企業ネットワーク最前線

なぜ「Asterisk」に再び脚光?――「日本」対応で普及加速するオープンソースIP-PBXソフト

文◎藤田 健(編集部) 2011.08.01

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

Asteriskとの接続をサポートする
ナカヨ通信機のSIP電話機

オープンソースのIP-PBX「Asterisk」に再び注目が集まっている。対応するIP電話サービスの登場や、使い勝手の向上が図られるなどしたためだ。なかでもCTIでのコストメリットは顕著だ。


国内で「Asterisk」(アスタリスク)が再注目されている。Asteriskは、米Digium社が開発したオープンソースのソフトウェアIP-PBX。従来高価なPBXでしかできなかった企業向けの構内電話交換機能を、安価な汎用PCサーバーで実現できる。2004年9月に正式版がリリースされた。

当初は大きな話題となり、AsteriskベースのSIPサーバーを開発するメーカーも続々と登場。企業向け電話市場に変革をもたらすと期待する向きもあったが既存のPBX/ビジネスホンの使い勝手の良さなどを重視するユーザーが多かったことなどから、次第に勢いを失っていった。2008年の暮れには、市の職員が独学でAsteriskベースの内線網を格安で構築した秋田県大館市のケースが話題になったが、普及を後押しするまでのインパクトはなかった。

では、なぜ今、再びAsteriskが脚光を浴びているというのか。その理由を解説する前に、まずはAsteriskの基本を整理しておこう。

Asteriskのメリット・デメリット

Asteriskの最大の特徴は、オープンソースのため、メーカーのPBX/ビジネスホンよりも安価でシステム構築できる点だ。また、オープンソースゆえにカスタマイズも容易であり、IVRやCRM、CTI等との連携などを低コストで独自に作り込むことができる。

その反面、デメリットも多い。以下に主な点を挙げる。

(1)数百あるPBXの機能のすべてを利用できるわけではない

(2)電話機操作等の使い勝手が悪い
例えば、パーク保留を利用する際にラインキーのランプ表示に対応していないなど、これまで日本の企業が慣れ親しんだ使い勝手の良さを犠牲にしなければならない。

(3)メーカーサポートがない
ユーザー自らがAsteriskを導入する場合には、当然ながらメーカーサポートがない。また、Asteriskを採用したメーカー品を使うケースなどでも、通常のハードウェアPBXほど手厚いサポートを受けられない可能性がある。

(4)日本では通信キャリアが未対応
通信キャリアの電話サービスを利用するには、ゲートウェイ(GW)が必要となる。GWは高価なため、いくらAsteriskでPBX部分は安価にできても、トータルコストは大きく下がらないケースがあった。

 

フュージョンの正式対応で高価なGWが不要に

最近Asteriskに普及の兆しが見えてきたのは、これらのデメリットが少しずつ改善されてきたからに他ならない。

キャリアの対応については、2010年4月21日にフュージョン・コミュニケーションズが、日本のキャリアでは初めてAsteriskに正式対応。AsteriskベースのIP-PBXでも同社のIP電話サービス「FUSION IP-Phone」を利用できるようにした。これにより、外線にFUSION IP-Phoneを利用した場合は、GWの導入費用が不要となった。

フュージョンの対応を受けて、AsteriskベースのIP-PBXも増えてきている。シーボーンの「Re-Vox」(リボックス)は、手のひらサイズの超小型IP-PBX。複雑なPBXの設定をネットワーク経由で約2時間で行える点を特徴としている。iSERVEの「Arnex mini100F」は弁当箱サイズの小型PBXで、業界最安水準の3万4800円がセールスポイントだ。単体販売だけでなく、FUSION IP-Phoneとブラザー工業の多機能ルーターを組み合わせたSMB向けIP電話ソリューションも提案している。

このほか、以前からAsteriskベースの「trixboxPro」を扱うコミュニケーションビジネスアヴェニューもFUSION IP-Phoneとの連携を実現した。trixboxProは米Fonality社が開発した製品で、同社が国内総代理店契約を締結。世界97カ国、6000社以上で導入されているという。

スペシャルトピックスPR

yamato1703
brocade1703
nw1703

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】実験で分かった! LPWAのホントの実力
     日本を覆い始めたLPWA網/LPWAの電波はどれくらい飛ぶ?
     独自LoRaなら40km先まで/コストの実際のところは?
     1基地局あたりの接続デバイス数は?/「耐移動性」はある?

●富士通 執行役員 妹尾雅之氏「光伝送も基地局もオープン化時代」
●280MHzポケベル帯で事業化狙う広域無線「FlexNet」
●UC最新動向 ●深刻化するDDoS攻撃対策

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
ngn2016
isobe170420
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます