企業ネットワーク最前線

ワークスタイル変革Day 2015 講演レポート

HP/アルバ下野氏「無線LANを4つの方向で強化、モビリティファーストを実現する」

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2015.11.30

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

HP/アルバネットワークスの下野慶太氏は、ワークスタイル変革Day 2015の講演で、様々なICTツールを場所に制約されずに利用できるネットワーク環境「モビリティファースト」がワークスタイル変革の基盤になると訴えた。

11ac Wave2の目玉はマルチユーザーMIMOまず、1番目の高い安定性とパフォーマンスの実現に大きく寄与する技術として取り上げられたのが、今年から製品が投入されている最新の無線LAN規格IEEE802.11ac Wave2だ。11acは第5世代の無線LAN技術で、規格上の最大通信速度は前世代の802.11nの10倍超、6.93Gbpsに及ぶ。無線LANもいよいよギガビットの時代を迎えるのだ。

下野氏が最大通信速度の向上以上に、11acで注目すべきポイントとしてあげたのが、Wave2でサポートされたMU-MIMO(マルチユーザーMIMO)だ。

現在のMIMOは送信、受信側の双方にn個のアンテナを実装することでn倍の通信速度を実現する。これに対してマルチユーザーMIMOは、送信側のn本のアンテナを利用して、1本しかアンテナを持たない最大n個の受信側の端末に同時にデータを送る。最大通信速度は向上しないが、混雑時でも通信速度が下がりにくく、安定した通信品質が実現できるのだ。アルバでは2015年秋発売のアクセスポイント「AP320シリーズ」で11ac Wave2に対応する。

 

802.11acの登場で無線LANの通信速度はGbpsの大台に乗る
802.11acの登場で無線LANの通信速度はGbpsの大台に乗る



もう1つ、モビリティファーストで高い安定性・パフォーマンスを実現する上で重要になるのが、ビデオやVDI、ユニファイドコミュニケーション(UC)などの多様なアプリケーションをそれぞれ快適に利用できるようにすることだ。

アルバではこれを可能にするツールとして、モビリティコントローラでアプリケーションを識別・可視化するソフトウェア製品「AppRF」を提供している。AppRFを導入することで、業務上不要なアプリケーションを利用している通信を止めたり帯域を絞ったりすることができる。

位置情報の活用し無線LANを高付加価値化2番目のセキュリティ対策の実現手段として取り上げられたのが、統合認証基盤の「Clear Pass」だ。BYODやIoTが進展し、様々なデバイスがネットワークに接続されるようになるとセキュリティリスクは格段に高くなる。

Clear Passはこうした状況に対処できるようにするもので、ネットワークに接続しようとする全てのIPデバイスに対し、多様なコンテキスト情報(例えば、誰が、どういう端末で、OSは何を使ってなど)を用いて認証を行い、アクセス制御などを集中管理する。

 

統合認証基盤「Clear Pass」はIPデバイスの多彩なコンテキスト情報を用いて認証を行う
統合認証基盤「Clear Pass」はIPデバイスの多彩なコンテキスト情報を用いて認証を行う


Clear Passでは、他のベンダーのファイヤーウォール製品やMDM製品などに認証情報を受け渡し、これらの製品の機能と組み合わせた「多層防御」が実現できることも大きな特徴となっている。

下野氏は、セキュリティ対策の有効な手法としてもう1つ、アルバのモビリティコントローラによるアクセス制御機能を説明。SSIDとVLANと組み合わせてアクセス制限を実現する手法に比べて、シンプルで効率的なセキュリティ対策が実現できるとした。

3番目のネットワーク監視では、アルバの統合管理製品「AirWave」が紹介された。複数の拠点で構成された有線および無線のマルチベンダーネットワークを一元管理できる製品で、モバイルデバイスとアプリケーションの状態を可視化する機能を持っている。

最後のネットワークの高付加価値化の手段として取り上げられたのが、位置情報ソリューションの「Mobile Engagement」だ。これは無線LANやBluetooth Beaconで取得した利用者のスマホの位置情報と個人プロファイルを活用して、ニーズに応じた広告や通知、施設内ナビゲーションなどを提供できるようにするものだ。これにより、無線LAN設備の収益化が実現できる可能性があるという。

下野氏は「Meridian」という開発プラットフォームも紹介。「使えばネットワーク技術者も位置情報を使ったアプリを簡単に作れる。社内情報の配信などワークスタイル変革のツールとしても活用できるのではないか」とアピールした。

スペシャルトピックスPR

yamaha1711
necpf1711
nec1711

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながるクルマが「移動」を変える
     モビリティIoT革命


◆[インタビュー]シスコ鈴木専務「IoTの幻滅期をいち早く経験したシスコは他社の1年先を行く」 ◆920MHz帯“大混雑時代”の対応策に ◆LPWAで地域活性化に挑む藤枝市 ◆handyがホテルの客室電話を変える ◆ネットワークセキュリティの新常識 ◆IoTルーター/ゲートウェイの最新トレンド

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
日本IBM

スペシャルトピックス

サクサ中小企業も容易にセキュリティ対策

サクサのUTM「SS5000」は、コンパクトながら充実機能。外部だけでなく内部の脅威にも対応できる。

Office 365ADCでOffice 365通信の課題解決!

Office 365通信の課題であるプロキシ/FWの負荷増大と運用の複雑化を一気に解決するのがADCだ。

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンネットワークとPCを同時に守る!

ウォッチガードはNW防御にエンドポイントでのセンサー技術を組み合わせ、包括的で効果的な対策を実現!

サイバーリーズンAIで攻撃の兆候をリアルタイム検知
既知だけでなく未知の脅威も防御

AIを活用した独自分析技術で、悪意ある振る舞いを検知するEDR製品。

パロアルトネットワークスGTP-C/GTP-Uのセキュリティ強化
次世代FWをモバイル網に適用

携帯電話事業者のネットワークは次世代ファイアウォールが守る。

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

「マルチキャリアで冗長化したい」「シリアルI/Fなど既存環境に手を加えたくない」といった声に応える。

アットマークテクノ柔軟な拡張性・出荷実績30万台の
安心感の日本製IoTゲートウェイ

ASEAN中心に認証を取得で、IoTシステムの海外展開にも便利だ。

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション201712
wj2018
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2017 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます