企業ネットワーク最前線

セルラーLPWAでGO![第1回] IoT向け無線の大本命が始動

文◎唐島明子(編集部) 2017.11.09

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

セルラーLPWAに関する国内の制度整備がようやく完了した。では、日本ではいつからLTE-MおよびNB-IoTの商用サービスが始まるのか。そして、その提供形態やコストはどうなる見込みなのだろうか。

 
2017年9月1日、電波法施行規則等の一部を改正する省令が施行され、ついに日本のモバイルキャリアが「LTE-M(Cat.M1)」と「NB-IoT(Cat.NB1)」を商用展開するための制度整備が完了した。

LTE-MとNB-IoTは、IoT(Internet of Things)を契機に、需要が高まっているIoT向け無線ネットワーク「LPWA(Low Power Wide Area)」の一種だ。

LPWAは通信モジュールと通信料金の安さ、そして省電力性能が大きな特徴として挙げられる。膨大な数のセンサーを利用するIoTビジネスに取り組む企業にとって、安くて省電力性能に優れたLPWAは待望の通信手段なのだ。

LPWAには、すでに商用利用可能な「Sigfox」や「LoRa/LoRaWAN」もある。これらは無線局免許が不要な周波数帯を利用する「ノンセルラーLPWA」だが、それに対して「セルラーLPWA」のLTE-MとNB-IoTは、免許が必要な周波数帯を利用する(LTE-MとNB-IoTの違いなどはPart2で述べる)。

LTE-MもNB-IoTも、標準化仕様の策定自体は2016年6月に完了していたものの、日本国内で免許申請するための前提となる技術基準の制度化はまだだった。しかし前述の通り、総務省による制度化が完了。同省は9月1日から免許手続きの申請を受け付け始めた。

これから3キャリアは順次申請を行い、無線局の運用認可を得てからLTE-MとNB-IoTの商用サービスを開始することになる。

商用サービスは2017年度内に「免許申請の手続きは進めている。時期は確定していないが、年内にも認可が下りて、晴れて商用の電波を出せるようになるだろう」。こう明かすのは、ソフトバンク テクノロジーユニットIoT事業推進本部 プロジェクト管理課課長の朝倉淳子氏だ。

「いつからどのエリアで展開するかはまだ言えないが、2018年度に向けて着々と準備中だ。認可が下り次第、順次全国展開していく。LTE-MもNB-IoTも両方提供する」という。

ソフトバンクより、少し早めの商用サービス展開を表明しているのはKDDIだ。「2017年度内のどこかのタイミングで商用サービスを全国に向けてリリースする。総務省から認可を得てからのスタートになるが、LTE-MとNB-IoTの両方を準備している」と、同社ビジネスIoT推進本部 ビジネスIoT企画部長の原田圭悟氏は説明する。

そしてNTTドコモは、「低カテゴリLTE通信技術を、2017年度中にドコモネットワークへの導入を目指す」と昨年発表しており、現在もその予定だという。ただ、ドコモの言う「低カテゴリLTE通信技術」には、すでに商用化されているカテゴリ1(Cat.1)に省電力技術を組み合せたものも含まれる。つまり、ドコモはLTE-M/NB-IoTの商用サービスを2017年度中に開始するとは明言していない。

とはいえ、もちろんセルラーLPWAの免許申請手続きをはじめ、ドコモも着々と準備を進めている。同社ネットワーク部 技術企画部門 担当部長の宮下真一氏は「お客様のIoTソリューションに適したネットワークを、LTE-MやNB-IoT含めてベストミックスで提供していく」と前向きだ。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

logicool1709
yamaha1709
uniadex1709

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます