導入・選定ガイド

次世代ファイアウォールの選び方[中編]――さらなる“次世代化”が続々進展

文◎太田智晴(編集部) 2014.01.07

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

次世代ファイアウォールとは、元々の意味ではアプリケーションコントロール機能を搭載したセキュリティゲートウェイのことだが、最近これにとどまらない“次世代化”の動きが目立ってきている。中編では、次世代ファイアウォールの最新機能動向を紹介する。

次世代ファイアウォールが“次世代”を名乗るゆえんは、FacebookやDropbox、LINEなどのアプリケーションを識別・制御するアプリケーションコントロールの機能にある。従来型ファイアウォールがIPアドレスやポート番号というレイヤ3/4の情報をもとに通信を制御するのに対して、次世代ファイアウォールではレイヤ7レベルでの可視化と通信制御が可能だ。

だが、[前編]UTMとは何が違う? アプリ識別・制御の3つの使い方で触れた通り、今やアプリケーションコントロールは、大半のセキュリティゲートウェイが搭載する機能。アプリケーションコントロールだけでは、“次世代”という呼称がふさわしくなくなりつつあるのも事実だ。その一方で、サイバー攻撃の高度化・巧妙化は相変わらず続いており、これに対抗するためセキュリティゲートウェイ側も進化を止めるわけにはいかない。そこで進展しているのが、次世代ファイアウォールのさらなる“次世代化”だ。

未知のサイバー攻撃を防ぐ“次世代”機能が次々に

その代表的な動きが、ゼロデイ攻撃や標的型攻撃など、シグネチャベースのセキュリティ対策では防げないサイバー攻撃への対応強化だ。次世代ファイアウォールベンダーそれぞれのアプローチで取り組みが行われている。

例えば、パロアルトネットワークスやチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズの次世代ファイアウォールは、シグネチャのない未知のマルウェアを検知できるサンドボックス機能を提供している。未知のファイルを隔離された仮想環境であるサンドボックス上で実際に実行し、そのふるまいを検査することで、マルウェアかどうかを解析する。

チェック・ポイントの場合は「平均で60~70秒」(同社 システムエンジニアリング本部長 村田眞人氏)と解析に多くの時間やリソースが必要だったり、サンドボックス上ではマルウェアとして挙動しない巧妙なマルウェアも存在するなどの課題も指摘されているが、未知のマルウェアを防ぐ有効な対策として、サンドボックス機能は最近大きな注目を集めている。

サンドボックス機能「Threat Emulation」の概要
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズのサンドボックス機能「Threat Emulation」の概要(出所:チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ会見資料)



また、ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンでは、レピュテーション・セキュリティ機能を提供している。クラウド上のレピュテーション(評判)データベースを活用し、悪意あるURLや疑わしいURLへのアクセスを制御できる機能だ。シグネチャではなく、レピュテーションをもとにアクセスをブロックするため、ゼロデイ攻撃対策ともなる。ブルーコートシステムズなどが同様の機能を提供しているが、大半はポイントソリューション製品での提供。次世代ファイアウォールやUTMといった統合セキュリティ製品の1機能として実装しているのは、「メジャーな製品ではウォッチガードが唯一」と同社 システムエンジニア部 プリセールスエンジニアの猪股修氏は話す(関連コンテンツ)。

レピュテーション・セキュリティの概要
レピュテーション・セキュリティの概要(出所:ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン資料)

 

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

watchguard1711
logicool1709
yamaha1709

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます