ニュース

KDDI総合研究所、5G時代に向けて周波数利用効率が2倍向上する伝送実験に成功

文◎business network.jp編集部 2016.10.17

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

KDDI総合研究所(2016年10月1日付でKDDI研究所とKDDI総研が合併)は2016年10月14日、光ファイバー通信の伝送容量を拡大するために必要となる周波数利用効率を向上する技術を開発し、周波数利用効率はこれまでの記録の2倍になる947bit/s/Hzの伝送実験に成功したとに発表した。

大容量な情報の伝送においては、周波数帯域の効率的な利用が課題となる。周波数利用効率を2倍にできれば、同じ周波数帯域を用いて伝送可能なデータ容量を2倍に拡大できる。

現在の商用光通信システムの周波数利用効率は2bit/s/Hz以下であり、最大値が15bit/s/HzのLTEと比較すると効率性が低い。今後予想されるデータトラヒックの増加に対応するには、それを支える光通信システムの周波数利用効率の向上が不可欠だ。

今回の伝送実験では、6モード伝送において、64値直行振幅変調(64QAM)信号伝送を行うことで、周波数利用効率の大幅な改善を実現したという。同研究所はこの成果を受け、今後はこの方式を用いた大容量化や長距離化に加え、その実用性の向上を目指した研究開発を継続するという。

5G時代には、無線技術だけでなくそれを支えるネットワーク技術や光ファイバー伝送技術の革新も不可欠となる。この技術は、より低遅延で高速な5G以降のモバイル通信システムを支えるキー技術として期待できるそうだ。


スペシャルトピックスPR

nttsoft201701
recomot201701
ゼンハイザー201701

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】クラウド化する
   企業ネットワークの新作法。

●[インタビュー]坂村健 東大教授「オープンIoTで社会全体を効率化」 ●[第2特集]今すぐ使えるIoT向けLTE「カテゴリー1」 ●[商品特集]インターネット分離・無害化ソリューション ●[技術&トレンド]SD-WANで広がる映像系IoTの可能性/電池不要のIoT無線「EnOcean」

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ibm20170222
isobe170201
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます