ホワイトペーパーダウンロード

サイボウズスタートアップス株式会社

一斉送信だけじゃない!緊急時に対策指示まで行える、サイボウズスタートアップスの安否確認サービス

どの安否確認システムも同じではありません。パニック時だからこそ誰でも簡単に使える直感的なユーザーインターフェースで、緊急対策の議論や指示までできるのは、サイボウズスタートアップスの次世代型安否確認システムだけ!安否確認サービスは、随時無料トライアルを受け付けています。

一斉に送信し、「現状を報告させること」、「報告状況を集計すること」に加え、「対策を議論し、指示すること」の3つの目的で使える次世代型の安否確認システムです。安心してご利用いただけるための機能を多数実装しております。

例えば、地震や津波などの災害時に連動する自動一斉送信機能や、携帯電話やスマートフォン等、端末を限定しないマルチデバイスへの対応、更にはプライベート情報の管理等、管理者も利用者も安心してご利用いただけます。また、家族の安否確認も可能です。

日本国内での大災害に備え、安否確認サービスのメインシステムはシンガポールに設置しています。サーバーを国際分散し、いかなる災害時にも利用いただけるようにサービスを提供しています。災害時には自動的にサーバーを拡張し、爆発的にに増加する集中アクセスにも対応します。2011年12月にリリースして以降バージョンアップを繰り返し、現在はバージョン7にもなっています。

スペシャルトピックスPR

nttsoft201701
recomot201701
ゼンハイザー201701
  • カテゴリ
  • 企業ナビ

スペシャルトピックス

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます