター「FITELnet F225」を発売。また、同年2月26日より10GbEインタフェースを搭載したVPNアクセスルーター「FITELnet F310」の販売を開始する。

マルチキャリア5G対応の「FITELnet F225」(左)と、10GbEインタフェースを搭載した「FITELnet F310」

マルチキャリア5G対応の「FITELnet F225」(左)と、10GbEインタフェースを搭載した「FITELnet F310」

FITELnet F225は、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルの回線を自由に選択可能(各社のMVNO回線を含む)。また、n79のバンドにも対応しているため、ローカル5G回線でも使用できる。SIMスロットを2つ搭載しており、BCP対策として異なるキャリア回線を利用した冗長構成を確保することも可能だ。将来的には、eSIMへの対応も検討しているという。

また、5GやLTEの電波状況をユーザーインターフェース上で確認できるほか、筐体のLED表示によってシグナルレベルを確認することも可能。Fらくねっと(下画像)での電波情報表示にも対応している。

Fらくねっとの電波情報表示

Fらくねっとの電波情報表示

FITELnet F310はファンレスで、静音性・耐塵性・信頼性に優れるVPNアクセスルーター。省スペース設計で、様々な場所に設置できる。

小型でありながら同クラス最高峰の中継性能(IPsec中継性能4Gbps、平文中継性能13Gbps)を誇るのが特徴で、快適なWeb会議や大容量のコンテンツデータ転送など、業務の効率化に大きく貢献するとしている。

FITELnet F310の集合住宅での利用イメージ

FITELnet F310の集合住宅での利用イメージ

また、従来製品からNAT/SPIのテーブル数を大幅に増加。これにより、集合住宅の10GbE回線接続ゲートウェイとしても利用できる。Fらくねっとに対応しており、利用者ごとの帯域、NATセッション数を制御して快適な通信環境を提供できる。

FITELnet F225の標準価格(税別、以下同)は28万8000円。FITELnet F310の標準価格は18万8000円。

無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。