企業ネットワーク最前線

日本最大級のマンション専業ISPが実践! クラウド&モバイルを「セキュア」に活用する方法

文◎太田智晴(編集部) 2016.01.20

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

「万が一、情報漏えいがあれば、会社の経営に関わる問題になる」。情報セキュリティを非常に重視しているファミリーネット・ジャパンだが、その一方でGoogle AppsやiPhoneなどのICTツールを積極活用している。同社はどのようにクラウドやモバイルのセキュリティを担保しているのだろうか。

Google Appsの“試験運用”が長く続いたワケ「自社で構築したメールサーバーを長年使っていましたが、そろそろ老朽化したことから、リプレースを検討し始めました。前回メールサーバーを構築したときと比べると社員数も増加し、自社での構築・運用はもう厳しい。そこで、いくつかのASP型のメールシステムを比較検討した中からGoogle Appsを選び、試験運用を始めたのは2013年の夏頃のことでした」

ビジネスソリューション部 開発運営センター長の中田明治氏は、Google Apps導入の経緯をこう振り返る。

こうしてGoogle Appsの試験運用を開始した同社。しかし実はその後、試験運用の期間が長らく続くことになる。セキュリティ面での課題をクリアできず、なかなか本番導入に踏み切れなかったからだ。

同社のセキュリティポリシーでは、会社が支給したデバイス以外から、会社のメールにアクセスすることは認めていない。「ウィルスに感染した自宅の私物パソコンから会社メールを利用したため、情報漏えいにつながった」などのリスクを防ぐためのポリシーだ。

ところが、Google Appsには、自宅の私用パソコンなどからのアクセスを制限する仕組みが、標準では用意されていなかった。このため、同社のセキュリティポリシーをクリアすることができず、Google Appsは試験導入のまま、従来のメールシステムを使い続けることになったのである。

 

ファミリーネット・ジャパン
マンション向けのインターネット接続サービスやHEMSサービス、監視カメラサービスなどを提供するファミリーネット・ジャパン。写真は、共用施設の予約状況や居住者向けの情報などが閲覧できるデジタルサイネージ端末

 

この足踏み状態に転機をもたらしたのは、KDDIからの提案だった。KDDIが提供する「Google Apps for Work」なら、同社のセキュリティポリシーを満たせることが分かったのだ。

KDDIは、Google Apps向けに様々なアドオンサービスを用意しているが、その1つに「KDDI サテライトオフィス シングルサインオン」がある。これを利用すると、シングルサインオンに加えて、IPアドレス制限やデバイス制限も行うことが可能だ。そこで、ファミリーネット・ジャパンは、KDDIの提供するGoogle Appsへの切り替えを決定。これにより、セキュリティ問題を乗り越えた。

具体的には、社外で使う持ち出し用パソコンやスマートデバイスに関しては、電子証明書によるデバイス認証を実施。さらにアクセス可能なネットワークにも制限をかけ、自宅の私物パソコンや公衆無線LANなどからはGoogle Appsを使えないようにすることでセキュリティを担保した。

スペシャルトピックスPR

skyley1708
ibm1708
logicool1709

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ET展

スペシャルトピックス

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ms
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます