新製品&新サービス

KCCS、SIGFOX始動!――スマートパーキングや厨房機器の監視などIoTサービスも続々登場

文◎business network.jp編集部 2017.02.27

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

KCCSは2017年2月27日から、LPWAネットワーク「SIGFOX」のサービスを開始した。当初のサービスエリアは東京都内。今後は2017年3月末までに東京23区・川崎市・横浜市・大阪市、2018年3月末までに政令指定都市を含む主要36都市、2020年3月末までに全国展開を予定している。

SIGFOXのサービス開始にともない、オプテックスはスマートパーキング、アイ・サイナップは温度監視、旭光電機は各種厨房機器の状態監視など、各社がSIGFOXを活用したIoTサービスを提供し始めるという。

オプテックスのスマートパーキングは、東京都内で管理・運営されているコインパーキング向けの車両検知システム。駐車場に設置した車両検知センサとSIGFOXを連動させ、クラウド経由で車両の満空情報が確認できる。駐車場の地中にループコイルセンサーを埋設することなく、最小限の投資で車両管理が可能になる。

スマートパーキングにおける利用イメージ


次に、アイ・サイナップの温度監視は、宅配ピザ「ナポリの窯」の冷蔵庫、冷凍庫、そして作業空間の温度を監視するサービスだ。15分毎にクラウドへ送信されてくる各冷蔵庫の温度を専用アプリで監視できる。より細かく温度監視を行うことで、ピザ生地や材料の品質を保持するという。

温度監視サービスのアプリ画面とセンサ


また、旭光電機による各種厨房機器の状態監視サービス(実験中)が対象としているのは、飲食店内の厨房機器。温度変化や電動モーターの振動などを遠隔監視することで、保守・メンテナンスの効率化を図るのが狙いだ。電力量、庫内重量、備品使用量、温度データを1日2回程度送信することを想定しており、電池は数年間稼働すると見られている。

厨房機器の状態監視サービスで利用するセンサ


これらの他にも、以下のシーンでも導入検討が進んでいるという。

SIGFOXの活用例


スペシャルトピックスPR

citrix1704
unisys201702
nissho201702

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】AI・IoT・ARで《超》働き方改革
     <Part1> AI・チャットボットが社員の“相棒”
     <Part2> IoTで脱・ブラック職場
     <Part3> AR/VR/MRによる働き方改革のインパクト

●[インタビュー]ジュニパーネットワークス 社長 古屋知弘氏
●[ビジネス最前線]4つのLPWAでIoTの新市場を拓くKDDI
●[技術&トレンド]電話局を変革するCORDとは何か?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ヤマハWLX402

スペシャルトピックス

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobeiot10
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます