ニュース

IDとパスワードに頼らない堅牢な認証方式「FIDO」が仕様追加と日本でのワーキンググループ設置を発表

文◎business network.jp編集部 2016.12.09

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

指紋や虹彩を利用した認証と公開鍵/秘密鍵を利用した認証を組み合わせる新しい認証方式「FIDO」(Fast IDentity Online:ファイド)の普及を推進しているFIDOアライアンスは2016年12月8日、追加仕様とロードマップの更新を発表するとともに、FIDO認証の日本での普及を加速するためにFIDO Japan WG(Working Group: 作業部会)が発足し、2016年10月24日より活動を開始していることを明らかにした。
 
図表1 FIDO認証モデルの概要
図表1 FIDO認証モデルの概要


FIDOとは「高速なオンラインID認証」を指す。FIDO認証では、指紋などによる端末内での認証と、FIDO認証器およびネットワークを介しての秘密鍵と公開鍵のやり取りによる認証を組み合わせる。これによりIDやパスワードを使用する頻度が大きく低下するため、漏えいによる被害が予防できる新しい認証方式として期待されていた。

FIDOアライアンスは、FIDO認証モデルの展開・推進をミッションとして2012年7月から米国カリフォルニアを拠点にワールドワイドな活動を展開してきた。インテル、Google、マイクロソフト、クアルコム、American Express、ARM、Bank of America、NTTドコモなどがボードメンバーを務め、現在の参加企業は約250社にのぼる。

日本からはドコモを筆頭に大日本印刷、ディー・ディー・エス、富士通、インターナショナルシステムリサーチ、レノボ・グループ、ノックノックラブス、NXPセミコンダクターズ、楽天、三菱東京UFJ銀行、ヤフーが加入しており、これらの企業がFIDO Japan WGの初期メンバーとなって活動を開始していくことになる。日本でのWG設置は、中国、インドに次いで3番目となる。

FIDO Japan WGの初代座長にはドコモ プロダクト部 プロダクトイノベーション担当部長の森山光一氏が就任、ヤフー 決済金融カンパニー IDソリューション本部企画部 部長兼サービスマネージャーの菅原進也氏と、ドコモ プロダクト部 プロダクトイノベーション担当課長の富山由希子氏が副座長を務める。


図表2 FIDO Japan WGのミッションと主な活動
図表2 FIDO Japan WGのミッションと主な活動


ちなみにドコモのAndroidおよびiOS端末では、すでに指紋センサーや虹彩認識機能を搭載する数百万台が市場に出回っている。同アライアンスによれば、現在世界で15億人以上のエンドユーザーのオンライアカウントがFIDO認証により保護できるようになっているほか、携帯電話メーカー大手10社のうち6社の最上位機種がFIDO Certified(認定)ソリューションの認定を受けており、250以上の製品がFIDO Certifiedを取得しているという。

今回発表されたFIDO認証の主な追加仕様とロードマップの更新内容は以下の通り。

・今回、スマートカード、Bluetooth Low Energy(BLE)、NFCのサポートを中心に機能拡張したFIDO 1.1仕様をリリース。

・FIDOアライアンスが昨年W3Cに提出した3つの技術仕様に基づいて開発されたウェブ認証仕様がW3Cの最新ドラフト版に盛り込まれ公開。

・2017年に新しい仕様であるCTAP(Client-to-Authenticator Protocol)をリリースする予定。レビューとフィードバックを得るために、すでに同仕様のドラフト版をW3Cに提出。CTAPにより、ブラウザやOSから直接、USBキーやNFCまたはBluetooth対応デバイスなどの外部の認証器に認証要求でき、デバイス毎に新しくFIDO認証鍵を登録する必要がなくなる。

スペシャルトピックスPR

softbank201701
panasonic201701
nttsoft201701

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ICT業界 未来予測2017
         10の変革シナリオ

 LPWAでスマートシティ元年 / IoTが“シェアリング”を加速
 社会基盤を「人質」に身代金 / モバイルで進む放送と通信の融合
 ビデオがX-Techの名脇役 / PBX業界のデジタル破壊始まる   他

【インタビュー】総務省 総合通信基盤局長 富永昌彦氏<MVNOの接続料をさらに低廉化 つながるクルマがIoTの“先兵”>

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

セキュアMAM「moconavi」はモバイルUC対応! 新たにビジネスチャット機能も追加し、より便利になった。

「これは誰に聞けばいいのか?」という課題を解決して業務の効率改善

エンピレックスなら、NFV/IoT時代に必要なデータがすぐ簡単に手に入る!

増大するネットワーク監視の課題を、Gigamonが一気に解決する。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot08
ngn2016
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます