ICT×未来

人工知能(AI)は、ネットワーク運用担当者の仕事を奪うか?

文◎太田智晴(編集部) 2016.08.31

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

AIが仕事を奪う――。AIの話になると必ず話題に上がるテーマの1つだが、ネットワーク運用担当者の仕事も将来奪わることになるのだろうか?

 

この問いに「ノー」と答えるのは、ジュニパーネットワークス ワールドワイド・システム・エンジニアリング 副社長のラグー・サブラマニアン氏だ。

「産業革命のときも『機械に仕事を奪われるのでは?』と市民は心配したが、そんなことは決して起こらなかった。ネットワーク運用についても同じだ」

ただし、AI時代に向かって、ネットワーク運用担当者の仕事は変化する。

その背景には、ネットワークの運用にかかるコストが大変な重荷になっていることもある。「CAPEXはムーアの法則に従って下がる一方、OPEXは上昇するばかりだ。顧客からは『OPEXにCAPEXの3~5倍ものコストがかかっている』という話をよく聞かされる」

産業革命は、それまで人手で行われていた作業を“機械化”し、劇的な生産性向上を実現した。同様にネットワーク運用の“機械化”も必要だが、そのための“機械”を設計するのが、これからのネットワーク運用担当者の役割となるというのだ。

実際、データセンターの世界では、すでに「以前は運用を担当していた人が、自動化のためのプログラムを書くようになっている」とサブラマニアン氏。

AIによる自動運用はいつ実現?最近のAIの進化のスピードには目を瞠るものがある。「今年3月、AIが碁の世界チャンピオンを破ったが、昨年時点では『碁のチャンピオンに勝つには15年はかかるだろう』と予測されていた」

では、AIを活用した「完全自動運用型ネットワーク」も予想以上に早く登場することになるのだろうか? 「もちろん誰にも分からないが、あえて予測してみると“次のディケイド(10年間)”。最終到達点までの道のりは、まだまだ長いと考えている」

この答えに安心したネットワーク運用担当者もいるかもしれないが、従来の仕事のやり方に“10年の猶予”が残されているわけではない。ネットワークの運用自動化のレベルは、サーバーやストレージと比べると著しく遅れている。ネットワーク運用担当者は、まずはSDN/NFVなどによる自動化を急ぎ、その次のステップとしてAIに取り組む必要がある――というのがサブラマニアン氏の意見だ。

 

この記事コンテンツは、月刊テレコミュニケーション9月号特集「これからのキャリアネットワークの話をしよう」の一部です。同特集では、AI、Facebook等が主導するOCP、モバイルエッジコンピューティング、DevOpsなどのイノベーションが、キャリアネットワークをどう変革していくかを徹底レポート。キャリアネットワーク関係者の方にとって、必読の内容になっています。

>> 詳細・購読申込はこちら

 

スペシャルトピックスPR

yamaha1706
sony1706
yamaha1704

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながる工場の
   ネットワーク入門

  <Part 1>一般オフィスとはココが違う!産業用イーサネットの世界
  <Part 2>工場IoT化の教科書 <Part 3>つながる工場の守り方

● シスコシステムズ 執行役員 A・マッティー氏「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」 ● ソニー、100km飛ぶ「独自LPWA」で世界狙う ● ビジネスチャットの「つぶやき」で働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
IIJグローバルソリューションズ

スペシャルトピックス

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
sbw2017_2
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます