調査データ

法人ケータイの満足度調査――大企業はKDDI、中小企業はドコモが1位に

文◎business network.jp編集部 2016.08.24

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

調査会社のJ.D. パワー アジア・パシフィックは2016年8月24日、「2016年日本法人向け携帯電話・PHSサービス顧客満足度調査」の結果を発表した。

同調査は、従業員50名以上の企業の各種電話サービスの管理・意思決定関与者を対象に行われ、2449社の大企業・中堅企業と、1869社の中小企業から回答を得ている。

これによると、大企業・中堅企業市場において、総合満足度が最も高かったのはKDDIだった。以下、第2位はNTTドコモ、第3位はソフトバンク、第4位はワイモバイルとなっている。一方、中小企業市場については、NTTドコモが第1位を獲得し、以下、KDDI、ソフトバンク、ワイモバイルの順だった。

2016年日本法人向け携帯電話・PHSサービス顧客満足度調査 

なお、同調査では「コスト」「営業対応」「電話機・サービス」「トラブル対応」の4つのファクターを設定して評価を聴取しているが、「内線ソリューション」や「メーラー、スケジューラー等の共有・連携・管理」、「ビジネス推進上のシステムとの連携」といった何らかのモバイルソリューションを利用している企業の満足度が高くなる傾向が見られたという。

また、コンシューマー市場でシェアが拡大しているMVNOについては、法人市場ではほとんど採用が進んでいないことも今回の調査で分かった。MVNO利用率は、大企業・中堅企業市場で0.3%、中堅企業市場で0.2%に留まっている。

法人市場では、携帯電話・PHS事業者の選定時に特にコストが重視されている。しかしその一方で、「通信品質・エリアがよい」、「信頼できる会社/有名な会社なので」、「営業担当者の提案がよかった」、「サポート体制が充実している」といった理由も併せて挙げられており、こうした点に関する不安感や弱さが、MVNOが法人市場で普及が進まない要因だとJ.D. パワーは推察している。

スペシャルトピックスPR

yamato1703
brocade1703
nw1703

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】AI・IoT・ARで《超》働き方改革
     <Part1> AI・チャットボットが社員の“相棒”
     <Part2> IoTで脱・ブラック職場
     <Part3> AR/VR/MRによる働き方改革のインパクト

●[インタビュー]ジュニパーネットワークス 社長 古屋知弘氏
●[ビジネス最前線]4つのLPWAでIoTの新市場を拓くKDDI
●[技術&トレンド]電話局を変革するCORDとは何か?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ウォッチガード

スペシャルトピックス

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobeiot10
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます