“世界シェア2位”躍進の理由 エクストリーム ネットワークスCEOが語るシスコ追撃戦略

米エクストリーム ネットワークス 最高経営責任者(CEO)のエド・マイヤコード氏(左)と、APAC(アジア太平洋 地域)担当 バイス・プレジデントのジェフ・ハミューセス氏(右)、日本法人 執行役員社長の林田直樹氏(中央)

米エクストリーム ネットワークス 最高経営責任者(CEO)のエド・マイヤコード氏(左)と、
APAC(アジア太平洋地域)担当 バイス・プレジデントのジェフ・ハミューセス氏(右)、
日本法人 執行役員社長の林田直樹氏(中央)

――2017年にAvaya、2018年にBrocadeのネットワーク事業を、2019年にはクラウドWi-FiのAerohiveを買収して事業領域を広げてきました。昨年もInfovistaからSD-WAN部門のIpanemaを買収しており、シスコ、HPEに次ぐ業界3位の座を固めつつあります。

エド・マイヤコード(CEO) ポートフォリオの拡大に加えて、2019年にクラウドへ方針転換したことが、飛躍の契機となりました。

クラウドはネットワーク業界にも根本的な変化をもたらしました。ネットワークで得られるデータをビジネスに使えるようになったことです。デバイスやアプリケーションの利用状況を可視化し、分析によって導き出したインサイトを戦略的に活用できるようになりました。

我々はクラウドに蓄積されるこのデータを無制限に提供しており、お客様はそれを業績の向上に役立てています。例えば、スポーツ業界で重要な顧客を次々と獲得できている要因もここにあります。米MLBでは30カ所、マイナーリーグでは120のスタジアムが当社のユーザーです。他にもNHLやNFL、マンチェスターユナイテッドやリバプールFCといった欧州のサッカークラブもユーザーになっています。

――どんな用途に使うのですか。

マイヤコード 入場時のモバイルチケットや生体認証、観客の足取りやアプリ利用状況の分析、売店の人気計測などです。ファンにより良い体験を提供するほか、スタジアム運営の効率化にも役立ちます。

スポーツ以外にも政府機関や製造、ヘルスケア、小売、金融業などのリーディング企業が我々の顧客となっています。FedEx、Coca-Cola、Volkswagen、Samsungなどです。

無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。