調査データ

クラウド導入がWAN見直しの契機に――IDCの国内法人ネットワークサービス利用動向調査結果

文◎business network.jp編集部 2016.07.08

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

IDC Japanは、「2016年 国内マネージドICTおよびネットワークサービスの利用に関するユーザー調査」の結果を発表した。

これはネットワークサービス、データセンターサービス、マネージドサービス、モビリティ関連サービスなどに関連する企業の利用動向を調査するもの。今回の調査では、「ハイブリッドIT/クラウド化の進展」「クラウド時代のネットワーク」「モビリティ活用の広がり」「第3のプラットフォームとIoT」をテーマにしている。

この調査結果によれば、クラウド導入を契機にWAN見直しを行った企業は66.9%にのぼった。WAN見直しの目的としては、セキュリティ/ガバナンスの向上、トラフィック容量の拡大、ネットワークパフォーマンスの向上など。

パブリッククラウドと企業拠点の接続では、「インターネットを多く利用する」と答えた企業が60.3%となり、「閉域網を多く利用する」の18.0%と「拠点/サービスなどによって使い分ける」の18.0%を大幅に上回った。近年、ネットワークのセキュリティ品質を確保するなどの目的で、パブリッククラウドへの閉域網接続ソリューションが多く提供されているが、依然としてインターネットを主に利用する企業が多数派であることが明らかになった。

さらに、企業のIT管理者が、第3のプラットフォーム(「クラウド」「ビッグデータ/アナリティクス」「ソーシャル技術」「モビリティ」)で協業するベンダーに期待する能力は、「セキュリティ」「プラットフォーム」「インテグレーション」という結果になった。この背景には、システムが複雑かつ相互接続されるという認識があるとIDCは分析している。

Q. 貴社は、クラウドサービス導入に関連して、WANに何らかの見直しを行いましたか。

スペシャルトピックスPR

yamaha1709
uniadex1709
yamaha1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ET展

スペシャルトピックス

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ms
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます