NTT東、安藤間、NTTBPが建設現場のローカル5G活用実証

NTT 東日本、安藤・間(安藤ハザマ)、エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム(NTTBP)の3社は2022 年 12 月 1 日 、建設現場における最適な高速・広帯
域無線環境実現に向けて、ローカル 5G を活用した共同実験を 12 月より、23年3月にかけて開始すると発表した。

実証においては、安藤ハザマが施工中の大規模掘削工事現場を実証フィールドとして、無線環境を構築後、安藤ハザマが実際に利用している施工管理アプリケーションの動作確認を実施する。

実証実験

実証実験のイメージ

加えて、広帯域・低遅延というローカル 5G の特長を活かして、高精細な 4K 映
像にて遠隔地から現場状況を確認できるアプリケーションを新たに用意し、動作確認を行う。なお、可搬型のローカル 5G 基地局とすることで、建設現場の工期終了後にも他現場で利用できるようにする。

各社の役割は次の図の通り。実験結果を踏まえ、安藤ハザマの大規模工事を中心にローカル 5G の導入を図り、他の建設会社へも展開していくとしている。

3社の役割分担

3社の役割分担
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。