ニュース

ビジネスチャット「TEんWA」がセキュリティ機能強化、アクセス制限などが利用可能に

文◎business network.jp編集部 2016.11.11

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

企業向けのクラウド版ビジネスチャット「TEんWA」を提供するテンダは2016年11月11日、TEんWAのセキュリティ関連機能を強化すると発表した。

TEんWAは、ビジネスシーンに特化したスタンプも使いながら社員間で簡便にコミュニケーションが行える「トーク」機能や、ToDo管理、ファイル管理機能などを備える企業向けのチャットサービスだ。発言ログの管理や、ユーザー・組織の登録/変更を一括で行える管理者機能も備え、現在5万以上のユーザーで利用されているという。


TEんWAのトーク画面(左)と、ファイル管理画面


今回行った機能強化では、①IPアドレスによるアクセス制限、②モバイルデバイスからのアクセス制限、③ファイルアップロード・ダウンロードに関する制限といったセキュリティオプションが利用できるようになった。

①は、TEんWAの利用を社内からのアクセスに限定するなど、監視が難しい端末からのアクセスを制限するもの。②は使用可能な端末を制限する機能で、社用端末だけでTEんWAを使い、個人の私物スマホからのアクセスを禁止するといった使い方ができる。③は、ユーザー毎にファイルのアップロード/ダウンロードの可否を設定できるようにする機能だ。

1ユーザー当たり月額500円のオプション料金で利用できる。9月以降、順次機能の提供を始める。

このほか、同社が提供するマニュアル作成ソフト「Dojo」とも連携する。Dojoで作成したHTML5形式のコンテンツを、TEんWAで簡単に配信することができ、閲覧者はチャット上に表示されたファイルをリンクするだけで、コンテンツを再生して閲覧できる。

スペシャルトピックスPR

uniadex1709
nec1707
emc

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティングの全貌
<Part 1>いま大注目のエッジとは? <Part 2>工場で始まったエッジ革命
<Part 3>シスコ事例にみる使い方と実装方法
<Part 4>ドコモが考えるエッジコンピューティング

● [インタビュー]大阪大学教授 三瓶政一氏「5Gは4Gまでとは根本的に違う」 ●基礎から学ぶ「CASB」 ●ビデオ会議で注目の「ハドルルーム」 ● Bluetooth meshで大規模IoT ●NTTコム、eSIM実験の狙い ●自律走行型ロボットで働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ロジクール

スペシャルトピックス

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ms
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます