メタバースで大日本印刷とPwCが協業 自治体や企業を支援

DNPが秋葉原エリアで進める「バーチャル秋葉原」のイメージ例(出典:DNP)

DNPが秋葉原エリアで進める「バーチャル秋葉原」のイメージ例(出典:DNP)

大日本印刷(DNP)とPwCコンサルティングは2022年7月27日、メタバース分野での協業開始を発表した。自治体や企業などに対して、メタバースに関するコンサルティングや構築・運用支援などを共同提供していく。

DNPは、2021年からXRコミュニケーション事業を推進しており、渋谷区立宮下公園・札幌市北3条広場・秋葉原のメタバースや神田明神のCG空間の展開・運用の実績を持つ。

一方、PwCコンサルティングはこれまでから先端技術を用いた事業推進支援を手掛けており、メタバースについても幅広い知見を有するメンバーを多数擁しているという。

両社は今後、互いの強みとソリューションを掛け合わせて、メタバースの導入・活用を支援していくとしている。

無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。