ICT×未来

被災時にも活躍!ICT基地局になる自販機用ゴミ箱――Wi-Fi、ビーコン、AIカメラなど搭載

文◎唐島明子(編集部) 2016.09.01

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

9月1日の「防災の日」は、1923年9月1日に発生した関東大震災にちなんで制定された。それから93年――。テクノロジーの進化とともに、防災や被災時の対策にICTが活用されるシーンが増えている。


自動販売機の隣にある空き缶用のゴミ箱が、被災時にも役立つハイテクなICT基地局になる。

そんな頼もしいゴミ箱「CANBOX」を開発しているのは、福井県に本社を構える防災機器開発の高木商事だ。屋内用のCANBOXは2016年11月初旬に販売開始予定で、現在は試験運用を行っている最中だという。防水対策などを施した屋外用は、2017年夏以降にリリースされる予定となっている。


自動販売機の隣に設置されたCANBOXのイメージ図。サイズは高さ1.81m、幅0.54m、奥行き0.47m

CANBOXに搭載されているICT機器は?同社がCANBOXを開発したきかっけは、大手飲料ベンダーの担当者から「自販機にデジタルサイネージを付けられないか?」という問い合わせだった。その担当者は、ある展示会で高木商事が展示していたデジタルサイネージを見ていた。

自販機にデジタルサイネージは付けられるが、実現するには自販機メーカーとの話し合いが必要になる。それでは乗り越えるべき壁が大きくなることから、自販機の隣にあるゴミ箱にデジタルサイネージを付けることを考えた。

「防災に役立つものを開発したかった」と語るのは、高木商事防災ICT事業部の髙木利彦氏だ。同社は以前から、避難経路を表示するデジタルサイネージや安否情報共有システムなど、防災に特化したソリューションを提供している。そこでCANBOXも、ただ自販機にデジタルサイネージを付けるだけでなく、防災や被災時の対策にも使えるよう、様々なICTデバイスを追加搭載している。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

nissho201702
ゼンハイザー201612
ソナス201612

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTでつくろう! 新しいニッポン
     医療費、介護、少子化、自然災害、地方創生、
     インフラ老朽化、技能継承、シェアリングエコノミー

●[インタビュー]NEC 執行役員 兼 IoT戦略室長 望月康則氏
●[無線LAN最新動向]11ac Wave2の性能を引き出すコツ 
●[商品特集]大台突破目前のIP監視カメラ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobe170201
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます