ニュース

ソフトバンク、eSIM基盤を2017年中に運用開始――クルマやウェアラブルでも利用可能

文◎business network.jp編集部 2017.03.30

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ソフトバンクはIoT推進の一環として、eSIMのネットワーク接続に必要な情報(プロファイル)を、遠隔から書き込んだり切り替えられる「eSIMプラットフォーム」を開発すると発表した。同プラットフォームの運用開始は、2017年中を予定しています。

eSIMとはEmbedded Subscriber Identity Moduleの略。一般的な携帯電話用のSIMカードとの機能的な違いは、eSIMはリモート操作によって事業者との契約情報などのプロファイルをダウンロードして書き換えることができる点にある。

これまではM2M機器を搭載した車両を海外で販売する場合、販売先の国の事業者ごとにSIMを用意する必要があった。しかし、eSIMを組み込めば、M2M管理プラットフォームからeSIMプラットフォームを通じて遠隔で書き換えたりできるようになる。

開発中のプラットフォームでは、タブレットやウエアラブル端末などの搭載されたeSIMに対しても、プロファイルや契約情報などを遠隔から書き込むことができるという。

eSIMプラットフォームの利用イメージ 
≪M2M機器の場合≫



≪タブレットやウエアラブル端末の場合≫

スペシャルトピックスPR

nec1710
ipswitch1710
yamato1708

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】セルラーLPWAでGO!
●LTE-MとNB-IoTの違い/●世界のセルラーLPWA商用展開マップ/●注目セルラーLPWA事例 ほか

◆[インタビュー]NTTドコモ 執行役員 大野友義氏「対話型AIであらゆる生活を革新」 ◆LTEコードレス「sXGP」- 自営PHSから自営LTEへ ◆OTTも参戦!海底ケーブル市場の今 ◆ネットワーク監視ツール ◆働き方改革で拡大する法人スマデバ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ms
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます