ICT×未来

ビジネスの明日を動かすICTトレンド

「ディープラーニング」など先進AIの活用において、官民一体となった日本の攻勢が始まる!

文◎西俊明(ライトサポートアンドコミュニケーション) 2017.06.05

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

日本におけるAI+ビッグデータへの取り組みは、今からさらに加速します。その大きなドライバーの1つとなるのが、先ごろ施行された「改正個人情報保護法」です。今回は、最注目のAI技術であるディープラーニングについて分かりやすく紐解きながら、日本政府の狙いも解説します。

我が国の官民一体化によるAI+ビッグデータ活用へ向けた体制とは?前項で見た通り、ディープラーニングを活用することにより、あらゆるビジネスは一段と高次化・精緻化されていきます。

ディープラーニングを搭載したAIの認識精度を上げるために大量のデータが必要なことは前述しましたが、ディープラーニングには、

「データが多ければ多いほど、それに比例して認識精度も向上する」

という特徴があります。一定量以上のデータがあれば、それ以上のデータ量の多少に関わらず、認識精度が一定に収束していくようなものではありません。

そのため、莫大なビッグデータを収集し続ける米国巨大企業勢は、圧倒的な強みを持っていると言えるのです。

一方、日本企業の状況はどうでしょうか?

単純に考えると、

「1社で持つデータ量で不足するならば、複数企業のデータを活用すればよい」

という案が出てくるでしょう。

しかし、ビジネスで最も価値の高いビッグデータの1つである、顧客の個人情報を含むビッグデータについては、従来は個人情報保護法の定めにより、第三者への提供が規制されていました。

正確に言えば、「個人情報の本人の許可を取れば、第三者に個人情報を提供できる」という制度になっていましたが、ビッグデータの中に含まれる個人情報の本人すべてに許可をとることは現実的ではありません。

そこで、2017年5月30日から施行された改正個人情報保護法では、「匿名加工情報」という概念が導入されました。

「匿名加工情報」とは、「個人情報を、当該個人情報の本人を特定できないように加工した情報」であり、改正法に規定された手法によって匿名化された情報は、個人情報の本人に断りなく目的外利用をしたり、第三者へ提供したりできます。

基本的に、今回の個人情報の改正においては、度重なる個人情報の流出事故を受け、個人情報の取扱いを一段と強化する、規制の側面が多くなっています。

しかし、「匿名加工情報」の導入は、我が国の各企業がビッグデータを活用しやすいようにという、数少ない規制緩和の性格を持つものです。

「匿名加工情報」は、世界で初めて我が国が導入する概念であり、まさに政府が、民間のビッグデータ活用を支援しようとするもの、と言えるでしょう。

また、その他の国の支援体制としては、2016年、安倍総理の指示を受け、「人工知能技術戦略会議」が設置されました。この会議が司令塔となり、総務省・文部科学省・経済産業省の人工知能技術の研究開発の連携が図られています。

 


図表3 「人工知能技術戦略会議」体制図
「人工知能技術戦略会議」体制図
 出所:国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) ホームページ

 


いかがでしょうか。

これまでのところ、残念ながら、ディープラーニングをはじめとする先端のAI技術開発においては、米国巨大企業勢が一歩も二歩も先を行っています。

しかし、我が国においては、国を挙げてのキャッチアップ体制が作られつつあります。

また、基本的な技術開発においては後塵を拝していても、実際の応用技術になれば、コンピュータの中だけでなく、現実の「ものづくり(製造業)」との連係が必須です。

そこに、我が国がリードするチャンスがあるのではないでしょうか。

ぜひ、先端AIの分野において、日本企業の台頭を期待したいと考えています。

著者プロフィール

西俊明(にし・としあき)

慶應義塾大学文学部卒業。合同会社ライトサポートアンドコミュニケーション代表社員/CEO。富士通株式会社で17年間にわたり、営業、マーケティング業務に従事。2008年、経済産業大臣登録・中小企業診断士として独立し、2010年、合同会社ライトサポートアンドコミュニケーション設立。専門分野は営業・マーケティング・IT。Webマーケティングやソーシャルメディア活用のテーマを中心に、8年間で200社以上の企業や個人事業主のマーケティングのコンサルを実施、180回以上のセミナー登壇実績をもつ。著書に『あたらしいWebマーケティングの教科書』『ITパスポート最速合格術』『高度試験共通試験によくでる午前問題集』(技術評論社)、『絶対合格 応用情報技術者』(マイナビ)、『やさしい基本情報技術者問題集』『やさしい応用情報技術者問題集』(ソフトバンククリエイティブ)、『問題解決に役立つ生産管理』『問題解決に役だつ品質管理』(誠文堂新光社)などがある。

スペシャルトピックスPR

yamaha1711
necpf1711
nec1711

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます