導入・選定ガイド

次世代ファイアウォールの選び方[中編]――さらなる“次世代化”が続々進展

文◎太田智晴(編集部) 2014.01.07

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

次世代ファイアウォールとは、元々の意味ではアプリケーションコントロール機能を搭載したセキュリティゲートウェイのことだが、最近これにとどまらない“次世代化”の動きが目立ってきている。中編では、次世代ファイアウォールの最新機能動向を紹介する。

次世代ファイアウォールが“次世代”を名乗るゆえんは、FacebookやDropbox、LINEなどのアプリケーションを識別・制御するアプリケーションコントロールの機能にある。従来型ファイアウォールがIPアドレスやポート番号というレイヤ3/4の情報をもとに通信を制御するのに対して、次世代ファイアウォールではレイヤ7レベルでの可視化と通信制御が可能だ。

だが、[前編]UTMとは何が違う? アプリ識別・制御の3つの使い方で触れた通り、今やアプリケーションコントロールは、大半のセキュリティゲートウェイが搭載する機能。アプリケーションコントロールだけでは、“次世代”という呼称がふさわしくなくなりつつあるのも事実だ。その一方で、サイバー攻撃の高度化・巧妙化は相変わらず続いており、これに対抗するためセキュリティゲートウェイ側も進化を止めるわけにはいかない。そこで進展しているのが、次世代ファイアウォールのさらなる“次世代化”だ。

未知のサイバー攻撃を防ぐ“次世代”機能が次々に

その代表的な動きが、ゼロデイ攻撃や標的型攻撃など、シグネチャベースのセキュリティ対策では防げないサイバー攻撃への対応強化だ。次世代ファイアウォールベンダーそれぞれのアプローチで取り組みが行われている。

例えば、パロアルトネットワークスやチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズの次世代ファイアウォールは、シグネチャのない未知のマルウェアを検知できるサンドボックス機能を提供している。未知のファイルを隔離された仮想環境であるサンドボックス上で実際に実行し、そのふるまいを検査することで、マルウェアかどうかを解析する。

チェック・ポイントの場合は「平均で60~70秒」(同社 システムエンジニアリング本部長 村田眞人氏)と解析に多くの時間やリソースが必要だったり、サンドボックス上ではマルウェアとして挙動しない巧妙なマルウェアも存在するなどの課題も指摘されているが、未知のマルウェアを防ぐ有効な対策として、サンドボックス機能は最近大きな注目を集めている。

サンドボックス機能「Threat Emulation」の概要
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズのサンドボックス機能「Threat Emulation」の概要(出所:チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ会見資料)



また、ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンでは、レピュテーション・セキュリティ機能を提供している。クラウド上のレピュテーション(評判)データベースを活用し、悪意あるURLや疑わしいURLへのアクセスを制御できる機能だ。シグネチャではなく、レピュテーションをもとにアクセスをブロックするため、ゼロデイ攻撃対策ともなる。ブルーコートシステムズなどが同様の機能を提供しているが、大半はポイントソリューション製品での提供。次世代ファイアウォールやUTMといった統合セキュリティ製品の1機能として実装しているのは、「メジャーな製品ではウォッチガードが唯一」と同社 システムエンジニア部 プリセールスエンジニアの猪股修氏は話す(関連コンテンツ)。

レピュテーション・セキュリティの概要
レピュテーション・セキュリティの概要(出所:ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン資料)

 

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

nec1707
emc
yamato1708

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティングの全貌
<Part 1>いま大注目のエッジとは? <Part 2>工場で始まったエッジ革命
<Part 3>シスコ事例にみる使い方と実装方法
<Part 4>ドコモが考えるエッジコンピューティング

● [インタビュー]大阪大学教授 三瓶政一氏「5Gは4Gまでとは根本的に違う」 ●基礎から学ぶ「CASB」 ●ビデオ会議で注目の「ハドルルーム」 ● Bluetooth meshで大規模IoT ●NTTコム、eSIM実験の狙い ●自律走行型ロボットで働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
IIJグローバルソリューションズ

スペシャルトピックス

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ms
iot15
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます