導入・選定ガイド

ビデオ会議の最新動向2017(前編)――「ハドルルーム」に大注目

文◎村上麻里子(編集部) 2017.10.17

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ビデオコミュニケーション市場は、大規模会議室向けの普及は一段落し、小規模向けが中心となっている。グローバルで数千万室の潜在需要があるだけに、市場の拡大が続きそうだ。

広視野角で狭い部屋をカバー今、ビデオコミュニケーション市場で注目を集めているのが、「ハドルルーム」向け製品だ。

ハドルルームとは一般的には聞き慣れない言葉かもしれない。英語の「huddle room」がそのまま日本語として使われるようになったものだ。huddleには「詰め込む」といった意味があり、狭いスペースに数人程度のメンバーが集まって行う小規模な会議を意味する。

ハドルルーム向けのビデオ会議室に関しては、グローバルで3000万~5000万室もの潜在需要が残されているとの調査もあり、今後の拡大が大いに期待される分野だ。そのため国内でもロジクールが7月にビデオ会議システム「MeetUp(ミートアップ)」の提供を開始したのに続き、ヤマハが10月にビデオサウンドコラボレーションシステム「CS-700」の発売を予定するなど、各社から新製品が相次いで登場している。

これらの製品に共通するのが、①広視野角に対応したカメラ、②ノイズを排除したクリアな音声、③HDMIケーブルと電源ケーブルでつなげるシンプルな構成、④一体型で簡単に設置できるなど、小規模なスペースでの会議をスムーズに行うのに必要な機能を備えることだ。

このうちカメラについては、一般的なビデオ会議システムは奥行きのある広い部屋での利用を想定しているため、画角は90°に設定されている。ところが狭い部屋だとカメラと人の距離が近くなり、90°ではすべての参加者を映し出すことができない。そこでMeetUpやCS-700には120°の視野角に対応したカメラが搭載されている(MeetUpはパン/チルト機能を使えば175°まで拡大可能)。120°であれば、4m×4mほどの狭い部屋でもカメラから至近距離の席や部屋の隅にいる人をカバーすることが可能だ。

小規模会議室や奥行きのない部屋では席が画面に近く、視野角が90°のカメラではカバーしきれないが、120°なら全員を表示できる
小規模会議室や奥行きのない部屋では席が画面に近く、
視野角が90°のカメラではカバーしきれないが、120°なら全員を表示できる



次に音質についてだが、狭い室内にノートPCや紙の資料を机上に広げているとスピーカーが遮られ、相手の声がどこから聞こえるのかがわからなかったり、聞き取りづらくなってしまう。CS-700には「適応型エコーキャンセラー」「ノイズリダクション」「マイク自動追尾」「オートゲインコントロール」などヤマハ独自の音声処理技術が搭載されており、キーボードを叩く音や紙をめくる音などのノイズを収音しない一方、話者の声だけを判別して届けることができる。

さらに、いずれの製品も20万円以下と手頃な価格に設定されているので、予算の限られている中小企業や、大企業の支店・事業所など拠点での導入に適している。

ヤマハのビデオサウンドコラボレーションシステム「CS-700」は、120°の広視野角カメラや独自の音声処理技術により、スムーズな遠隔会議が行える
ヤマハのビデオサウンドコラボレーションシステム「CS-700」は、
120°の広視野角カメラや独自の音声処理技術により、スムーズな遠隔会議が行える

スペシャルトピックスPR

bmtech1806
iijglobal1806
ms1804

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoT FUTURE CITY
 [IoTは暮らしをどう変えるか]“おらが街”もデジタル化
 [柏の葉スマートシティ]IoT事業創造の一大拠点に
 [Fujisawa サスティナブル・スマートタウン]持続的に成長する街を
 [Fukuoka City LoRaWAN]IoTで変化を生み出す街


◆[インタビュー] NEC 河村厚男常務「キャリア事業を構造改革」 ◆「日中間通信」の課題と攻略法 ◆ソフトバンクが日本初のNB-IoT ◆モバイル市場の公正競争の今後 ◆急成長するシスコの“サービス”事業

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

CASO新技術のホワイトボックス
M2Mルーターは「切れない接続」

Foxconnグループでホワイトボックスを展開するCASO。

東京エレクトロンデバイスグローバル企業のSaaS活用を後押し
マルチクラウド化の準備はCASBで

マルチクラウドを一元的に管理したい。そんな望みを叶えられる。

拠点・モバイルをつなぐだけ!
クラウドの安全はシンプルに守る

クラウド利用の拡大とともに複雑化するセキュリティ課題を解決!

NetskopeCASBでクラウドはどこまで操れるか
既存のセキュリティとどう違う?
 

Netskopeを例にCASBの機能と使い方、メリットを整理した。

ソフトバンクソフトバンクがSMB向けの
ソリューションパートナー募集!

働き方改革を中心に新たなソリューション開発を支援する。

日本マイクロソフトSkype for Businessを
快適に使いこなすコツとは?

UCの導入効果を最大化するためには備えが必要だ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション20180226
iot
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます