企業ネットワーク最前線

<特集>SDN&NFV導入後のリアル:データセンター編(1)

ヤフー、SDNの大規模導入で得た教訓とは?――次のステップはNFVの活用

文◎坪田弘樹(編集部) 2016.08.01

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

先行市場としてSDN導入がいち早く進んだデータセンター。ここでは、2013~14年頃から社内向けのプライベートクラウド基盤にSDN導入を進めたヤフーとインテルの“その後”をレポートする。

データセンターにおけるSDN運用規模の大小を測るには、そのネットワーク上で稼働する仮想マシン(VM)の数がわかりやすい指標となる。

2013年に、自社のサービス開発者が利用するプライベートクラウドにOpenStackを導入し、ブロケード コミュニケーションズ システムズの「Brocade VDXシリーズ・スイッチ」をはじめとするネットワークスイッチとNeutron(ネットワーク構成を行うOpenStackのモジュール)でネットワーク基盤を構築したヤフーはどうか。システム統括本部・サイトオペレーション本部・インフラ技術1部クラウドオペレーションリーダーの高木塁氏によれば「6~7万のVMが稼働しており、2000人を超えるOpenStack利用者が日々使っている」という。同社のSDNは国内最大級と言えるだろう。

 

 

ヤフー
(左から)ヤフー システム統括本部 サイトオペレーション本部 インフラ技術1部 クラウドイノベーションの立見祐介氏、TD 黒帯 OpenStackの伊藤拓矢氏、システム統括本部 サイトオペレーション本部 インフラ技術1部 クラウドオペレーションリーダーの高木塁氏、インフラ技術1部 クラウドイノベーションの森川浩明氏

「トンネリングは不都合多い」SDN導入後のネットワーク構成を整理すると、同社のOpenStack基盤では、Brocade VDXで構築した物理ネットワークと、VMに接続するソフトウェアのOpen vSwitchをOpenStackから制御し、サービスごとに仮想的にネットワークを用意している。OpenStackでは一般的に、既存のネットワーク設備を変更せず、トンネリングによって仮想ネットワークを構成することが多いが、ヤフーはこれを採用せず、Brocade VDXのイーサネット・ファブリック(複数台のスイッチをマルチパスで接続し、フラットなレイヤ2ネットワークを構成する機能)をOpenStackから直接制御する形態とした。VDXとNeutronを連携させるプラグインをブロケードと共同開発し、この構成を実現している。

 


図表 ヤフー OpenStack基盤のネットワーク構成イメージ
図表 ヤフー OpenStack基盤のネットワーク構成イメージ


理由は、ハードウェア性能をフルに発揮できるようにするためだ。Technical Directorを務める伊藤拓矢氏は「完全なソフトウェアベースであるトンネリングは、モビリティは高いが、パフォーマンスが劣化したり、レイヤが増えて複雑化するといった大規模環境での不都合が多い」と話す。前述のような構成にすることで、ソフトウェアで制御できる柔軟性を獲得しつつ、性能ロスのないネットワークを実現したのだ。

ヤフーは13年夏にOpenStack基盤の稼働を開始。社内のサービス開発・運用担当者からのリクエストに応じて迅速にネットワークを提供できるようになった。サイトオペレーション本部では従来、社内の要求に応えて手作業で行うネットワーク設定作業が大きな負荷となっていたが、これを解消。「事業のスピードを早めるという点で非常にメリットがあった」と伊藤氏は話す。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

unisys201702
nissho201702
ゼンハイザー201612

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】クラウド化する
   企業ネットワークの新作法。

●[インタビュー]坂村健 東大教授「オープンIoTで社会全体を効率化」 ●[第2特集]今すぐ使えるIoT向けLTE「カテゴリー1」 ●[商品特集]インターネット分離・無害化ソリューション ●[技術&トレンド]SD-WANで広がる映像系IoTの可能性/電池不要のIoT無線「EnOcean」

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobe170201
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます