ICT×未来

KDDIが5Gに関する記者会見――28GHz帯での5Gのハンドオーバーに国内で初成功

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2017.02.22

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

KDDIは2017年2月22日、5Gの取り組みに関する記者説明会を都内で開催、5Gの候補周波数28GHz帯を用いたハンドオーバー実験に同社が国内で初めて成功したと発表した。あわせて今年5月からセコムと5Gの実証実験を実施することも明らかにした。

 

KDDIが今回実施した5Gの実証実験は、東京・飯田橋近辺の一般道路、高速道路などで実際に試験車両を走行させて行ったもの。

電波が遠くまで届きにくい28GHz帯では、ビームの幅を絞って通信距離を延伸する「ビームフォーミング」の利用が想定されているが、この場合、デバイスの位置を正確に補足して基地局を切り替えるハンドオーバーの実現が課題となる。

 

5Gの実証実験に用いられた試験車両
5Gの実証実験に用いられた試験車両

 

実験は、この問題に対応しているサムスン電子の28GHz帯の試験システムを用いて行われ、「ラボや実験環境ではなく市街地で実際にハンドオーバーができることを確認した」という。最大スループットは3.7Gbps超を記録した。

28GHz帯で3.7Gbpsを超えるスループットを実現した
28GHz帯で3.7Gbpsを超えるスループットを実現した



説明を行ったKDDI 技術開発本部 シニアディレクターの松永彰氏は、5Gの実用化に向けてKDDIが注力している技術分野として、(1)高速・大容量化を実現するための「高い周波数の利用」、(2)低遅延化を可能にする「エッジコンピューティング」、(3)多接続など多様な性能を実現する「ネットワーク・スライス」を挙げ、今回の実験は(1)の具体化になるとした。今年4月にはKDDI新宿ビルで次のステップとなる5Gの公開デモを行う計画だ。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

nissho201702
yamato1703
brocade1703

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】AI・IoT・ARで《超》働き方改革
     <Part1> AI・チャットボットが社員の“相棒”
     <Part2> IoTで脱・ブラック職場
     <Part3> AR/VR/MRによる働き方改革のインパクト

●[インタビュー]ジュニパーネットワークス 社長 古屋知弘氏
●[ビジネス最前線]4つのLPWAでIoTの新市場を拓くKDDI
●[技術&トレンド]電話局を変革するCORDとは何か?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ヤマハSWX2100-PoE

スペシャルトピックス

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobeiot10
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます