ニュース

ドコモとハタプロによる39MeisterのLPWA装置を活用したLoRa実証実験――農地から1500mも安定通信

文◎business network.jp編集部 2017.02.27

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NTTドコモと共にIoT事業化支援サービス「39Meister」を運営するハタプロは、農業IoTサービス「みどりクラウド」を提供するセラクおよび長崎県南島原市と共同で、農地におけるLPWA(LoRa/LoRaWAN)の実証実験を行った。今回の実験により、農村地域におけるLPWAの実用性が確認できたという。

実験で利用した装置は、39Meisterが開発したLPWA送信装置やLPWAゲートウェイ装置、そして認証サーバ(ネットワークサーバ)など。圃場に設置したみどりクラウドの環境モニタリング装置「みどりボックス」を、LPWA経由でクラウドに接続する。

実験は、通信距離が350mの<実験1>と同1500mの<実験2>が実施された。ハタプロによれば、いずれの実験でも安定的に通信でき、とくにLPWAの特性を活かして土地の高低差をうまく活用することに加え、アンテナ設置場所の最適化、基本パラメータのチューニングなどにより、十分に商用運用できる見込みだ。

なお通信方式は、LoRaに加えLoRaWANも並行して検証。通信の暗号化および認証サーバを経由したEnd-End通信の実現性も確認できたという。

実証実験で接続した地点

スペシャルトピックスPR

necpf1704
citrix1704
unisys201702

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】AI・IoT・ARで《超》働き方改革
     <Part1> AI・チャットボットが社員の“相棒”
     <Part2> IoTで脱・ブラック職場
     <Part3> AR/VR/MRによる働き方改革のインパクト

●[インタビュー]ジュニパーネットワークス 社長 古屋知弘氏
●[ビジネス最前線]4つのLPWAでIoTの新市場を拓くKDDI
●[技術&トレンド]電話局を変革するCORDとは何か?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ウォッチガード

スペシャルトピックス

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobeiot10
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます