企業ネットワーク最前線

IoT無線の主役狙う「Bluetooth 5」――強みは省電力、速度、スマホ連携

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2016.11.14

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

今年末から来年初頭にかけて正式リリースとなるBluetooth 5で、Bluetoothが本格的なIoT無線に進化する。その特徴や他のIoT無線システムとの違いを見ていこう。

 

スマートフォンやノートPCと、マウス/ヘッドセットなどの周辺機器との接続に広く使われている近距離無線技術のBluetoothが、次期バージョン「Bluetooth 5」で本格的なIoT無線システムにグレードアップされる。

Bluetoothは、2010年にリリースされた「Bluetooth 4.0」から、従来仕様(Classic Bluetooth)に加えて大幅に省電力性を高めた新仕様「Bluetooth Low Energy(BLE)」をサポートしている(図表1)。Bluetooth 5では、このBLEの機能を拡張し、IoT通信で本格的にBluetoothを利用できるよう進化させる。

 


図表1 Bluetoothの進化
図表1 Bluetoothの進化


BLEの大きな特徴の1つは、運用条件によっては、小さなコイン型リチウムイオン電池1個で、通信モジュールを1~2年間動作させることができる高い省電力性能にある。これにより、小型のデバイスにも容易に通信機能を持たせられるようになった。

この他にも、Classic Bluetoothでは必須だった事前の接続認証(ペアリング)なしでも通信が可能。休止状態から6msという短時間で接続できる(Classic Bluetoothでは100ms)などの特徴を持つ。

これらを活かす形で、BLEは活動量計や歩数計などのスポーツ・ヘルスセンサー、スマートウォッチ、自転車用ケイデンス(回転数)センサー、テレビのリモコンなどの分野で普及が進んでいる。Classic Bluetoothに代えてキーボードやマウスに採用されるケースやBLEに対応したスマートフォンをホテル・車のキーの代わりに用いるといった使い方も出てきた。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

macnica1708
nokia1708
skyley1708

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティングの全貌
<Part 1>いま大注目のエッジとは? <Part 2>工場で始まったエッジ革命
<Part 3>シスコ事例にみる使い方と実装方法
<Part 4>ドコモが考えるエッジコンピューティング

● [インタビュー]大阪大学教授 三瓶政一氏「5Gは4Gまでとは根本的に違う」 ●基礎から学ぶ「CASB」 ●ビデオ会議で注目の「ハドルルーム」 ● Bluetooth meshで大規模IoT ●NTTコム、eSIM実験の狙い ●自律走行型ロボットで働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ロジクール

スペシャルトピックス

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ms
iot15
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます