企業ネットワーク最前線

コネクテッドカーも「ガラパゴス市場」に?

文◎坪田弘樹(編集部) 2016.11.30

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

情報通信総合研究所
ICT創造研究部 第一グループ
副主任研究員 吉岡佐和子氏

コネクテッドカーの普及について、「欧米に比べると日本はかなり遅い」と指摘するのは、情報通信総合研究所の吉岡佐和子氏だ。その背景として同氏は、車載機へのニーズの違いを挙げる。

 

吉岡氏の指摘の背景には、道路交通事情が大きく関係している。格子状にわかりやすく道路が整備され、かつ、すべての道路に名称が付いている米国や欧州と比べて、狭い道路が多く幹線道路にしか番号が振られていない日本ではカーナビへのニーズが非常に強い。そのため、日本ではカーナビが独自の進化を遂げた。その精度の高さと多機能さは、世界一の水準と言われる。

結果的に、日本の車載機はモバイル通信機能を搭載しなくても、高度に進化したカーナビ機能だけで消費者のニーズをほぼ満たせる状態になっている。今後普及が見込まれるコネクテッドカー向けの「キラーアプリは間違いなく地図を活用するアプリ」(同氏)だが、日本のユーザーがそれに追加料金を払うモチベーションは小さい。

一方、欧米では、クルマが故障した際にいかに早く対処するかに重点を置いて車載機とテレマティクスが発達した。広い国土の米国、陸続きで他国にも自由に行き来できる欧州で、故障や事故の際にドライバーを迅速に救出する目的で作られたのが欧米のテレマティクスだ。「車載機の発達の経緯が日本と欧米ではまったく異なる」のだ。

当然カーナビの普及率は低く、日本ほど高機能でもない。したがって、欧米ではコネクテッドカー向けの地図・ナビアプリが受け入れられやすい土壌がある。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

nec1707
emc
yamato1708

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】セルラーLPWAでGO!
●LTE-MとNB-IoTの違い/●世界のセルラーLPWA商用展開マップ/●注目セルラーLPWA事例 ほか

◆[インタビュー]NTTドコモ 執行役員 大野友義氏「対話型AIであらゆる生活を革新」 ◆LTEコードレス「sXGP」- 自営PHSから自営LTEへ ◆OTTも参戦!海底ケーブル市場の今 ◆ネットワーク監視ツール ◆働き方改革で拡大する法人スマデバ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ロジクール

スペシャルトピックス

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ws2017
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます