新製品&新サービス

放射線やサリンなどの化学兵器を検出!――アライドテレシスがIPネットワークベースのテロ対策

文◎太田智晴(編集部) 2015.04.21

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

アライドテレシス EtherGRID部
部長 青木実氏

アライドテレシスは2015年4月21日、物理セキュリティ分野の統合監視ソリューション「Envigilant(エンビジラント)」を発表した。放射線検出センサーやバイオセンサーなどにより、テロの脅威を検知するもので、センサーからネットワーク、解析システムなどをトータル提供する。


「テロリストにとって、大規模な国際会議やスポーツ大会は格好の標的だ。2016年にG8サミット、2020年に東京オリンピック・パラリンピックが開催される日本は、間違いなくテロの標的と捉えられている」

アライドテレシス EtherGRID部 部長の青木実氏は、日本でもテロの危険性が高まっているとしたうえで、テロなどの脅威を検出・可視化する統合監視ソリューション「Envigilant(エンビジラント)」を紹介した。


Envigilantの概要
Envigilantの概要


Envigilantは、放射線検出センサーやバイオケミカルセンサーなどを活用し、人体に危険を及ぼす放射線レベルだったり、サリン、マスタードガス、VXガス、炭疽菌といった生物化学兵器などを検出・可視化することができるソリューションである。

アライドテレシスは、センサーからネットワーク機器、サーバー、ソフトウェアなどをパッケージ化してトータル提供する。


Envigilantの論理構成イメージ

Envigilantの論理構成イメージ。ネットワークはアライドテレシスのSDNソリューションである「AMF」、サーバー・ストレージは同社のIT統合プラットフォーム「EtherGRID」を採用する



放射線や有害化学物質を検出するための機器・システムはいろいろと存在しているが、Envigilantの特徴はまず、複雑な専用ハードウェアを必要としない、IPネットワークベースのソリューションである点だという。

「IPネットワークベースで動くため、比較的安価かつ短期間で提供できることがバリューと考えている」(青木氏)。Envigilantの最小構成価格は「概算で1000万円程度」とのことだ。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

checkpoint1610
watchguard1610
ソフトバンク1608

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ICT業界目線で読み解く
コネクテッドカー市場

●NTTセキュリティ 澤田社長「3年後には世界トップに」 ●電話網マイグレーションの行方 ●LTEベースの新コードレス電話「sXGP」 ●グーグル主導のIoT無線「Thread」 ●LTE/5Gでドローン向け「航空管制」

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン

スペシャルトピックス

充実したサポートで旧モデル「SSGシリーズ」からの移行を支援

クラウドベースのマネジメントとの組み合わせでSMBの課題解決

ウォッチガードなら、ネットワークセキュリティ可視化ツールを無料提供

ヤマトシステム開発なら、大規模導入もミスなく安価に実現できる。

グローバルNo.1の評価を受けるEMMに様々な付加価値!

「分離型EMM」のmoconaviなら、MDMの導入が困難なBYODの管理にも最適。多様なUC連携も実現できる。

従来ネットワークの機能・信頼性を継承するIP Infusionの「OcNOS」!

日本マイクロソフト越川氏と一橋大学の一條教授が徹底議論!

アクセスランキング

isobe53
compass
ライトウェイト言語
hadoop

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます