企業ネットワーク最前線

ワークスタイル変革Day 企業モバイル活用フォーラム2013レポート

シトリックス竹内氏「企業がいま目指すべきは“ビジネス全体”のモバイル化だ」

文◎太田智晴(編集部) 2013.10.22

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

「ビジネスをモバイル化するということは、“変化”への柔軟な対応を実現することに他ならない」――。ビジネス環境が急速に変化するなか、企業は業務全体をどのようにモバイル化していけばいいのか。そのカギを握る仮想デスクトップやMAMなどについてシトリックスの竹内裕治氏は語った。

レガシーなWindowsアプリをスマートデバイス向けに最適化

画面転送によるデスクトップ環境をモバイルで利用するにあたっては、いくつかの課題も指摘されている。1つは反応速度などのパフォーマンス面だ。ネットワークにかかる負荷をいかに減らすかがポイントになる。

この点について竹内氏は、「レンダリング処理をクライアントのリソースも使って実行する」などの工夫をしていることを紹介。さらに、最新版のXenDesktop 7では、H.264ベースの圧縮技術の採用により、「フレーム転送を倍増させながらも、負荷は半減させるといった非常に大きな進歩を遂げた」という。これにより「3D CADのような非常に負荷の高いアプリケーションも利用できる準備が整った」。

もう1つの課題は操作性である。XenDesktopは、Windows PCのみならず、Mac、Linux、そしてiOSやAndroidといったスマートデバイスでも利用できるマルチデバイス対応が特徴だ。しかし、タッチ操作のスマートフォンやタブレットでは、物理キーボードとマウスを前提にしたWindowsのデスクトップ環境に使いにくさがあるのも確かである。

シトリックスでは、Windowsアプリケーションのインターフェースを、簡単にスマートデバイス向けにできる「Mobile SDK for Windows Apps」を用意することで解決している。竹内氏はこのSDKを利用した電子カルテなどのサンプルのデモを行ったうえで、「レガシーなWindowsアプリケーションに対して、新たな付加価値を最適なコストで追加できる」と説明した。


Citrix XenDesktop 7 Citrix XenDesktop 7
Mobile SDK for Windows Appsを利用した電子カルテアプリ。Windowsアプリがタブレットに最適化されたUIに変身している

全方位でモバイルワークスタイルの実現をサポート

モバイルワークスタイルを支えるキーデバイスであるスマートフォンやタブレットの業務活用にあたっては、Windowsアプリケーションへの対応だけでは当然十分ではない。iOS/AndroidのネイティブアプリケーションやSaaSを含むWebアプリケーション、そしてデータそのものを安全に利用するための仕組みや、BYODへの対応なども必要だ。

これらに対してもシトリックスは「答えを持っている」という。

同社の「XenMobile」では、業務アプリケーションを「コンテナ」内に暗号化して隔離し、プライベートなアプリケーション/データとの連携を遮断することができる。これにより、企業のIT部門は、業務アプリケーションそのものに対してセキュリティポリシーを適用できるようになる。


XenMobileの概要
XenMobileの概要


スマートデバイスの管理というと、MDMがまず思い浮かぶ人が多いだろう。だが、MDMはモバイルデバイス管理という名前の通り、これはデバイスを管理するためのソリューションである。しかし、BYODにおいて、プライベートなアプリケーション/データも入ったデバイスそのものを管理対象とすることは難しい。

そこで注目を集めているのが、XenMobileのように業務アプリケーションを管理するためのソリューションだ。MAM(モバイルアプリケーション管理)といわれている。なお、XenMobileはMDMの機能も備えている。

XenMobileでは、メールやブラウザなどのアプリケーションを標準で用意しているほか、WindowsおよびWebアプリケーションも一元管理可能。また、デバイス単位ではなく、アプリケーションのセッション単位でVPNを張る「マイクロVPN」などにも対応する。

さらに、「ShareFile」というスマートデバイスに対応したクラウドベースのファイル共有サービスも提供している。これにより、セキュアに業務用のデータを共有することが可能だ。もちろんXenMobileともシームレスに連携する。


シトリックスのモバイルアプリケーションファミリ
シトリックスのモバイルアプリケーションファミリ


「ビジネスをモバイル化するために必要なものは、すべてシトリックスに揃っている。我々は、全方位でモバイルワークスタイルの実現をお手伝いできる」と竹内氏は力強く語った。

スペシャルトピックスPR

yamaha1709
uniadex1709
yamaha1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】セルラーLPWAでGO!
●LTE-MとNB-IoTの違い/●世界のセルラーLPWA商用展開マップ/●注目セルラーLPWA事例 ほか

◆[インタビュー]NTTドコモ 執行役員 大野友義氏「対話型AIであらゆる生活を革新」 ◆LTEコードレス「sXGP」- 自営PHSから自営LTEへ ◆OTTも参戦!海底ケーブル市場の今 ◆ネットワーク監視ツール ◆働き方改革で拡大する法人スマデバ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
emc
iot15
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます