仮想GPU監視を追加、東陽テクニカが「uObserve」最新版を発売

東陽テクニカは2023年5月29日、仮想環境の問題切り分けやボトルネックの可視化を行う解析ソリューション「uObserve」(米Uila社製)の最新バージョン(ver.5.1)の販売を開始した。

uObserveは、仮想基盤/VDIの可視化、分析、最適化に特化した解析ソフトウェアだ。

オンプレミス仮想化環境とパブリッククラウド(AWS、Azure、GCPなど)における仮想マシンの構成と、仮想マシン同士の通信連携、システム上のボトルネックを可視化できる。通信レスポンスの問題に対してアプリケーションと基盤との間での問題の切り分けや、データセンター、クラウド環境への移行など、システム環境を変更した場合の性能調査にも有効という。

最新バージョンのVer5.1では、ログ解析の集中・自動化、NVIDIA 仮想GPUの監視機能が追加された。

GPU、メモリ、エンコーダ/デコーダ使用率の表示画面

GPU、メモリ、エンコーダ/デコーダ使用率の表示画面

アプリケーション、サーバー、ネットワーク装置など複数のシステムからのログに対し、特別な設定をせずに他の情報と関連付けてアクセスすることが可能。画面上のタイムスライダーでそのトレンドを可視化することができ、トラブルシュートの効率化に寄与する。

また、NVIDIA 仮想GPUの監視機能を使用している環境では、GPUメトリクスを可視化し、GPU対応仮想デスクトップ(VDI)のパフォーマンスを最適化できる。

無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。